キャロットクラブの募集馬リストを見ていた


 
 
キャロットクラブの今年の募集予定馬一覧をぼんやりと眺めていた。

母馬の名前を見てるだけでもさすがのラインナップ、これも抽選でなかなか思ったのには出資できないんだろうなあ、などと考えていたら目に付いたのがジャッキーテーストの2017。

父スクリーンヒーロー、母父カーネギー。

ふむ、モーリスと同じパターンじゃないか。

で、詳しく見てみると、

ジャッキーテーストの2017

モーリス

*画像はJBIS Searchの架空血統表から。画像をクリックするとJBISのサイトに飛びます。

母の血統がジャッキーテーストの2017はアイルランド産でその母はフランス産というヨーロッパ牝系。
一方、モーリスはオールドファンが涙して喜ぶメジロボサツへと遡るバリバリの日本の古い牝系だ。

スクリーンヒーロー産駒は、今のところ母父が日本ではあまり活躍馬のいない地味な血統のほうが目立っている印象。
なにしろモーリス以外のスクリーンヒーロー産駒の重賞勝ち馬は、ゴールドアクターの母父がキョウワアリシバ、グァンチャーレはディアブロ、ミュゼエイリアンはエルコンドルパサー、トラストはエイシンサンディ、ジェネラーレウーノはロックオブジブラルタルだ。
(というかこれまで相手の繁殖牝馬がそういうタイプばかりだったわけだがw)

カーネギー産駒というと菊花賞でデルタブルースの2着したホオキパウェーブくらいしか思いつかないし、日本ではあまり活躍馬を出すことはなかった。まさにスクリーンヒーローが出す活躍馬の母父としてはうってつけの存在と言っていい(意味不明w

そしてジャッキーテーストの2017とモーリスはともに母父カーネギーで、母母がヨーロッパ牝系か日本古来の牝系かという違い。はたしてこの差がどんなふうに産駒の特徴に違いを現すのか、興味津々だ。

出資するクラブを増やすつもりはないが、思わずキャロットクラブの今年のカタログを取り寄せたくなる。取り寄せないけど・・・。

今年キャロットの募集予定馬は86頭のようだがスクリーンヒーロー産駒はこの1頭だけだ。募集価格はどのくらいなのだろうか。場合によっては出資を考えなくもないぞ。

いやいや、そんなに出資馬を増やす余裕はない。ここはじっと我慢、我慢。。。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
キャロット、シルク以外のクラブでは今年の募集馬ではどんなスクリーンヒーロー産駒がいるだろうかと気になって探してみた。

◎ウインレーシング
グレートキャティの17(母父サクラユタカオー)
コウエイソフィアの17(母父フォーティナイナー)
コスモクリスタルの17(母父マイネルラヴ)満口
フリーヴァケイションの17(母父フライソーフリー)

◎ユニオンオーナーズ
ビューティーコンテストの17(母父Singspiel)

◎ラフィアンターフマン
マイネアルナイルの17(母父ロージズインメイ)
マイネエレーナの17(母父ロージズインメイ)
マイネショコラーデの17(母父ロージズインメイ)
マイネヒメルの17(母父ロージズインメイ)
マイネボヌールの17(母父ロージズインメイ)
マイネアクティースの17(母父タマモクロス)
マイネエスポワールの17(母父アグネスデジタル)
マイネソーサリスの17(母父ブライアンズタイム)
マイネソルシエールの17(母父ロージズインメイ)
コスモバルバラの17(母父ロージズインメイ)

◎ニューワールドレーシング
リリアンタイム2017(母父ブライアンズタイム)

◎社台サラブレッド
ウイングドウィールの17(母父シンボリクリスエス)満口
ウォートルベリーの17(母父Starborough)
アイアムルビーの17(母父Saint Liam)

すべてのクラブを見たわけではないがざっとこんなところか。。。

ラフィアンがスクリーンヒーロー産駒やけに多い

昔、岡田総帥はBS11の競馬中継でスクリーンヒーロー産駒は筋肉が重くて、軽さや繊細な運動神経はない、とか言ってたんだけどなw
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
モーリスが最初にGⅠを勝ったのが2015年。ゴールドアクターもこの年の有馬記念を勝利。

なのでスクリーンヒーローの種付け料もあがり、相手の繁殖牝馬のレベルがグッと上がったのは2016年から。
それまでは種付け料もそれほど高くなかったし、正直なところ繁殖牝馬の質はそれほど高いものではなかった。

今年2歳の2017年産の産駒からは繁殖の質も上がってきたし、これ以降の産駒の活躍がスクリーンヒーローの種牡馬としての本当の価値を決めてくるという気はする。

モーリス、ゴールドアクター以降、GⅠレベルで活躍している産駒が見当たらず、今年になってようやくジェネラーレウーノが皐月賞で3着した程度。

そのせいか一時よりもスクリーンヒーロー産駒への期待感が落ち着いている感じはする。だからこそ逆に今がスクリーンヒーロー産駒に一口で出資するいいチャンスなのかも、などと妄想してしまったりもするのだが。

う~ん、だったらシルクでサダムグランジュテの17に抽優馬で申込みしておけばよかったか。抽優馬の申込み口数が77しかなかったから確実に取れてたんだよな。。。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA