阪急杯、中山記念(2018) 回顧


 
中山記念はサクラアンプルール本命、阪急杯はヒルノデイバロー本命で少しだけ馬券を買った。

サクラアンプルールは4着、ヒルノデイバローはブービーの17着w

サクラアンプルールの4着はともかく、ヒルノデイバローの17着はいただけない。無理な狙いにも程があろうというものだ。やや出負け気味だったというのはあるが、それにしても負け過ぎだろう。いったい何を考えて予想をしていたのか。我ながら意味が分からない。
 

普通に考えたら中心はモズアスコットかレッドファルクス。負担重量と位置取りを考えるとモズアスコットに軍配が上がるが開幕週で外枠はどうなのか。
一方レッドファルクスは後方からの追い込み一辺倒。これも開幕週では勝ち切るまでは想像しにくい。
3番人気のカラクレナイが阪神の芝1400mは2戦2勝、父ローエングリンの母カーリングというのもちょうどオリンピックで日本が銅メダルを取ったところで盛り上がってるし、なかなかいいんじゃないかとも思った。しかしこちらも外枠からでは後方からのレースになりそうでどうも軸には推しにくい。

ならば軸は思い切った人気薄からワイドで遊ぶのがおもしろいんじゃないか、そう考えた。

候補に考えたのはニシノフラッシュ、ミッキーラブソング、ムーンクレスト、ヒルノデイバローの4頭。
枠順と脚質でいいと思うのはニシノラッシュだが準オープンからの昇級初戦で別定GⅢではちょっと厳しい。ミッキーラブソングは位置取りが心配、
残った4枠の2頭、ムーンクレストとヒルノデイバローのどちらにするかという段階で前々走のスワンS2着が光った。
この時と同じようにうまく先行できれば逃げ残りが期待できないか。ありがたいことに人気は9番人気、ワイド流しでもそこそこの期待値だ。

結果、ニシノ4着、ミッキー14着、ムーン13着、ヒルノ17着だからどうしたって的中しようがない予想だったのだが、このとき何故ダイアナヘイローも候補に取り上げられなかったのか。

近2走は2桁着順だが前走は道中ずっと引っ掛かっていたし、前々走はスプリンターズS。こういう逃げ先行タイプは負けるときは大敗は珍しくないのに、全然軸候補には考えることができなかった。

18頭立てということもあって、全出走馬を丁寧に見ることができていなかったのが原因に思える。雑な予想で的中できるほど競馬は簡単ではない。
 
 

中山記念はもう少し厳しい流れになると思ったのだが、終わってみれば4角1~3番手が1~3着。

決して緩い流れではなかったがいわゆる後続がなし崩しに脚を使わされるミドルペース。

こういう展開だとウインブライトは能力を十分に発揮できるし、中山の芝1800mというのはそういう展開になりやすいコースということなのだろう。

マルターズアポジーが逃げてテンの3Fが36.2で1000m通過が59.2。
公式ラップの2F~5F目の11.7 – 11.7 – 11.5 – 11.5という辺りは善臣先生絶好調じゃないかという運びに思える。
そんな流れで番手につけているのが横山ノリ。
松岡は4番手追走から3角過ぎから早めに押し上げてよく押し切ったなと感心するくらいだ。この馬のことはホントに手の内に入れているということだろう。

こんな流れで蛯名・サクラアンプルールはよく頑張ったように思う。4着も仕方なし。

スタートでマイネルハニーが出負けした時点で自分の予想は終わっていたということだ。これは納得のハズレ。もう一度予想してもサクラアンプルールから入るしだろうし、マイネルハニーがちゃんと出てくれていればもっと違った結果になったはず。

逃げ先行馬が出負けするところまで予想しないといけないんだからホントに競馬は難しい。
なんでこんなに難しいことをずっとやっているのかと思うが、それでも惹きつけられるんだから競馬は素晴らしい。
(完全に負け惜しみw
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA