天皇賞・秋(2017) 予想


 
スワンS完敗、アルテミスS本命馬は勝ったものの2着馬抜け、というわけで残念な土曜日の結果。単勝万馬券の馬が2着に突っ込んできてのハズレなので仕方がない、と思ったが展開をしっかり考えられれば押さえられたかもしれない相手だったなあ。
 

気を取り直して天皇賞・秋。
 

ハナを取るのはロードヴァンドールだろうか。
前に行けそうなのは他にも内からネオリアリズム、ディサイファ、キタサンブラックといる。

夜になってからはずっと雨が降っていて馬場は重、もしかすると不良にまで悪化しそうな様相なので先週同様時計の掛かる展開になりそうだ。

となると追い込み一手では厳しい状況なのでどの馬も仕掛けは早くなりそうで、そうすると逆に差しが決まるという形になりそうな気もする。
しかし先行馬も相当に強力なメンツだけに簡単に止まるとも思えず、重馬場ゆえに差し追い込みは後方のまま届かず、というのもごく当たり前に想像できる。

なんとも悩ましい。

本命はネオリアリズムに取った。

逃げる馬を見ながら2~3番手からの競馬になるのではないか。
時計の掛かる馬場なら先行しながらしぶとくメンバー上位の脚も使えるタイプだし、好位から直線早め先頭でそのまま押し切るレースを期待する。

対抗にヤマカツエース。先行馬群を見ながら中団から直線半ばで先頭をうかがう競馬。念願のGI奪取に一番近いレースはここだろう。

3番手にリアルスティール。ヤマカツエース同様国内のGIでリアルスティールに最も適性のあるGIはこのレースだろう。

4番手にグレーターロンドン。心情的にはこの馬が本命だが毎日王冠で上がり1位タイで追い込んではきたものの0.2差は小さいようで大きな差に思える。
その時の勝ち馬・2着馬と今度は同じ斤量で戦うことを考えるとこれ以上重い印は打てない。心の本命馬として4番手の印。

以下、やはり実績に敬意を表してキタサンブラック、堅実に上位に来るステファノス、追い込みの脚は無視できないサトノアラジン、穴でサクラアンプルール。

馬券はネオリアリズムからの馬連流し、ネオリアリズム→ヤマカツエース→リアルスティールの3連複3連単を各1点、それと心情馬券でグレーターロンドンからネオ、ヤマカツ、リアルへの1頭軸3連複流し。
 
 
 

 
 
 
ソウルスターリングはやはり毎日王冠の負け方が気に入らないので、そしてサトノクラウンは調教が良いとは思えないので無印にした。
両馬とも上位に来てもまったく不思議ではないと思うが、サトノクラウンが来たら今後調教映像を予想の要素にいれることはやめることにしよう。そうなるとJRAレーシングビュアーは解約してもいいかもな。
 
 
外枠ではマカヒキやシャケトラも気にはなるが、そこまで手を伸ばしていたら展開的に恵まれるかもしれないロードヴァンドールもこんなに人気がないなら押さえておけ、などと言い出すことになるし収拾がつかなくなる。
 
 
ホントにこいつだけはいらないだろと思えるのがディサイファしかいないので本当は馬券を買ってはいけないレースなのだと思うw
 
それを言い出すとそもそも競馬を諦めた方がいい、という話になってくるのだが。
 
 
あぁ~、ほんと悩ましい(←喜んでるw
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA