ヴェロニカグレースの次走はどのレースか


 
ヴェロニカグレース、シルクの先週の更新では再び週2回坂路コースで14-13の調教を開始したということ。

動きに問題はないものの毛艶が少し落ちているらしい。この時期だから仕方がない面もあるか。
先々週の更新では坂路入りを控えて、トレッドミルと周回コースで軽めのキャンター調整にしているということだったが、坂路入りを再開しているという点で特に脚元などに問題があるというわけではなさそうだ。

年明けの中山開催まではまだ少し時間があるし、ゆっくりと良化を図るということなのだろう。

ところでJRAのレーシングカレンダーで年明けの番組予定が見られるようになったが、1回中山には今年あった寒竹賞(3歳500万芝2000m)がなくなっていた。

そのかわりというか、1月8日(月)に平場の3歳500万芝2000mという番組が組まれている。

武市調教師は年明けの中山、と言っていたのでここが目標ということになるのだろうか。

それともAJCCのある1月21日(日)の若竹賞(3歳500万芝1800m)あたりまで予定を延ばすだろうか。

ゴールドアクターがAJCCで復帰予定ということのようなので個人的にはなんなら若竹賞でもいいな、などと思っている。
そうすれば中山に行くの1回で済むし。中山はちょっと遠いんだよなw

 
 
 
 

 
 
 
 
すんなりヴェロニカグレースが次走を勝ってくれれば余裕を持ったローテーションでオークスへの道も開けそうな気がするが、ここで取りこぼすとその次は1回東京のフリージア賞(500万芝2000m)とか、ゆりかもめ賞(500万芝2400m)なんてことになってくるだろうか。
 
一口馬主としてはもう少しレースを使ってほしいという気もするし(やはり賞金が入ったら嬉しいw)、
一方でクラシック出走を狙うならできればゆったりとしたローテーションで使って何とか出走にこぎ着けてほしいという気もする。少々複雑な心境である。
 
 
ベストは次走を勝ち上がり、その後はフラワーC→フローラS→オークスというローテーションじゃないかと思っているが果たしてそう上手くいくだろうか。
 
 
うっかり3月までにあと2つポンポンっと勝ってしまって桜花賞に出走なんてことになったらどうしよう。阪神競馬場まで遠征することになるだろうか。
 
 
まだただの1勝馬だというのにそんな心配をしてしまうw
こういうのを一口馬主バカとでもいうのだろう。年明けの中山が楽しみだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA