2015年第1回開催最終週の振り返り

ども、先週日曜日の中舘騎手の引退式にちょっと心動かされたふぉんてんです。
まさに個性派ジョッキーでしたね。
ツインターボのオールカマーやヒシアマゾンのクリスタルカップは本当に印象深いレースでした。

クリスタルカップ

中舘騎手 引退式

予想する側にとっては中舘騎手がいると展開も想定しやすくとてもありがたい存在でもありました。

アンカツが引退の時にも感じたけど、中舘騎手の引退でこれほど心動かされるとなると武豊騎手の引退の時には号泣してしまいそうな予感・・・(笑)

それはさておき簡単に先週の重賞の振り返りを。

まずは土曜日の京都牝馬ステークス。

逃げる馬が見当たらずペースが速くなるイメージはない、と言っておきながら先行馬たちを軽視した結果の大ハズレでした。┐(´д`)┌ヤレヤレ

道中のラップは
12.4 – 11.3 – 11.7 – 12.4 – 11.9 – 11.7 – 11.0 – 11.5

1000m通過が60秒ジャスト。牝馬限定戦とはいえこのクラスのマイル戦としてはやはり速いペースではなかったと思います。
外目の枠から思い切り良く先手を主張してハナを取り切ったのは内田騎手のファインプレイ。
ただ他の2~5番手で先行した各馬は8着以下に沈んでいることを考えると一団で進んだ先行集団は能力差もあるでしょうがストレスの大きなレースだったのかもしれません。

勝ったケイアイエレガント以外で掲示板に乗ったのは上がり33秒台のキレを使えた馬たち。
平均程度のペースで一団で進みキレ勝負の展開、という読みは当たっていたと思うのですがその展開で上位に来ると考えた馬が全然違っているのは能力や特徴を全く把握できてなかったということですね。

そんなレースで馬券買っちゃダメでしょという結果でした(笑)はい、反省。

続いて東海ステークス。

これは、、、といういうかこれも各馬の能力を全然分かってなかったという感じですね(笑)
コパノリッキー、こんなに強いと思ってませんでした。コパさん、ごめんなさい。
もう展開とかそういうの関係なく、各馬がこの日の力を出し切ったレースに思えました。
結果あの着差ですし、もうこのメンバーではコパノリッキーの力が抜けていたと。
本命にとったランウェイワルツは現段階ではまだ力が足りていませんでしたね。
これももう少し素直に馬券を考えるべきでした。

そしてAJCC。

ゴールドシップを当然の本命としてヒモ荒れに期待したのですが。

調子は良さそうでしたよね。
コースも向いているはず。なのにあの結果。
明らかに岩田騎手の騎乗ミス、というか岩田騎手はゴールドシップの特徴を全く理解していなかったのかなと思う騎乗でしたね。
そして中山の外回り2200mというコースもよくわかっていなかったのかもしれないと感じました。そんなに中山での騎乗経験が少ないはずもないと思うのですが。。。

あのスローペース、外回りの2コーナー奥から直線まで下り坂になっているコースの特徴、そしてゴールドシップの切れないけど長くどこまでも伸びると思わせる脚質を考えると明らかに仕掛けが遅すぎだったと思います。
単勝1.3倍の断然人気馬に乗る騎乗としてはお粗末すぎ。

馬を追う腕は確かですしカンも鋭い騎手だと思うので馬券を考えるときには重視せざるを得ない人ですが、思った通りクレバーな騎手ではないなとつくづく思わせるレースぶりでした。

対して勝ったクリールカイザー。
田辺騎手の好騎乗が光りました。
先手を取りながら向こう正面ではハナを取りに行ったラインブラッドと無理に争うこともなくマイペースをキープ。
4コーナーでは再び先頭に立つとその後は積極的にスパートを仕掛け後続を封じる競馬。
今回は一番上手く乗ったと思います。

何より東海ステークスのコパノリッキーから降ろされた同日に他場で重賞勝ちとか騎手としての意地を見せる騎乗だったな、と。

ま、本人はそんなことは考えてないんでしょうが(笑)

馬券的には散々な週末でしたが、いろいろと気づくことも多い第1回開催の最終週でした。
この辺をしっかりと自分のものにして次の東京開催、第2回京都開催に繋げたいところですね。

・・・ところで蛯名騎手、今週末も騎乗するみたいな記事も見かけるのですがしっかり休んで治すことも大事じゃないのかなあと心配してます。
今年もクラシックで期待できるお手馬もいるし応援している騎手の一人なので後々に悪い影響のないことを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA