フラワーC、ファルコンS(2018) 予想


 
フラワーCは実績なら札幌2歳S勝ちのロックディスタウン、次いで1勝馬ながらGⅠ阪神JFで後方から追い込み4着のトーセンブレスか。

次いで500万勝ちのメサルティムとノームコア。
1勝馬ではエルフィンS2着のノーブルカリナンがややリードか。カンタービレも未勝利を勝ったばかりだが1800mに距離を伸ばして2着を0.5秒差下しての勝ちっぷりとディープインパクト産駒、鞍上ミルコ・デムーロで上位に支持されそう。

本命にはこの中ではあまり人気のなさそうなノームコアに狙いをつけている。
2戦2勝、メンバー唯一の無敗馬だが半年の休み明けが嫌われているのだろうか、予想オッズでは5番人気の評価。
2勝目のアスター賞は外枠からすっと前に取り付き2番手での競馬、上がりタイム3位の33.7で着差以上に楽に勝ったように見えた。
狙うなら今回じゃないだろうか。

逃げるのはモルフェオルフェだろうが能力的には一枚劣ると見えるし、逃げ馬がはっきりしているだけにペースもそうは上がるまい。
上位人気馬が中団から後ろでけん制しあっている間に、内から番手につけてアスター賞の時と同じように好位からしぶとく伸びることを期待する。

相手にはトーセンブレスを筆頭にファストライフ、ノーブルカリナン、メサルティム、カンタービレ、ウスベニノキミ、最後にロックディスタウンを押さえ。
馬連、3連複流しで。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ファルコンSはアンブロジオ本命で。

特にこれといった逃げ馬はいないが、前走小倉の芝1200を逃げ切ったモズスーパーフレアが内枠でもあるし逃げるだろうか。
各馬のこれまでの位置取りを見ると、それほどペースが上がるようなメンバーにも思えず、ある程度は好位で競馬ができて終いもしっかり伸び続けられるタイプを探したい。
一瞬のキレよりも好位からしぶとく伸びる脚ならば人気のダノンスマッシュよりも、アンブロジオのほうが良いように思う。

相手にはやはり好位から伸びるテンクウを筆頭に、フロンティア、ダノンスマッシュ、ムスコローソまで。
こちらは相手4頭の馬連流しで。3連系だと1頭とんでもない人気薄が飛び込んできそうな気がするので馬連でひっそりと(笑)
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA