荒れてほしい愛知杯

土曜日の愛知杯は牝馬限定のハンデ戦、いつものように荒れる前提で考えてみたい。

なにしろ過去5回の結果を振り返ってみても3連系馬券はいずれも万馬券、少なくとも1頭は2桁人気馬が絡む、あるいは上位人気が総崩れというレースになっている。今年だけは例外、なんてことはないだろう。

とは言っても前走大敗からの巻き返しというのは意外に少ない。過去5回で馬券になった15頭の内で前走9着以下に負けていたのが3頭、他の12頭はすべて前走5着以内という成績。
前走が1000万条件なら1着、1600万条件なら1,2着、OPクラスなら5着以内から人気のない馬を探してみたい。

そうすると前走阪神の蛍池特別(1000万)を勝ち上がってきたレイズアベール、京都の1000万の平場を勝ち上がってきたモーヴサファイア、この2頭が浮上する。

この2頭を1列目において、手広く3連複フォーメーションで流すという作戦はどうだろうか。相手が6頭で2、3列目に挙げた2頭を加えて8頭ずつマークすれば3連複の買い目は36点。
このくらいで万馬券が取れるなら上等だろう(万馬券確定の前提w

【スポンサーリンク】


相手に選ぶのはウラヌスチャーム、エテルナミノル、ノームコア、ランドネ、レイホーロマンス、レッドジェノヴァあたりか。ただ前走のエリザベス女王杯以外は大きく崩れていないコルコバードも捨てがたい。
ただ相手7頭となるとさすがに多いのでどれか切りたいところだ。

切るとすれば上位人気3頭のうちのどれか、ということになるだろうが何故か4歳馬が分の悪いレースなのでそれを嫌うとなるとルメール・ノームコアか。さすがにそれは勇気がいるが。鞍上未定のウラヌスチャームが回避してくれれば悩まなくていいのだが、一週前追い切りもしっかりやってるし回避することはなさそう。
ノームコアかウラヌスチャームのどちらかを切るということになりそうだが、どちらを残すかはかなり悩みそうだ。

【スポンサーリンク】


東京の日曜重賞、根岸S。

いまだに根岸Sというとブロードアピールの怒涛の追い込みがどこかで取り上げられるが、確かにあれは凄かった。距離が1200mのときでダートであの位置から届くのかよというレースだったが、今年は前走出負けして万事休すと思われたがやはり驚異の追い込みを見せたコパノキッキングが人気を背負って登場する。
その前までは逃げることの多かった馬だけに今回果たしてどんなレースをするのか注目だが、まさかのブロードアピールの再現があるだろうか(でも今度はちゃんと出るんじゃないか?w)

ちょっと気になる穴馬がいる。
メイショウウタゲ。プリサイスエンド産駒。11番人気でこのレースを制したグロリアスノア、そして堂々1番人気でこのレースを制したカフジテイクと同じ父を持つ。

プリサイスエンド産駒でJRAのレースに出走してくる数がそれほど多くはないことを思うと、その産駒が同じレースで複数勝っているという点がちょっと気になる。
もしかしたら同産駒はこのレースにもの凄く適性が高いんじゃないかと。

もっともメイショウウタゲはカフジテイクよりも1年先輩の今年8歳馬というのが引っ掛かるが・・・

さすがに厳しいだろうか。
人気はおそらくグロリアスノアが勝った時とそれほど違わないくらいの存在だと思うのだが。
穴党としてはちょっとヒモに加えてみたいところだ。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA