予想 京都牝馬ステークス

おはようございます。
朝の家事を終えて競馬モードに入ったふぉんてんです。ああ、充実の休日。

さて今日の重賞は京都牝馬ステークス。

京都の芝コースはどんな状態でしたっけ?発表では既に良と発表されてますが差しは届くのかな?
先週の中山は外差し馬場になってきていた感じですが京都はよく見てませんでした(汗)
あとでしっかり馬場を確認したいと思いますが。。。

出走馬を見るとあまり逃げるようなタイプが見当たらず先行しそうなのも内からマコトブリジャール、ベルルミエール、ケイアイエレガントくらいでそれほど速いペースになるようなイメージはありません。
有力どころは中団に構えて差し比べといった感じでそれほど隊列が長くなることも無さそうな感じです。

ですがこういう時は思ったほどスローにはならず平均的に脚を使わされるペースになる雰囲気かと。

ここ数年は4歳馬の活躍が目立つレースですし休み明けですが4歳のダンスアミーガを軸に考えたいと思います。
昇級初戦の前走はスローで流れた短い隊列の瞬発力勝負で中団のままなだれ込んだというレース。
阪神の直線の坂では伸びあぐねましたが坂が終わってからの伸び脚には光るものがあったと思います。
直線平坦な京都コースならその脚質が活かせるのではないでしょうか。

相手にはこちらも休み明けのアロマティコに期待。終いは確実に脚を使えますし京都では1.1.3.2の成績。1600mの距離は1ハロン短い印象もありますがここまで人気を落としているなら狙ってみたいところです。

以下、目下の充実ぶりは目を引くウリウリ、安定して好走しているキャトルフィーユ、先行しての粘り込みが期待できるベルルミエール。

4-16,14,8,7の馬連4点で。

[京都牝馬ステークス] ブログ村キーワード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA