東京芝は母系にトニービンを持つディープインパクト産駒

日曜東京メインは共同通信杯。

第1回は東京4歳ステークスという名称で行われ、10戦10勝でダービーを制し、その後破傷風で亡くなったトキノミノル記念の副称を持つ、今も昔もクラシックへの登竜門。

近5年を見ても勝ち馬にはディーマジェスティ、リアルスティール、イスラボニータ、ゴールドシップといったGI馬。

古くはタケシバオー、カブラヤオー、テンポイント、ミスターシービー、アイネスフウジン、ナリタブライアン。。。

GI級勝ち馬が目白押しのレース。いまだにGIIIの格付けというのがよくわかりません。ホープフルステークスがGIになったのに(それ比較するところじゃないw

とは言っても3歳クラシックの勝ち馬がよく出るようになったのは近5年が特に目立つだけ。
それ以前はそれほどクラシックに直結するというイメージはなかった。

配当も比較的固い決着が多いイメージがあったけどよくよく見てみるとそれほどでもない。

過去10年で1~3番人気が揃って飛んだのは1度だけで、10回中6回は上位人気3頭の内2頭は馬券圏内に来ている。
上位人気3頭の内の一角に人気薄が食い込んでまずまずの配当になるというケースが目につく。

穴党としては上位人気3頭の内の1頭を軸に取って、ヒモ荒れを期待するという戦略がいいのかも。
壮大なトリガミになるケースもあるけどそれを覚悟の上で3連複で少々手広く買いたい。


 
 
 

 
 
 
今年の上位人気3頭はムーヴザワールド、スワーヴリチャード、エアウィンザー。
 
自分の好みならスワーヴリチャードを軸にしたいところだけどどうだろう。
 
 
相手に選びたい穴っぽいところではアサギリジョーとハナレイムーン。
一番面白いんじゃないかと思っているのはハナレイムーンなんだけど、きっとクイーンカップに向かうんだろうなあ。。。
 
なぜハナレイムーンが面白いと思うかというと、先週の東京芝コースの血統傾向。
 
母系にトニービンの血を持つディープインパクト産駒が人気よりも好走していたから。
 
まず注目したいのは土曜の新馬戦芝1800mの2着イムノス(7番人気)と3着レーヌジャルダン(8番人気)。
 
このレースには他にもモクレレ、レッドヴィクター、スイーズドリームと3頭のディープインパクト産駒が出走していてこの3頭が上位人気だったんだけど、いずれもトニービンの血は持っておらず、馬券になった人気のなかったディープ産駒2頭は母父トニービンとジャングルポケット。
 
日曜の9R早春ステークスも断然人気のディープインパクト産駒ラヴィエベールを抑えて勝ったのは母父トニービンのディープ産駒ハッピーモーメント。
 
馬場状態が先週と変わらないようならこの傾向は重要視してもいいんじゃないかと。
 
なので母母父にトニービンを持つハナレイムーンには注目。クイーンカップに回ったら本命候補と考えてますがどうなりますか。
 
ただ今週は天気が崩れて雨になるかもという予報が出てるから、それでまた傾向は変わるのかもしれないんですけどねえ・・・
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA