シルク第1回追加募集馬

シルクの第1回追加募集は5頭中2頭(メジロルバートの17、ミステリアスオーラの17)が口数を大幅に超える申し込みがあったらしく満口。

満口にならなかった追加募集馬3頭については今週金曜日12月14日の午前9時30分から受付けを開始するようだ。
残口の少ないのはミオリチャンの17が残り80口以下、エリモアクアポリスの17が150口以下とのこと。
この2頭はすぐに満口になってしまいそう。

今年はもう出資する気はないがどんな馬が残っているのかを見てみると・・・

ラッドルチェンドの17(メス)
父ディープインパクト、母の父デインヒルダンサー、美浦・和田正一郎厩舎所属で一口112,000円(総額5600万円)。いいお値段ですw

母のラッドルチェンドは南関東で1勝、祖母はラヴズオンリーミーでその産駒はリアルスティール、プロディガルサン、ラングレーとオープン馬がズラリ。この値段も仕方がないところだろうか。自分はもう値段だけでパスだがw

現在はノーザンファーム空港で週3回屋内坂路コースでハロン19~17秒のキャンター2本をこなしているという。4月20日生まれ。

【スポンサーリンク】


エリモアクアポリスの17(牡)
父ノヴェリスト、母の父ダンスインザダーク、美浦・田中剛厩舎所属で一口28,000円(総額1400万円)。こちらはお手頃感あるな。

母エリモアクアポリスは中央で2勝、曾祖母ボールドレイディの系統にタイムパラドックス、タイムフライヤー、サクラローレルといったGⅠ馬がおり、他にもカポーティスターやエピセアロームといった重賞勝ち馬の名前もある。

現在はノーザンファーム早来で週3回屋内坂路コースで軽めのキャンター、週1回周回コースで軽めのキャンター2,250mという調整。4月1日生まれ。

ミオリチャンの17(メス)
父マジェスティックウォリアー、母の父スウェプトオーヴァーボード、美浦・黒岩陽一厩舎所属で一口24,000円(総額1200万円)。今回の追加募集馬の中では一番安い。

母ミオリチャンは中央4勝、STV賞などを勝つなど1200m戦で活躍。曾祖母マガロの仔にダービー馬タヤスツヨシ、北米でオーキッドH(G2)など9勝のクーラウインがいる。

現在は騎乗馴致を終え、ノーザンファーム空港で週3回ハロン20秒のキャンター2本を週3回こなしている。5月5日生まれ。

【スポンサーリンク】


ついでに最初の募集でまだ満口になっていないテアルケリーの17(メス)
父ゴールドアリュール、母の父タピット、栗東・武幸四郎厩舎所属で一口36,000円(総額1800万円)。ダート血統の牝馬でこの価格はどうなの?ということで売れ残ってるのか。案外こういうのが当たりだったりするのも一口の面白さじゃないかと思ったり。知らんけど。

母テルアケリーは北米で2勝、デビュータントSというオールウェザーのGⅠを勝っている。産駒のプリズマティコ(3歳)は現在4戦1勝、シティーオブスター(2歳)は3戦、いずれも芝で使われているが本馬は血統的にダートを主戦場にするんだろう。

現在はノーザンファーム空港で週3回屋内坂路コースでハロン18~20秒のキャンター2本という状況だ。3月9日生まれ。

第1回追加募集となっているということは第2回もあるのかな。確かに昨年度は第2回もあったと思うけど。
しかしもうこれ以上はね。零細一口馬主ではとても手が出せるものではありませんw

今、検討している人の参考にでもなれば・・・

そうそう、我が出資馬はどうしているかというと2歳のジュピターズライトは先月末に美浦トレセンに帰厩して昨日までで3本の時計。
タイム的にはまだまだじゃね?という感じだが一応28日の中山芝2000mを目標にしているらしい。
とりあえずデビューさせて、それから上手いこと成長してくれればいいね、って感じがするのがなんだかちょっと残念だw

で長女の3歳ヴェロニカグレースは12月6日に帰厩して9日(日)に坂路で時計を1本。あとは今週、来週と追い切って22日の中山・ノエル賞へ。
天栄でおおむねできてるのでトレセンではレースに向けての気合を整えるという感じかと。こちらは期待してます、はい。


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA