第65回 スワンS(2022)予想

今年も阪神芝1400mで行われるスワンS。

阪神芝1400mの重賞というと阪神C、阪急杯だが(2・3歳の牝馬限定戦はこの際はスルーw)、なんとなく阪神巧者が近走成績に関係なく好走している印象があるが、そんなことはないか。。。

今回の出走馬で阪神コースでの好走が目立つのは

ホウオウアマゾンが2.4.1.2で着外の2回はG1、

ロータスランドの5.1.0.2も2度の着外はともにG1、

サブライムアンセムの1.2.0.1も着外は桜花賞、

ダイアトニックは2.0.1.0だが3着の1度は2位入線で降着となったもの、

とこの4頭はどうしたって無視できないような気がする。

出馬表を見てみると比較的内枠に先行馬が揃い、差し追い込みタイプは外目の枠に揃った印象。
展開的にはすんなりと隊列が決まりそうな雰囲気がある。
そうなると外枠でこれまで先行する競馬が多かったスカイグルーヴなどはそれなりの票は集めそうだが印は回せない。

やはり阪神実績もあり、この中では能力も上位と評価できそうなホウオウアマゾンは最内枠を上手く活かせれば最有力に思える。ここは軸に信頼したい。

一番競馬をしやすそうに思えるのはロータスランド。京都牝馬S1着、高松宮記念2着が示すように5歳になって短距離により適性が出てきた印象、G2以下なら阪神で連対率100%の実績を考えても重い印を打ちたい。

3番手にはダイアトニック。阪神での3走は新馬戦の1600mと2度の阪急杯。そこで2勝と2位入線なら得意コースであることは明らか。鞍上が継続騎乗の岩田康誠なら内目の4番枠からすんなり好位の内につけて頭まで狙えそうだ。

以下、内から逃げを打てそうなヴァトレニ、実績上位のマテンロウオリオン、同コースのフィリーズレビュー勝ちのサブライムアンセムを押さえにホウオウアマゾンからの流し馬券で。

意外にオッズが割れてるようなのでワイド流しでもいいかと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA