マイタイムオブデイ

出資している16年産2頭のうちのもう1頭、マイタイムオブデイもいよいよデビューの準備ができてきた。

予定では2月10日のメイクデビュー小倉・芝1200mに出馬投票する予定。

もう少し長めの距離でおろすのかと思っていただけに少々意外だったが、母父Mr.Greeleyの影響が濃いと考えたのか。
四代母からはシンコウキングもいるし、シンコウキングの妹からはスズカフェニックスも出ているから案外短距離血統なのかもしれないし。
マイタイムオブデイの父Australiaに目を取られてクラシックディスタンスが良いのだろうと思っていたが。シルクの募集時のカタログでも距離適性は長いほうになってたし(笑)

今は新馬戦は除外ラッシュなのですんなり出走できるかはわからないが、どうか無事にデビューして、願わくば勝利を挙げてほしいものだ。

ひと足先にデビュー勝ちを決めてくれたジュピターズライトはNF天栄に在厩。週2回坂路で14-13を、週1回は14-14をこなしているというから順調に状態も上がっている様子。
中山開催を目標にしているということなので3月10日の500万芝2000mあたりだろうか。
まさか弥生賞やスプリングSということはないだろう。じっくり着実に進んでくれることを祈る。いや、重賞使ってくれるならそれはそれで嬉しいだろうけどw

こちらは父ハービンジャーだし、叔父にアドマイヤラクティがいる血統だから中長距離で活躍してくれることを期待している。
某掲示板ではデビュー前は競走馬になれないんじゃないかというくらいの不安説も流れてたしw、まさかいきなりデビュー勝ちするとは思っていなかっただけに、身体ができてくるまで焦らずに成長に合わせて使ってもらえればいいと思っている。

それでも、、、中央場所の2000mでデビュー勝ちを決めてるだけにダービーに間に合ってくれればいいなあ・・・などと淡い期待もしてしまうのだが。

前走4着で微妙に馬券圏外に飛んでくれたヴェロニカグレースも先週金曜日にNF天栄に放牧。
初めて中3週で使われたことで疲れもあるだろうか。脚元などには特に問題はないようなので休養でもう一段成長して戻ってきてほしいところ。

適性は中山や阪神内回り、ローカルの小回りコーナー4つの芝コースというところのようだし、夏の福島か、あるいは小倉滞在で頑張ってくれないだろうか。小倉だったら鞍上も関西の騎手に替わってくれるだろうし・・・

競走馬名も決まった2歳馬の2頭、ベッロコルサとフレジエはともにNF早来。
1か月前頃には坂路コースでハロン16~17秒と周回コースで軽めのキャンターという感じのようだったが、それからどのくらい進んでいるだろうか。

2頭とも馬体重は400kg台前半と小柄なので一番の願いはもっと馬体が大きくなってくれればというところなのだが。

ベッロコルサ(18年12月)

フレジエ(19年1月)

特にフレジエの母ヒカルアマランサスは自分が応援していたベストロケーションが京都牝馬Sを半馬身差2着に負かした馬。
そんな思い出もあって、ヒカルアマランサスはちょっと気になる馬だった。
その仔に出資できたのだから、その時の借りをこれで返せないか?という気持ちもちょっとある(笑)
なんとか活躍してほしいものだ。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA