宝塚記念 回顧と出資馬近況


宝塚記念は結局、展望の記事でも書いた通り◎アルアイン、〇キセキ、▲リスグラシューの上位3頭を重視し、△としてスティッフェリオ、レイデオロ、クリンチャー、エタリオウを押さえる予想で、◎からの馬連流し6点で臨んだがご存知の通り▲→〇→無印と入って◎が4着。
いや~、上手だな俺(泣

ペースはテンの3F35.5、4F47.9、5F60.0、上がり3F35.3、4F46.9、5F58.9。あまり宝塚記念らしくない後半のほうがわずかに早い流れ。もう少しスタミナを要求されるような前傾ラップになるんじゃないかと思っていたが、牝馬のキレが存分に発揮できる流れだったように思う。
しかし、レーンはホントに上手いな。大外からキセきの番手につけて積極的に行って余力タップリで直線を大きく突き放す形。

結局、前につけていたG1実績のある4頭が入れ替わりはあるがそのまま上位を占めているのだから力通りの結果とは言えるだろう。
1着から5着の着差が3馬身→2馬身→2馬身→3/4馬身と開いたのは好位につけたリスグラシューの瞬発力が活きた形なのだろう。
番手につけて1頭抜けた上がり最速を使われたら、そりゃこういう形になるだろう。

いいレース見せてもらったなとは思うが、予想がダメダメ過ぎてため息も出なかったw

スポンサードサーチ

【悔しすぎた東京8R】

宝塚記念は東京競馬場で見ていたのだが、当然朝から東京競馬場に行っていた。ボチボチ馬券も買ってはハズシ、買ってはハズシしていたのだが、悔しかったのが東京8R。

戸崎騎乗の5番ライルとレーン騎乗の8番グルファクシーの2頭が人気だが、以下の馬もオッズの差ほどには能力差があるとも思えないメンバー。
しかも人気のライルを含めてそこそこペースは流れそうだし、ならば中団の内から差して来れそうな3番ツクバソヴァールを本命に、大外だが11頭立てならそれほど不利でもなさそうな11番カーロバンビーナを対抗と予想。

3-11の馬連ワイドがいいかとも考えたが少頭数だしこの2頭を軸にするなら3連単もおもしろいかと考え、相手に人気のライル、グルファクシーと更にペースが流れたら内から追い込んでこれそうな人気薄の1番インペリアルフィズをチョイス。
3,11→3,11→1,5,8とこれの2,3着を入れ替えた形の3連単フォーメーション計12点を購入。

すると想像とはちょっと違ったが直線で3番ツクバソヴァールが外から、11番カーロバンビーナは内に潜り込んで揃って差してきた。カーロバンビーナは1頭抜け出す勢いで、ツクバソヴァールも2番手に伸びうな勢い。おぉ!!!

前には先行したライルが粘っているし、グルファクシーもその後ろに続いている。
そしてそして!その外から1番インペリアルフィズが伸びてきたじゃないか。この勢いなら11番、3番、1番の3頭で決まるんじゃないか!?どの順番でも確か3連単10万円超えのオッズだぞ!と思わず「松岡!大野!」と声が出る。「松岡!大野!」と叫んでいたら、最内から10番スプリングボックスが一気に伸びてきて2番手にあがってきた。「う?ウソ?何アレ?」

結果、11番→10番→3番→1番→8番→5番と入線。その3連単が44万円。

今年イチの熱いハズレ馬券だった。。。競馬、ホントにおもしろいわ。。。

その(個人的に)熱いレースはこちら↓

2019 06 23 東京8Rのレース結果

【マイタイムオブデイは8月3日の札幌へ】

先々週、未勝利を勝ちあがったマイタイムオブデイの次走が先週発表された。いったん短期放牧に出て札幌の1勝クラス(牝)芝1800mを目標にするらしい。
函館芝1800mでの勝ち上がりだから妥当な選択に思える。鞍上も引き続き団野騎手で行くようで減量騎手で49kgで行けるらしい。裸同然じゃないかw

未勝利勝ちの時計が1:48.9、同日の北斗特別(2勝クラス)の勝ち時計が1:49.0だから、ペースの差があるとはいえ、これはなかなか期待もできるんじゃないだろうか。楽しみだ。

今年の夏休みは田舎(小樽)に帰省する予定は立てていないのだが、せっかくだからこの開催に合わせて自分一人で帰ろうか、などと考え始めている。

スポンサードサーチ

【長女の次走は7月20日】

そして記念すべき我が最初の出資馬ヴェロニカグレースは7月20日の福島・いわき特別に向かう予定。
2勝目を挙げた福島芝1800mは悪くないだろう。ここ2戦は10着、10着と惨敗が続いているので人気もないだろうが、調子は良さそうだし得意のコースに戻って好配当をプレゼントしてくれないだろうか。

鞍上が誰になるかが気になるところだが東の主場だし、できれば[2.0.1.0]と相性のいい戸崎騎手が乗ってくれると嬉しいが、そうはいかないだろうか。

あ、でもそうするとあまりオッズは期待できなくなるか・・・う~む。しかし、楽しみではある。うんうん。

【ジュピターズライトは手術終えて休養】

3戦目に6月1日の国分寺特別を目標にしていた調教後に骨折の判明したジュピターズライトはノーザンファーム早来に放牧、6月10日に無事手術を終え、20日に抜糸も済んでいる。術後の経過も良好で体調面の心配もないようでなによりだ。

このまま順調なら今週から曳き運動を開始する予定とのこと。

全治6か月という診断だったので復帰は来年になるだろうが、まずは手術も無事に終わり順調に回復に向かっているようなのが何よりだ。

スポンサードサーチ

【ベッロコルサは近々帰厩か】

ノーザンファームしがらきで坂路でハロン15秒と周回コースでキャンターをこなしているとのこと。角田調教師が近々トレセンに戻したいという連絡を入れてるそうなので、夏競馬でデビューができるだろうか。

血統的にはダート短距離だと思うが、馬体重が426kg。もう少し馬体重が欲しいところ。芝の短距離でやれるだけのスピードがあればいいのだが、現状では何とも言えない感じだ。
まずはデビューに大きな期待は抱かずに無事に出走できるようになることを待とう。

【フレジエも夏にデビューできるだろうか】

まだノーザンファーム早来にいるフレジエ。
乗り込みを続けながらも少しずつ馬体は増えてきて446kgまで成長してきた。4月に産地馬体検査を終えているので、ここから直接出馬できる態勢にはなっているが現状ではまだいつ頃デビューできるのかまではクラブの更新からは読み取れない。

早来の坂路でハロン15秒を切るくらいのところは乗っているので、なんとか札幌開催くらいにはデビューしてくれないだろうかと淡い期待はしているが。。。

スポンサードサーチ

【それでも楽しみな夏ではある】

現在、出資馬は5頭でそのうち2頭はこの夏の出走予定が決まっている。
2歳馬ももしかしたら夏の間にデビューできそうな雰囲気もある。

G1レースはしばらくないが、出資馬が出走してくれるレースが幾つかありそうだと思うと今まで以上に楽しみな夏競馬ではある。

それに備えて軍資金を確保するためにも、、、今週の競馬は当てたいなあ(笑)


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA