阪急杯

ども、もう3日も経つのにフェブラリーSでのシルクフォーチュンの3~4コーナーでのマクリが忘れられないふぉんてんです。
思わず「エダテル!」と心のなかで叫んだ人は日本中に100人はいたと思います。
そういえば根岸Sでのシルクフォーチュンの追い込みだってブロードアピール並みに評価されてしかるべきかと。。。

今週の西のメインは阪急杯。高松宮記念を目指す馬たちが阪神の芝1400mに集結すべく登録馬はなんと33頭!中山記念より20頭も多いwフルゲート18頭ですから15頭除外ですね。

で、例によってどの馬が出られるかをチェックするのが面倒なので阪急杯の傾向だけチェックして出走馬確定を待ちますw

1着馬には高松宮記念の優先出走権が与えられるトライアルとしての位置づけにある阪急杯ですが中京の芝1200mと阪神の芝1400mでは求められる適正がけっこう違うような気がするんですけどね。
ですが昨年の勝ち馬コパノリチャードはここを勝って勢いそのままに高松宮記念も勝ってしまいましたし、一昨年の勝ち馬もロードカナロア。
ここを勝てる馬はそのまま高松宮記念も勝てる力を秘めている可能性大、かもしれません。

阪神コース

コースは2コーナーの引き込み線部分からのスタート。最初のコーナーまで450mほどの緩やかな下り。枠順による有利不利は比較的少ないと考えて良いが先行争いは激しくなりやすいコース形態。有力馬に先行タイプが多いか、差し追い込みタイプが多いかでペースはガラッと変わると考えて良さそう。
ただし内回りコースであること、また阪急杯は2ヶ月ぶりの開幕週であることを考えると基本的には内の好位で脚を溜められるタイプに展開は向きそうではあります。

3コーナーから4コーナーにかけて下りがキツくなるためペースは落ちにくく、また直線には急坂があるので外を回して捲るには相当展開に恵まれる必要があり、差しタイプならば内でじっくり脚を溜めて持続して脚を伸ばせるタイプじゃないと勝ち切るのは難しそう。

ということはやはり先行して持続して脚を伸ばせる馬を探せ!ってことですね。

昨年このレースと高松宮記念を連勝したコパノリチャードが順調であればやはり最有力ということになるでしょうか。ミッキーアイルとどちらがよりレースをしやすい枠に入るのかというところがポイントかもしれません。

[阪急杯] ブログ村キーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA