シルクロードS

シルクロードSはどんな感じになるだろうかと調べていてファインニードルが引退していたことに気づいた。
またスプリント路線は中心馬不在ということになるのね。

ファインニードルもそうだがシルクロードSを人気で勝った馬にはロードカナロアやストレイトガールなんかがいて、ここをステップに強いGⅠ馬に出世していく印象もあるレースだけにやはり上位人気馬には注目せざるを得ない。

京都芝1200mの古馬重賞はシルクロードSと京阪杯の2つだが、両方のレースを勝ったことがあるのはロードカナロアとアンバルブライベンの2頭だけ。
シルクロードSではダンスディレクターが連覇したり、セイウンコウセイが2年連続2着したり、京阪杯ではネロが連覇したりしているので京都芝1200巧者というのがけっこういるんじゃないのかと思いたくなるのだが、両レースで活躍する馬は意外と少ない。ハンデ戦と別定戦という違いだろうか。

ただよく見てみるとアンバルブライベンが2014年の京阪杯を勝ち、翌年のシルクロードSも勝った時は2着馬はともにサドンストームだった。
今回人気になりそうな京阪杯勝ち馬ダノンスマッシュがシルクロードSを勝つような流れになると考えるなら、京阪杯2着のナインテイルズも買い目には入れておいた方が良さそうな気になる。

【スポンサーリンク】


先週の京都芝のレースを振り返るとけっこう差し追い込み決着が目に付いていた。もちろんペース次第で逃げ先行馬が残る展開もあったが、どちらかという差してきた馬に有利な馬場になっていたような気がする。
京都芝1200mは内枠、逃げ先行馬有利という傾向の強いコースだが、このレースについては比較的差し追い込みも馬券になることが多い。先週の馬場傾向を考えても逃げよりは中団からの差しを中心に考えたくなるレースではある。

しかし。

これといった逃げ馬がおらず、あまり先行争いが激しくなるようなメンバーではないところが悩ましい。

このメンツならおそらくラブカンプーが逃げるのかなあ~などとは思うがこれに積極的に競り掛けていくという存在はいそうもないのだ。

ただラブカンプーはおそらく1,2番人気、鞍上ミルコ・デムーロということを考えると他のジョッキーもこれを楽々と逃がしてはいけないという意識は持ちそう。
ならばダノンスマッシュやセイウンコウセイなどが早めに追い上げにかかり、結局その後ろから末脚に賭ける馬に有利な流れになる、そんな展開も想像できる。

前か、後ろか。果たしてどちらに有利な流れになるだろうか。どちらに賭けるのが正解なのだろうか。なかなか決めにくいところだ。

【スポンサーリンク】


難しいなあ・・・と思いながら過去5年の結果を眺めていたら気がついた。

5回の内4回は1,2着馬が5番人気以内、そして3着馬は2桁人気馬で決まっている。残りの1回も1,2着馬がそれぞれ3,4番人気で3着馬が7番人気馬。

つまり3連単フォーメーションで1,2着を1~5番人気馬を塗って、3着に2桁人気馬を中心に人気薄をマークすればいいのだ。
さすがに3列目に7番人気以下をすべてマークするというわけにはいかないが、2桁人気馬を中心になんとか5頭に絞れれば買い目100点で400倍超くらいの馬券がハマるかもしれない。

この路線で狙うのがいいだろうか。3連複フォーメーションなら50点で済むし、その方向で検討してみようか。

いや、1,2列目を3頭くらいに絞って3列目に人気薄5頭なら3連単30点だ。これで上手くハマってくれれば・・・

ならば1,2列目にダノンスマッシュ、ラブカンプー、ダイメイプリンセスを塗って、3列目にナインテイルズ、ラインスピリット、ペイシャフェリシタ、ティーハーフ、エスティタートくらいでどうだろうか。

・・・そんなうまくいかないよな。。。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA