あれこれ


 
 
メルボルンC、軸に取った2頭、ヤングスターとロストロポーヴィチは6着、5着。それぞれ8番人気、11番人気だったので人気以上には走ってくれているが完敗だった。
なかなか当たらないねえ・・・

ちなみにJRAのメルボルンCの馬券売り上げは3億4,293万円とワースト2位の数字だとか。先月のコーフィールドC(2億4,206万円)は上回ったものの、2016年の6億9,737万円を大幅に下回る結果。

2016年の時は海外競馬の馬券が買えるのが凱旋門賞に続いての2回目という物珍しさもあっただろうか。
平日昼間の開催という条件は2016年と同じだし、日本馬への期待度という点でもそう大きな違いはないと思うので、単純に海外馬券にも慣れてきて日本馬がそれほど期待もできないようなら関心もそんなに持たれないということなのか。

いや、ジェニアルが取り消した今年のジャックルマロワ賞は6.5億円の売り上げだったし、エピカリスが出走取消となった昨年のベルモントSの売り上げも5億円は超えていた。

やはり平日ということが大きな要因か。

エネイブルとかウインクスみたいな有名馬が出走していたり、日本馬がもっと期待できるような存在だったら馬券ももう少し売れたのだろうか。

その辺のことを考えると、日本馬が出ていなくてもGⅠの海外馬券くらい買えればいいのになと思う自分のような人の願いが叶うということは当分なさそうだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
道交法違反で逮捕された角居勝彦調教師と競争距離錯誤で騎乗停止中の山田敬士騎手の処分が決定されたと発表があった。

角居調教師は2019年1月6日までの調教停止、山田騎手は2019年1月13日までの騎乗停止。

角居調教師は思ったよりも軽い処分になったような気がする。自ら2021年に調教師を引退すると発表してからそれほど間もない時に起きた事件だったので、もしかしたらこのまま引退になってしまうのかと思っていたが・・・

本人からしっかりと反省をして復帰後は懸命に調教師の職務を全うするというコメントが出ていた。能力、実績ともにある人。しっかり残りの調教師としての仕事をやってほしいし、ずっと取り組んでいるサンクスホースプロジェクトも素晴らしい取り組みだと思うのでがんばってほしい。

山田騎手は・・・まあ、しっかり反省してこの経験を糧にがんばれとしか。。。
でも、あの距離錯誤、いったいどういう精神状態だったのか。
特に馬券を買っていたわけでもないが、本人の謝罪コメントくらいどこか発表するメディアがあっても良さそうだとは思う。という内容のやり取りをtwitterのフォロワーさんとしていた。
ホント、どうしてそんな間違いをしてしまったのかね?
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
2歳出資馬のマイタイムオブデイ(牝、父Australia、松永幹夫厩舎)が先週の9月2日、トレセンに入厩した。

まずはゲート試験、それをクリアすればいよいよデビューか。

父Australiaは英ダービー、愛ダービー、英インターナショナルSのGⅠ・3勝を含む8戦5勝、その母ウィジャボードはジャパンカップにも2度出走し3着、5着と好走した日本でもお馴染みの血統。

マイタイムオブデイの母ラックビーアレディトゥナイトは未勝利だが、四代母ローズオブジェリコからは英国ダービー、愛チャンピオンSなどを勝ったドクターデヴィアスや日本で高松宮杯を勝ったシンコウキングが出ている。

血統的には芝の中距離くらいでデビューだろうかなどと想像しているが、どこを使ってくるのだろう?

デビューが12月の阪神だとするなら1日目の芝1600mか2日目の芝2000mか。あるいは4日目の1800mか。もしかしたら6日目の牝馬限定の芝1400mか。
今のところまったくわからないw

どんなレースしてくれるんだろうか。がんばってほしいね。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA