つまらんボヤキと2018年12月の収支

カンパニーが腎不全で亡くなっていたとの報。
2009年、8歳時に毎日王冠から天皇賞秋、マイルチャンピオンシップを連勝。晩成にも程があるだろ!と思ったのが懐かしい。
スクリーンヒーローはカンパニーが天皇賞秋を勝った時の2着だったんだよなあ。。。

種牡馬としての期間は現役が長かったこともあるが、思いのほか短い期間で終わってしまったのは残念。

今週の日経新春杯に出走するウインテンダネスは心情馬券でたくさん買われそうだなあ(自分も紐には押さえようと急に思いついた)

さっきシルクのホームページを見たら、ヴェロニカグレースの一週前追い切りに黛が乗っている。次走の鞍上は彼になるのだろうか。嫁さんの水野由加里はけっこう好きだったが騎手としての黛にはたま~に穴で馬券になるという印象しかないのだが。
ま、昨年の調教師リーディング155位の厩舎だから自然と騎手もこのクラスになってくる、ということか。
今さらだが一口出資の際は血統も重要だが同じくらい厩舎も重要なんだなあと。

もし鞍上が黛になるのなら、どうかヴェロニカグレースと手の合うタイプでありますようにと祈るばかり。

【スポンサーリンク】


などとどうでもいいボヤキはおいといて。

12月の収支をサラッと。

最終日28日にジュピターズライトが勝ってくれたおかげで月間の収支はプラスに転じた。
他はさして見るべきところはなかった・・・気がする。
あ、朝日杯FSでクリノガウディが2着になってくれたのも良かったか。まあ、11月よりは良かったような気がする

結果、2018年の年間収支はマイナス116,170円、回収率84.6%。一年間遊んでこの程度のマイナスならば良しとするべきか。回収率も控除率を考えると健闘していると言えなくもない水準だし。

いや、しかし、やっぱりなんとか収支トントンくらいには持っていきたいものだ。
2019年はなんとかしたい!

・・・と言いつつ、1回開催初日・2日目は5レース購入してまだ的中なしなのだが。

【スポンサーリンク】


せめて今週の重賞はなんとかしたい。

と言いつつ、月曜日の京成杯なんかはマードレヴォイスあたりを買ってそうなのだが。何しろ母母トレアンサンブルはダイナアクトレス産駒で、その仔マルカラスカルはJ・GⅠ2勝の2006年最優秀障害馬だ。つい応援したくなるじゃないか。まったく人気もなさそうだし。というか最低人気かwww
昨年11月からこれで5戦目だから如何にも使われ過ぎとしか思えないが。

ま、京成杯は普通に考えると葉牡丹賞勝ちのシークレットランが中心なんだろうとは思うが。
穴で狙うならヒンドゥタイムズ、リーガルメインあたりか。冷静に考えてマードレヴォイスはいくらなんでも厳しそうだw

土日月の3日間でスクリーンヒーロー産駒は14頭出走。期待しているのはマイネルウィルトス、ミュゼエイリアン、フィルムフェスト、シャドウカンパニー、レノーアだが、デビュー戦を迎える4頭、土曜中山6のキャーントストップ、日曜中山3のブライトアクトレス、日曜京都2のアオイハヤブサ、ギャラクシーハニーにも少しだけ応援馬券を入れてみようと思う。

過去の自分のその年の初的中がどのレースかを確認してみたら

2014年 初日中山2レース(3歳未勝利ダ1800)
2015年 中山金杯
2016年 フェアリーS
2017年 京都金杯
2018年 中山金杯

となっていた。重賞で初的中が多いのはやはりそこに注力しているということか。

しかし今年はすでに東西金杯はハズシているし、それ以外のレースも初日2日目と的中はなかった。
となると2016年のパターンか。

2016年は金杯デーが5日でその後の開催は9日から11日の3日間。この年の初的中になったフェアリーSはその3日目・1月11日(開催4日目)だった。
その流れで行くと今年は3日間開催最終日の京成杯だろうか。それとも開催4日目の日経新春杯か。それとも2016年と同じフェアリーSか。
別に重賞にこだわらず、平場のレースからバシバシ的中させたいところだが。

土曜日のマイネルウィルトスでサクッと的中してくれると良いのだが。鞍上がちょっと心配。何かが足りない丹内だし。函館だったら良かったんだがw


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA