シルクの今年の出資馬が決まった


 
 
今日はシルク第一次募集終了後のインターネット募集開始日。
電話などによる一般募集は明日からなので既存会員が一日だけ早く申し込みできる。

というわけで午前10時、さっそくシルクのサイトにアクセス、が案の定アクセス集中でなかなか募集ページが表示されずw

それでも15分程度でアクセスできて、事前に考えていた2頭をポチる。

最終的にサンドミエシュ、ヒカルアマランサス、ベッライリスの3頭に絞っていたが、予算の都合上サンドミエシュは見送り、ヒカルアマランサスとベッライリスの2頭に申し込みを完了。

これで2017年産も牡牝各1頭に出資、最初に出資したヴェロニカグレースから3世代で都合5頭への出資となる。

いや、一口ってほんとにハマるんだなw
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
願わくば、、、
今回の第一次募集で申し込みをしたウインフロレゾンやレスペランス、はたまた今日残念ながら見送ったサンドミエシュよりもヒカルアマランサスやベッライリスのほうが走ってくれることを祈る。

ジュピターズライトに申し込みをした時も最初はキーオブライフの16に申し込んで抽選でハズれて、一般募集で残口のあったサトノジュピターの16=ジュピターズライトに申し込み、さらに少し時間をおいてまだ残口のあったラックビーアレディトゥナイトの16=マイタイムオブデイに申し込んだのだった。

2016年産の自分が選んだ3頭はまだデビューしていないが、はたしてジュピターズライトやマイタイムオブデイはヴィクトリーキー(=キーオブライフの16)よりも走ってくれるだろうか。

ちなみにジュピターズライト、マイタイムオブデイはまだノーザンファーム早来にいるが、ヴィクトリーキーはすでにゲート試験に合格していったん放牧に出ているようだ。

できればシルクのどの馬も勝ち上がってくれるとみんなハッピーだが、そう簡単にはいかないのが競馬だし。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ヴェロニカグレースは先週入厩して、日曜日には時計を出していた。

美浦・南Wで調教師が乗り強めに追われて52.4-38.1-12.6の時計。2歳未勝利のマロリンを2.8秒追走して併入。

帰厩後の最初の時計としては前走時よりもしっかりと時計が出ているように思う。天栄で十分に乗り込まれていた感じがよく出ている。

来週の五頭連峰特別まで今週、来週と追われてすぐに態勢は整うという雰囲気。

新潟外回りの長い直線でどんなレースをしてくれるだろうか。勝ってくれると嬉しいのだが・・・
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA