京都芝外回り


 
 
エリザベス女王杯、逃げ粘るクロコスミアを見ていて、あ~、オースミハルカみたいだなあ・・・と思った。

最初に2着した年は2番手からの競馬、2度目の2着の年には自らの逃げ。戦法まで同じだ。今年はクロコスミアが逃げるかもしれないとは思いながら、オースミハルカと同じパターンになるかもしれないということにはどうして思い至らなかったのか。
ま、枠の並びを見てプリメラアスールが先手取るかもと思っちゃったからなあ。

でも、クロコスミアが逃げる可能性をちゃんと考えていたら、クロコスミアからの馬券にすることもできたはずなのに。これはしっかり反省しておこう。

と言いながら、レース前にはなかなかそういうことには気づかないんだよなあ・・・
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
京都芝外回りの2200~2400mは人気薄や意外な馬の逃げには要注意、というのは穴馬券を狙いたい自分の中ではかなり強力なセオリーだ。

エリザベス女王杯のクロコスミアはもちろんそうだし、2009年の同レース・クイーンスプマンテとテイエムプリキュア、2014年京都記念のデスペラードに2009年日経新春杯のテイエムプリキュアもそうだ。

京都芝外回りは3コーナー頂上からの下りで勢いをつけてくれば直線が平坦であるがために先行馬が残りやすいということだろう。直線の距離が長く仕掛けが遅くなりやすいのもその要因の一つかもしれない。

ならば今週のマイルチャンピオンシップも外回りコース、同じような傾向はあるんじゃないかと思うのだが、あくまで個人的な印象だが1600mとなると不思議とそういうイメージはない。

おそらくマイルという距離が中長距離とは違って、テンからある程度のスピードでレースが進むし、人気にならないような(=能力が低いと思われる)逃げ馬ではよほど楽に逃げられないと最後に脚をなくしてしまうということなのだろう。
 
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
今年の登録メンバーにはこれといった逃げ馬という存在はない。

アエロリットが前走毎日王冠を逃げて勝っているが、2~3番手からでも競馬はできるタイプだし、アルアインやロジクライも先行タイプではあるが逃げにこだわるという脚質ではない。

これならあまり早いペースにはならないか、と一瞬思うがアエロリットやアルアインといったGⅠ馬が先行するんだからそうそう楽なペースにもならないだろう。

なので意外な馬、人気薄の馬が逃げたとしてもエリザベス女王杯のように逃げ残り、というのは難しいんだろうな・・・と今のところは思っている。

グァンチャーレ、除外対象だけどもし出走できたら人気もないだろうし、場合によっては逃げることもあるかもしれないし、京都は得意だし面白いかもと思っていたが、こうやって冷静に考えるとやっぱりちょっと厳しいんだろうな。

そもそも2頭回避しないと出走もできないけどw
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA