ジャパンカップ(2018)回顧


 
 
ジャパンカップ、最終的に自分が打った印は

◎1番アーモンドアイ
〇5番ミッキースワロー
▲8番キセキ 
△14番ウインテンダネス、7番サウンズオブアース、13番ノーブルマーズ、11番スワーヴリチャード

きっとアーモンドアイが勝っちゃうんだろうな、馬券的にはこのまま買っても面白くないよなあ・・・と考え続けて、結局買ったのはこんな馬券。

午前中に芝2000mの2歳未勝利でレコードが出てるし、8R1000万条件のオリエンタル賞(芝1800)では1:44.7とレコードに0.5差、一段と時計が早くなってるし、これはある程度前目の位置につけないと厳しいだろうなとボンヤリ考えていた。

ルメールのことだから今日のアーモンドアイはきっと好位につけるだろうとは思ったが、最内枠だし万が一スタートでちょっと遅れて包まれて後方に下げる可能性もゼロではない。
ならばこのメンツなら前に行ってしぶとく残しそうなキセキに期待してみようとそこからの馬券。
このところの川田も外国人騎手の陰に隠れてはいるが日本人騎手の中では今は一番乗れてる気もするし。

できればアーモンドアイが3着以下になったりしたら思わぬ好配当だななどと思いながら、それでも気分的にはアーモンドアイとキセキの馬連1点が中心。
でも、そんなにたくさん買うレースじゃないなといつものように観戦料を支払う気分。

開門ダッシュを決めて5番柱付近に一般席を確保してくれた友人にお礼のビールを振舞いつつ、朝9時頃からダラダラと過ごしながら馬券はそんな感じで決めた。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
スタート時刻の10分前くらいに自分の隣の荷物置きに使っていた席を「ここ空いてませんか?」とちょっと小太りの若い男性が聞いてきた。
もうこれ以上仲間が集まるわけでもないし、どうぞと席を空けたらその若者は急にテンションを上げ始め、ちょっと高い声で「アーモンドアイしかないです!」と聞いてもいないことをいきなり話しはじめた。
面食らいつつも、強い競馬見せてくれるといいね、と返したらこんな馬券を持ってるんです!と見せてくれたのが馬連1-8を500円と1番の複勝500円。

お、おう・・・(;’∀’)(同じ馬券持ってるwww

そ、そうか当たるとイイね、などと返しつつ、自分はよく知らない人にいきなり馬券を見せるとかなかなかできないなあ、と変な感心をしてしまう。

どうもジャパンカップだけを観に来たような感じだし、彼はいつもはどのくらい競馬をやってるんだろうか、こういうお祭りみたいなイベントが楽しくて来てるだけなのかな、それとも自分たちのようにドップリ嵌ってるんだろうかなどと想像を膨らませていた。

直接本人に聞けばいいのにね。でも、ちょっと苦手なタイプだったのだ。マイペース過ぎる感じが・・・

そうこうしているうちにスタート時刻が迫る。

やっぱりGⅠはドキドキする。まして今やダービー、有馬記念と並ぶビッグレースになったジャパンカップだ。
アーモンドアイが強い競馬を見せてくれるといいなという気持ちと、思い切って荒れてくれないかという馬券好きの気持ちとを抱えてスタートを待った。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
 
アーモンドアイは一瞬ハナに立つんじゃないかと思うようなスタートを決めた。
じんわりとキセキが前へ、外からウインテンダネスが来るかと思いきやピンクの帽子はノーブルマーズのほうが前に出て、ガンコを挟んでウインテンダネスはその後ろ。

これは川田がレースを支配する流れか。。。

内を走るアーモンドアイの外を行くのがノーブルマーズとガンコ。

この並びなら直線もアーモンドアイは楽に外に出せそうだなと見ていたら、いつの間にか逃げるキセキから少し離れた位置の2番手で進めている。

1000m通過が59.9の掲示。澱みなく流れているようだが、時計の早い今日の馬場なら前には楽なペースっぽい。

直線でキセキが後続を突き放すような脚を見せるが、2番手のアーモンドアイは更にそれを上回る脚を魅せる。

ホント、ワンダーホースだな、こいつ。

ゴール後、時計に目をやると「2:20.6」

は?なにそれ?ちょっと・・・脚、大丈夫か?
 
 
 
 
なんともないようだ。
この後の疲れが心配だけど、今日はこの圧倒的な凄さにしばらく酔いしれていよう。

友人が「ウオッカとダイワスカーレットの天皇賞秋に並ぶ感動的なレースだな」と呟く。

うん、異議なし。まったくだ。ホント凄い馬が現れたもんだ。来年が楽しみだよ。。。
 
 

 

後から何度も何度もリプレイを見ても、やっぱり凄いな~と。

単純にレース結果を見ると向こう正面の中ほどで1,2,3番手にいた馬が1~3着になるいわゆる「行った行った」のレースなのに。

「行った行った」ってつまらないレースの代名詞のように使われることが多いのに、そんなレースでみんながこんなに凄いとか感動したとか言うんだからアーモンドアイっていうのはいったい何者なんだ?

今年の年度代表馬はもうこれで確定。

1枠1番の枠順が決まったときにJRAもスターホースを誕生させるのに必死だなと思ったりもしたけど、やっぱ可愛いは正義だし、可愛くてい圧倒的に強いんだからこれはもう大正義だなと。

来年の秋、ロンシャンでアーモンドアイとエネイブルが対戦するのを我々ファンは楽しみに待とう。

それまで自分たちも頑張ろう、うん。

そんなことをしみじみと。
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA