酷いものを見せられた週末

AJCC、ジェネラーレウーノ・田辺の騎乗にはガッカリした。

なんだってフィエールマンが2着に突っ込んでこられるような流れにしてしまったのか。菊花賞で瞬発力勝負の流れにしてしまってまったく持ち味が発揮できなかったことは学習していなかったのか。今回ジェネラーレウーノを2番人気に祭り上げたファンの期待を大きく裏切る騎乗だったことは間違いない。

自分も菊花賞での学習があるだろうし、重賞2勝している中山だし、自分でペースを作ってでも後続に脚をなし崩しに使わせる展開に持ち込むのだろうと思っていた。

きっと多くのジェネラーレウーノを応援していたファンがそう思っていたに違いない。

田辺ってもっと大胆な騎乗ができる騎手だと思っていたのだが。。。

田辺のレース後のコメントが
「ちょうどいい感じで競馬はできました。早めに動いたつもりでしたが、周りも一緒になって動いてきます。4コーナーで離していきたかったのですが、そうはいかない立場になっていますから……」

意味不明。早めに動いたつもりっていったいどこで動いたというのか。
JRA公式のレースラップが
12.5 – 11.5 – 12.7 – 12.6 – 12.9 – 12.8 – 12.4 – 11.7 – 11.8 – 10.9 – 11.9
残り800mで動いたということ?中山なら他の馬も動くところじゃないのかな?田辺は中山が得意じゃなかったのか。コースの特性をよく把握していたわけじゃなかったのか。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

【スポンサーリンク】


馬券がハズレたのは自分がそこまで読めなかったのだから仕方がない。田辺という騎手を完全に見損なっていただけの話だ。

瞬発力勝負ではキレ負けするとわかっているはずなのにあんな流れにしか持ち込めないということは、きっとラップの早さ遅さを感じ取る彼の体内時計がひどく性能の悪い三流品しか搭載されていないということなのだろう。

今、溜めて溜めて直線で瞬発力を爆発させるようなレースが多くを占めているJRAの競馬の中で、中山の芝2200mは数少ない消耗戦、持久力勝負に持ち込みやすいコースなのにそれを活かせなかったのはジェネラーレウーノにとってはとても痛い敗戦だ。

陣営はこれからジェネラーレウーノを競走馬としてどう使っていくか、そしてその結果が競争生活を終えた後の彼に、どういう馬生を送らせてあげられるのか、そこまで考えた戦略をしっかりと考え抜いてほしいものだ。
ローテーションをどうするのか、鞍上をどうするのか。そこを間違えたらジェネラーレウーノに幸せな余生が与えられるチャンスはごくごく限られてしまうということを肝に銘じて考えてほしい。

【スポンサーリンク】


そしてAJCCの35分後、今度は津村に同じようなレースを見せられてしまった。

逃げたのは良い。
それほど積極的に前に行くタイプがいないメンバー、なんならちょっと早いくらいのペースで逃げて後続を大きく引き離してもいいだろうと思っていた。どうせヴェロニカグレースも瞬発力勝負では分が悪いのはわかっているのだから、積極的に行ったほうが勝機はあるかもしれない、そう思っていたくらいだ。

しかし、テンの3ハロン38.0、1000m通過62.7。こんなペースじゃ直線でキレのある末脚を持つ後続に飲みこまれるのは素人にも想像がつく。

ここにもバッタもんの体内時計しか持ち合わせていない騎手がいた。

ハナからそれほどあてにはしていなかったし、津村としては精いっぱいやったのだろう。
それでももう4度目の騎乗だし少しはなんとかしてくれるんじゃないかと淡い期待も持っていたが。
┐(´д`)┌ヤッパリネ・・・

調教師は何だか知らないがヴェロニカグレースには津村と刷り込みされているような感じがするし、このあとは夏のローカルあたりならもしかしたら1つくらいは勝ってくれるだろうか、そのくらいの希望しか持てなくなってしまった。今年からは降級もないし、今後は厳しい競争生活が待っていそうだ。

どうしよかと迷いつつ、せっかく中山まで足を運んだのになんともがっかりな週末だった。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA