安田記念、今年も難解だ・・・


 
ダービーの余韻に浸っている間にもう木曜日だ。
単複で応援したジェネラーレウーノは惨敗したが、福永がついにダービージョッキーになるというなんとも良いダービーだった。
金子真人オーナーはキングカメハメハ、ディープインパクト、マカヒキ、ワグネリアンでダービー4勝目か。凄い人だ。。。

などとダービーの余韻に浸っていたらもう木曜日だ。
安田記念の出走馬も確定している。去年はグレーターロンドンの単勝で挑んで残念ながらの4着だった。

今年は4頭も登録があった藤沢和雄厩舎だが、結局サトノアレス1頭だけの出走となり除外馬はなし。
連闘も厭わず出走を確実なものにしようとして先週の安土城Sを使った出走順位19位のモズアスコットも出走できることになった。

前走OP特別からの連闘で安田記念を勝てば1989年のバンブーメモリー以来の記録になるらしいが果たしてどうか。
平成最初の安田記念を連闘馬が勝っているので、平成最後の安田記念も連闘馬に締めくくってもらうというのもなんだか因縁めいていて面白いじゃないか。
それほど人気にもならないだろうし・・・
 
 
【スポンサーリンク】



 
それほど先行馬が揃っているというわけでもなくアエロリットかウインガニオンあたりがハナを伺うという感じだろうか。
例年あまり緩いペースにはならない安田記念だが早いペースになるようなイメージの沸かないメンバー、先週の東京競馬場芝コースの状態を見てもあまり後方に構えるようでは厳しい戦いになるような気はする。

しかし隊列がさほど縦長にならずに馬群一団で進むようなら後方に構える馬にも一瞬のキレで差し切るということもあるだろうし、なんとも悩ましい。

マイルのGⅠであまり緩いペースというのはおもしろくないなと個人的には思ってしまうが、こればかりは出走メンバーと騎手の駆け引きだから如何ともしがたい。

願わくば底力勝負の迫力あるレースが観られるといいのだが。
 
 
【スポンサーリンク】



 
おそらくスワーヴリチャードが人気になるのだろうが、初めてのマイルというのは気になるし、さりとて左回りでは連対を外していないことを考えると軽視もしづらい。

ステップレースであるはずの京王杯SC組やマイラーズC組がそれほど信頼が置けないレースであるというのも予想を難解なものにしている。
なにしろ3連単が発売されて以降の13回中10回が10万円超の配当になっているレースだから大振りしたくもなるというものだ。

とりあえず前走で上がり1位の脚を使っている馬は買い目には入れたいと考えている。
サトノアレス、サングレーザー、ヒーズインラブ、ペルシアンナイト、モズアスコット、リスグラシュー、レッドファルクス。

7頭ボックスの3連複でもいいだろうか。
できれば1頭軸を決めてそこからの流し馬券でスワーヴリチャードも拾っておきたいところだが。

そして外国馬のウエスタンエクスプレスという昔日本に来たことのある馬によく似た名前の外国馬はどう扱えばいいのか。
ん~、悩ましい(喜んでいるw
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA