アメリカジョッキークラブカップ(2017) 予想

先行馬はそれなりに揃っているものの、必ずしも逃げないと良さが出ないというタイプは不在のAJCC。

外回りコースでもあるし、意外に落ち着いたペースになりそうなメンバーだと思います。
各馬コースロスを少なめに内に寄せたいからスローのそれでいて縦に長い隊列になるんじゃないかと考えています。

それなら先行して終いもそれなりに早い脚を長く使えるタイプが上位に来るのではないかと。

本命は4歳の上がり馬ミライヘノツバサにしたいと思います。
枠は絶好の最内。ポンと出て逃げるか、ハナを主張する馬がいればそれを行かせて2番手で進めるんじゃないでしょうか。

対抗には休み明けを叩いて上積みを見込めるルミナスウォリアー。
前走は後方4番手から直線だけで2着まで押し上げる好走。カーブの緩やかな外回りなら早めに進出して差し切る場面までありそう。

以下、ゼーヴィント、リアファル、クリールカイザー、シングウィズジョイ、タンタアレグリア、ワンアンドオンリーまで。

ミライヘノツバサからの馬連流しで。
 
 
 

 
 
 
東海ステークスはインカンテーションの復活に賭けたい。
 
相手はアスカノロマン、グレンツェント、ピオネロの3頭を中心に、メイショウウタゲ、カゼノコ、ロワジャルダン、ラストインパクトまで。
 
こちらも馬連流しで。
 
メイショウウタゲとカゼノコの複勝も少し買ってみたいと思っている。
メイショウウタゲは調教絶好、カゼノコはこのコース強いアグネスデジタル産駒で人気のない方だから。
 
当てたいなあ(笑)
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA