2018年度JRA賞とシルク出資馬近況

JRA賞が発表になってやはり年度代表馬・最優秀3歳牝馬は順当にアーモンドアイに決まった。
これは、まあ当然の結果。満票というのも頷ける。

微妙だなあと思ったのは最優秀2歳牡馬と最優秀3歳牡馬、それと最優秀障害馬だろうか。

特に最優秀2歳牡馬、朝日杯FSを勝ったアドマイヤマーズとホープフルSを勝ったサートゥルナーリア、どちらだろうかと注目していたが30票差でアドマイヤマーズに。

自分の印象はサートゥルナーリアだったけどなあというのはどうでもいい話だが、これからも最優秀2歳牡馬は朝日杯FSとホープフルSのどちらに重きを置くのかという点で意見は分かれるんだろうな。

そして最優秀3歳牡馬、ブラストワンピースが受賞となったが2位のワグネリアンとは26票差。しかもブラストワンピースの得票率は41.3%だからこれはけっこう混戦だった。
おもしろいのは有馬記念馬、ダービー馬、そしてチャンピオンズカップ勝ち馬の三つ巴の争いになったこと。皐月賞馬はわずか3票、菊花賞馬にいたっては1票も入っていない。
3歳クラシックの価値に大きな疑問符を投げかける結果。

そしてそして最優秀障害馬のオジュウチョウサン。
確かに昨年後半の競馬を盛り上げた1頭ではあるけれど、昨年は障害レースを走ったのは中山グランドジャンプの1走のみ。確かにそこで強い勝ち方を見せてはくれたが、その後は平地ばかりを使われていたのに最優秀障害馬というのはどうなんだろうか。。。

JRA賞が発表になると「え、そうか?」と思うことがあるのは毎年のことだから、その結果をみて「ふ~ん・・・」とアレコレ思うのも一つの楽しみではある。

しかし、、、該当馬なし、という投票だけは、どうしてかね?と思ってしまう。

その年、その部門で最優秀だと思う馬に投票するのが基本だと思うんだけど、最優秀がいないってどういう基準なんだろうかと。自分の設けた基準を満たす馬がいなければ該当馬なしとするってどんだけ上から目線だよと。

レースがどんなにレベルの低いメンバーだったとしても1着馬は必ずいるものなのに、自分が最優秀だと思う馬が思いつかないから該当馬なしという投票をするのは単なる思考放棄じゃないかと思うのだが。

【スポンサーリンク】


シルクの出資馬たちの近況はというと・・・

12月22日、有馬記念の前日、中山大障害の日、最終レースのノエル賞にヴェロニカグレースが出走したが2番人気に推されながら11着大敗 ┐(´д`)┌ヤレヤレ
スタート後、3完歩目あたりで躓いて後方の位置取りになってしまったのが痛かった。そして鞍上がそうした時になんの手も打てない津村だったのも・・・
後方でけっこう折り合い欠いてたし、あ~ぁ、こりゃダメだという感じで、まあレース前には得意のコースのはずだしけっこう期待してたが、もう1コーナーの前で諦めムード。

これでいつものように天栄に短期放牧となったらお願いだから転厩させてとボヤキたくなるところだったが、幸いにも今回は在厩のまま連戦する模様。デビュー以来初めてのことだw

1回中山最終日1月20日の平場1000万条件、最終レースの芝1800mの牝馬限定戦の予定となる模様。

6日(日)には前走後最初の時計も出している。ま、馬なりの軽い調教ではあるが。調子が悪いわけではないし今度はなんとかしてほしいところだ。
そして今度はもう少し手の合う騎手にお願いしたいところ。。。

【スポンサーリンク】


そして昨年の開催最終日、12月28日には嬉しい誤算が。
ジュピターズライトが中山のメイクデビュー、芝2000mに出走したが6番人気ながらデビュー勝ちを決めてくれた。
単勝31.9倍!ありがたや、ありがたや。捨てる神あれば拾う神ありとはこのことだと天に感謝した。

某netkeiba掲示板で11月初めころにはデビューしてもまともなレースができる状態ではないなどという書き込みがあったりして、少々気をもんだりもしていた。
デビューが決まっても回ってくるだけかなあ・・・などと思っていたのだが人気もないので少しだけ単複の応援馬券を買っていたのだが、まさか来るとは思っていなかったのでこれは嬉しかった。

レースでは内々の中団後ろを追走、ロスなく行けたのも良かったし展開がハマったという感も否めず、時計も目立つものではないので能力的に大きく期待できるとういわけではないが、兎にも角にも初戦を綺麗な形で突破できたのはありがたい。
ヴェロニカグレースでガッカリさせられた後だっただけに本当に嬉しかった。

今は天栄に放牧に出されていて次走の予定も立ってはいないが、これからどんなふうに成長していってくれるか楽しみになった。

まだデビューの日程が決まっていないマイタイムオブデイは現在しがらきに在厩。
しがらきに戻ってから一時皮膚病が出るなど体調面が思わしくなかったようだが、今は毛艶も良くなり体調は安定しているとのこと。
馬体に実も入ってきて力強さが出ているようでデビューが待ち遠しい。

ヒカルアマランサスの17、ベッライリスの17はともにノーザンファーム早来。
屋内坂路でハロン16秒程度のキャンターをこなすなどボチボチとトレーニングも進んできている。
とはいえまだまだ馬体も小さいし、じっくりと成長を促している段階。夏以降にどんなふうに変わってくるのかを楽しみにしていよう。

ところで馬名はいつ決まるのだろうか。自分は馬名の応募をしそこねてしまったがwカッコいい名前になってくれることを祈る。

シルクはJRA賞でアーモンドアイが年度代表馬・最優秀3歳牝馬、ブラストワンピースが最優秀3歳牡馬を受賞するなど、牡牝ともに強い明け4歳世代の代表となった。

この勢いに乗って今年の明け3歳たち、そして夏以降にデビューを迎える明け2歳たちも活躍してくれることを祈る(=もちろん自分の出資馬が活躍してくれることを祈る、の意w)


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA