ゴールドアクター、ヴェロニカグレース、UMACA、スマッピー


 
 
ゴールドアクターはこの秋オールカマーから始動するらしい。既に帰厩もしていて時計も出しているようだ。
体調はどのくらい戻っているのだろう?
得意の中山だし、体調さえ戻っていれば無様な競馬はしないと思うが、今年の春の状態を考えると果たしてどこまで、とも思うし。
人気はないだろうから、戻っていれば馬券は買い頃なのだが。

ただオールカマーにはレイデオロ、アルアイン、ダンビュライト、ガンコといったメンバーが出走予定なので相手もなかなか手強いし、なんとか有馬記念に繋がる競馬をしてくれれば。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
今週の出走も確定してヴェロニカグレースは日曜新潟9R五頭連峰特別に出走。芝外回り1600m。登録から1頭減って出走馬10頭と頭数は少ないが相手はなかなか手強い。

特に前走で1000万を勝っているエイシンスレイマン、同じく前走1000万を2着しているのがリカビトス、マサノヒロイン、3着しているエルビッシュといったところが強敵か。

ヴェロニカグレースは唯一の3歳牝馬、ただ1頭52kgという軽量で出走できるのは強みだが、この軽量を活かしてどこまで食い込めるか。
新潟外回りのマイル、1000万クラスを勝ち切るなら良馬場ならば少なくとも上がり32秒台の脚を求められそう。果たしてそんな脚が使えるのか。それとも台風の影響で道悪が残って意外な消耗戦になったりするか。

出走メンバーを見るとサバイバルポケットの単騎逃げになりそうなメンバーだし、思い切ってヴェロニカグレースも前に行ってどこまで粘れるか、そんなレースをしてもいいのかもしれない。
津村には4走前(500万下でオーケンムーンの2着)の雪辱を果たしてほしいところ。

帰厩前には馬体重も前走より10kgほど増えていたようだし、成長した姿を見せてくれることを楽しみにしたい。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
9月22日からUMACA投票とかいうサービスが始まるようだが、これ使う人いるのだろうか・・・
キャッシュレス、おしゃれでカッコいいのかもしれないけどギャンブルに馴染むだろうか?

ま、こう思ってしまう自分の感覚が古いと言われれば、そうですか、失礼しましたとしか言えないのであるが。
実際、ギャンブルとして馬券を買うのじゃなく、応援のために買ってる人も自分が思ってるよりも圧倒的に多いのかもしれないしな。
でも自分の周りの人はみんなギャンブルとして馬券を買ってる人ばかりに思えるのだが。

先週、スマッピーというのを使って馬券を買ってみたが、率直な感想としてはマークカードでいいんじゃなかろうかと思ったしw

というのも、QR作成履歴が見られるというからPATで購入した時のようにClub A-PATみたいなので的中率とか回収率とか競馬場ごとの馬券成績とかそういうのが見られるのかと思ったのだが、作成履歴じたいは馬券発売時間中にしか見られないし、それじゃあまり意味がないなあ・・と。

いろいろと便利(そうな)仕組みが整うのは悪いことではないと思うが、そういったシステムの開発にも費用は掛かるだろうし、スマッピーにしろUMACAにしろ投資効果は如何ほどのものなのだろうか、などと考えてしまう。

ま、JRAのそうしたいろいろな投資の効果について疑問を感じてしまうのは今に始まったことではないが・・・
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA