高松宮記念の検討


 
週末は晴れて気温も上がりそうだが週中の雨の影響がどのくらい残るだろうか。
土日ともレースを観てからじゃないと馬場についてはあまり検討できなさそうな感じではある。

なので現段階では馬場についてはあまり考慮せずに検討しておきたい。

中京競馬場が改修されてからの芝1200mは逃げ馬にはなかなか厳しいコースになっている。
あのハクサンムーンでも高松宮記念では4歳時に逃げて3着、ただしこの時はまだ強さが認められておらず10番人気とまったくマークされない存在だったにもかかわらずだ。
6歳時にはエアロヴェロシティの2着になっているが、この時は番手からの競馬だった。

スプリント戦ではあるがスピードよりもけっこうスタミナが問われるコースなのは、3角手前から下りが続いて中間のラップタイムがあまり落ちないのと、直線の急坂のせいなのだろう。

その点を考えればステップとしては京都のシルクロードSよりも、1400mの阪急杯または中山のオーシャンSから向かうほうが良いのではないかと考えている。

なので阪急杯勝ちのダイアナヘイローはトライアル勝ちのわりに人気もなさそうで狙い目じゃないかと思っているのだが、問題は脚質。
うまく番手で先行してくれればよいが、ハナを切ってしまうようだとちょうどいい目標にされてしまうリスクがある。
他のメンバーを見ると行きそうなのはネロ、ナックビーナス、セイウンコウセイ辺りだが何が何でもという主張をするという感じでもないし展開を考えるのはちょっと難儀だ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ただそういうメンバーだからあまり早いペースにはなりそうもなく、人気になるであろうレッドファルクスは直近のレース同様後方からの追い込みに賭ける形だとしたら3着以下に負ける可能性はけっこう高いのではないかとも思える。

ある程度前の位置につけられて坂のあるコースでも止まらないしぶとい脚を持っているタイプとなると、レッツゴードンキ、セイウンコウセイあたりだろうか。

どれが逃げるかがわからないので先行馬の中から1頭軸馬を決めるというのが難しく、馬券は3連複フォーメーションで1列目に軸候補の先行馬2~3頭を選び、2,3列目に有力馬穴馬を拾う、そんなパターンの馬券になりそうな高松宮記念だ。

できれば人気のレッドファルクスはあくまで押さえに回して、キングハート、ダイアナヘイロー、ナックビーナスあたりのどれかを軸に馬連流しという形にしたいのだが、まだなかなか決めきれないところだ。

候補としては
軸 :ダイアナヘイロー、ナックビーナス
相手:セイウンコウセイ、ファインニードル、レッツゴードンキ、レッドファルクス
穴 :キングハート、ネロ、レーヌミノル

という感じで考えていて、あとはここからどの馬を切っていくかという作業になる。
どうせ穴から入るので軸をきっちり1頭に絞れれば相手8頭の馬連でもいいのだが果たして決めきれるだろうか。

なかなか悩ましいところだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA