ホープフルS(2017) 予想

ホープフルS

難しい。まだ各馬の脚質もはっきりしてないし、力関係もよくわからないメンバー。

信仰上自分はルーカス本命しかあり得ないが、真剣に検討すると本命候補は簡単には絞れない。

中山の芝2000mなのに有力どころが揃って外目の枠というのも悩ませる。
こうなると内枠のトラインや、中京で上がり33秒台を使っているステイフーリッシュといった1戦1勝馬にもチャンスが十分にありそうに思える。

ただどの馬もスローの上がり勝負のレースで勝ち上がってきているものの、逃げ・先行でレースを経験してきているのが多いので、中山内回りでもあるし前掛かりの消耗戦になりそうな気はする。

そうなるとどれだ?という話になるんだが、そういうレースを経験してきているのが見当たらないのでそうなると血統に頼るしかないのだろうかと思ったりする。

そんな流れに向いてるのはどの馬?ステイゴールドとかがいいのかな?よくわからんw

2歳重賞でいつも気にする各馬初勝利時のTARGETの指数を見ると、最も高い数字はタイムフライヤーの79、次が77で5頭、76も5頭、75が4頭で、最も低い74が2頭。
正直これでは絞れない。
それにこれを予想の拠りどころにしてしまうと、ルーカスが75と凡庸な数字になってしまってとても本命にはできないwww
 

とりあえず自分はルーカスから入るし、馬連の前売りオッズを見ると一番人気でも10倍くらいはつきそうなので相手手広く流してみようかと考えている。

10-7,5,8,9,11,15,17,13くらい。

相手で中心視しているのはタイムフライヤー、トライン、シャルルマーニュ。
本当はナスノシンフォニーが一番気になるし、それが相手だと万馬券になりそうなので期待もしてるのだが、いかんせん大外枠というのが。。。

応援の単勝馬券と馬連で流すことになりそう。
こんなに相手が絞れないと3連複はちょっと買いにくい、と言いながら現地でオッズに誘惑されて買ってしまうかもしれないがw
 
 
 

 
 
 
 
ヤングジョッキーズシリーズのファイナルラウンドは大井競馬場での1日目が終わってトップは臼井健太郎34p、2位が保園翔也32p、3位が中越琉世27pと地方騎手が上位。
 
JRAでは岩崎翼が21pで5位につけている。
 
 
個人的に注目している荻野極は9pの9位、注目の藤田菜七子は3pで12位と厳しい位置にいる。
 
 
明日はこちらのレースも注目で中山では荻野極がいい馬が揃った印象なのだが果たしてどうだろうか。
 
こちらも楽しみだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA