2強に割って入るのはディープインパクト産駒か


 
さて今週はオークス。
一時はヴェロニカグレースも出走するんじゃないかと夢を見ていたのが遠い昔のようだw

そのヴェロニカグレースと同じシルクレースホースのアーモンドアイが一番人気になりそうだが、はたしてどんなレースになるだろうか。

例年オークスはみんな2400mという距離を意識して極端なスローペースになる。
そのため直線に入ってからの瞬発力比べになるケースが多く近5年の馬券圏内の15頭のうち半数近くの7頭がディープインパクト産駒だ。

過去5年のディープインパクト産駒の出走頭数と馬券圏内頭数は以下の通り。


※クリック、タップで拡大
 
4頭以上出走した年は2頭が馬券圏内に。オークスという舞台はディープインパクト産駒には向いている舞台なのだろう。

今年は登録馬には7頭のディープインパクト産駒がいる。いずれも出走馬決定順では出走可能な状況。そうなるとやはり無視するというわけにはいかないだろう。
 
 
【スポンサーリンク】



 
人気のアーモンドアイ、ラッキーライラックは世代の中では相当強いと思うし、そうなると人気2頭からの相手にディープインパクト産駒を何頭かピックアップして3連系馬券で勝負というのが馬券的にはまっとうな臨み方だろうか。

人気2頭はさておき、ディープ産駒の中から選ぶとすればサトノワルキューレ、マウレア、オールフォーラブあたり。手を広げてもトーセンブレスくらいまで。
これではなんだからしくない極めて堅い馬券になってしまいそうだが。
 

それとも昨年ディープ産駒が馬券にならなかった流れを受けて、今年もディープ産駒は健闘するも圏外という結果に賭ける馬券で勝負するか。

そういう狙いならリリーノーブル、ランドネ、ロサグラウカといったところか。それでもリリーノーブルで決まったら桜花賞と同じ3頭でこれまた堅い決着だがw

【スポンサーリンク】



 
 
アーモンドアイ、ラッキーライラックの2頭にサトノワルキューレかリリーノーブルの3頭で決まったらオッズ的には相当つまらない。
かといって3歳牝馬のレースでガチガチの一点or二点で勝負するのもどうかと思うし。悩ましいところではある。

どれか見落としている穴馬はいないだろうか・・・

展開的にはおそらくサヤカチャンがハナを切って1頭大逃げ、離れた2番手集団にトウホウアルテミス、ランドネ、ロサグラウカあたりがいてその後ろにラッキーライラック、アーモンドアイは中団より後ろに位置するような隊列だろう。

3コーナーあたりからサヤカチャンのスピードが鈍って後続が差を詰めていく流れ、各馬それぞれ手応えは十分なまま4コーナーから直線へ。

東京の長い直線で末脚比べなのであまり位置取りにとらわれることはないと思うが、穴党として期待したいのは思いのほか縦長の隊列になること。
先頭、2~3番手がポツポツと離れて進んで、それでいて全体がスローな流れ。そうなれば前にいる馬が有利になるから意外な先行馬が逃げ残りというケースも考えられる。
それに賭けてヒモ穴としてランドネ、トウホウアルテミス、ロサグラウカあたりに期待してみようか。

どんな枠順になるだろうか。枠順と並び次第では2強や有力3番手候補に割って入る穴馬が登場するんじゃないだろうか。
それでもアーモンドアイ、ラッキーライラックの2頭が馬券圏外に消えるとういのは想像しがたく、3頭目に人気薄の台頭というケースでなんとか好配当をゲットできないかと今の段階では妄想している。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA