シルク、2019年度1歳募集馬リスト


先週日曜日、出資馬マイタイムオブデイが3戦目で初勝利を挙げてくれた。

初戦は小倉で、2戦目は福島で芝1200mを使って17着、11着と追走もままならないといった感じだったので能力が決定的に足りないのかと思ったが、函館芝1800mと洋芝で距離を大幅に伸ばしたことで一変してくれた。

一瞬のスピード争い、いわゆるキレ勝負では分が悪いが時計の掛かる馬場で持続力勝負ならいいところがあるところを見せてくれた。

なにより3歳のこの時期に未勝利を脱出してくれたのは嬉しい限り。

この後は短期放牧に出て札幌開催を目標にするとのこと。北海道開催ならそこそこやってくれそうで楽しみだ。

スポンサードサーチ

【シルク、2019年度1歳募集馬リスト公表】

シルクホースクラブの2019年度1歳募集馬リストが公表された。

自分の予算では一口6万円を超えるような馬には出資が難しいし、実際回収率を考えてもリスクが高くなってしまうと思っているので、出資対象となるのはリスト70頭中の42頭になる。

それでも42頭もの中から選ぶというのはなかなか大変な作業だ。

そしてコレだ!と決めたところで自分のような弱小出資者が確実に出資できるわけでもないので、いろいろと戦略は考えなければならないが、その前にただただボンヤリとリストを眺めているだけで楽しい今の時間を堪能しておこう。

ざっと目を通したところでこの辺がいいかな?と思っているのはビバリーヒルズの18(父リアルインパクト)とアナスタシアブルーの18(父モーリス)の2頭。価格もそれぞれ一口36,000円、40,000円とお手頃。これで1つ、2つ勝ってくれれば十分に楽しめるんじゃないか、そんなことを考えている。

ま、まだ実際にカタログで馬体を見て、あれこれ悩むのだが。そしてそれがこの上なく楽しいのだが(笑)

【木村哲也厩舎】

今回のリストを見ていると木村哲也厩舎に4頭預託される予定。ディープインパクト産駒1頭、キングカメハメハ産駒2頭、リオンディーズ産駒1頭という布陣。シルクは木村哲也厩舎をバックアップしている、というところなのだろうか。

木村哲也厩舎というと2016年あたりから頭角を表してきて昨年は全国リーディング6位。今年は出遅れ気味で60位前後にいるので、ここでノーザンファームが後押しをしているといったところだろうか。

これを機にふたたびリーディング争いをするような厩舎に成長できるか。今後の2年間がある意味、正念場なのかもしれない、などと勝手な妄想を膨らませている。だってノーザンファームというか社台グループって切るときはドライに切るからね。武豊の起用なんかを過去からず~っと見てるとホントそう思うw

スポンサードサーチ

【モーリス産駒】

そして今年の1歳馬はやっぱりモーリス産駒に目が行ってしまう。シルクには6頭がラインナップ。

レネットグルーヴの18、アドマイヤテンバの18、アルギュロスの18、パーフェクトジョイの18、ピクシーホロウの18、アナスタシアブルーの18。

この中で注目はやはりレネットグルーヴの18だろうか。いまや社台グループの代表牝系エアグルーヴの流れを汲む繁殖にメジロの血を繋ぐ種牡馬の組み合わせ。なんとも感慨深い。

モーリスが種牡馬として成功してくれれば、これからもこういった血統の馬がたくさん誕生するのだろうが、その最初の成功例として頑張ってくれるといいなあと思っている。一口80,000円。自分が出資するのは難しそうだけど。たぶん申し込んでも抽選でハズれそうな気がす(笑)

【スクリーンヒーロー産駒】

そして自分が応援しているスクリーンヒーロー産駒は今回シルクの募集では2頭。

メジロトンキニーズの18とビリーヴミーの18。どちらも牝馬なのがちょっと残念。スクリーンヒーロー産駒でオープンや重賞で活躍しているのは今のところ牡馬ばかりだから。

自分が出資するとしたらビリーヴミーのほうかなあと思うが(一口36,000円で平田修厩舎というのがポイント♪)、牝馬なので出資するかどうかは大いに迷うところだ。

しかし、リストを眺めているだけでもこんなにあれこれ悩めるのだから楽しい。

今年は出資は見送ろうかな、、、などと思っていてもこうやってリストが届くだけであれこれ妄想が膨らむし、カタログが送られてきて馬体写真をみたらもう見送るなんてことはできず、どうやって予算を捻出しようかと考えるのだろう。

「一口沼」とはよく言ったものだ。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA