凱旋門賞やスプリンターズS以外にも注目レースはあるのです

日曜深夜の凱旋門賞はもちろん楽しみなのですが、日曜朝のオーサムアゲインSが全然競馬メディアに取り上げられないのは何だかなあと思う ふぉんてん です。

カリフォルニアクロームって相当凄い馬だと思いますけどね。

年内一杯で引退するみたいだし、もう少し注目してくれてもいいのに。
 
 
ニコ生で中継放送してくれる人いないかなあ・・・
 
 
 
さて今週もう一つの重賞・シリウスS

9月28日に船橋競馬場で1800mの日本テレビ盃(Jpn2)があり、来週10月4日金沢競馬場で2100mの白山大賞典(Jpn3)があって、なんとも立ち位置が微妙な今週末のシリウスS(G3・2000m)。

1着賞金の額を比べるとシリウスSが3600万円で3レースの中では一番高いのですが、過去の勝ち馬を見るとG1レベルで勝負になるような馬はどちらかというと日本テレビ盃(1着賞金3200万円)を使っているイメージ。

*日本テレビ盃とシリウスSの勝ち馬
 
%e7%84%a1%e9%a1%8c
 
 
まあ、日本テレビ盃はJBCクラシックへのトライアルレースに指定されてますが、シリウスSは違いますしね。
チャンピオンズカップへのステップというにはちょっと時期が早いですし。そちらのトライアルはあとにみやこS、武蔵野Sがありますしね。
 
 

日曜日にはスプリンターズSがあって、夜には国内で初めて馬券が発売される凱旋門賞。
前には日本テレビ盃、後ろには白山大賞典。

こういう番組に囲まれているとシリウスSの注目度が落ちてしまうのも仕方がないところかもしれませんが、そういうところにこそ穴馬券が転がってそうでとても気になりますw
 
 

 
 
阪神・ダート2000mのコース図を見てみると・・・
 
hanshindart2000
 
*JRAのサイトより
 
 
スタートから1コーナーまでは498m。
比較的距離があるのでポジション争いは1コーナーまでに決着はつきやすく、図を見てもわかるように1~2コーナーが小さいのでここでペースは落ち着きやすい。
 
向こう正面から3,4コーナー、そして直線の半ばまで緩やかに長い下りが続くので徐々にスピードも上がりやすく、最後の急坂でスタミナが要求され上がりの掛かる展開になりやすい。
 
ダート戦は基本先行馬が有利、4角では先団に取り付いていたほうが勝てるチャンスは高いものだが、このコースは馬券圏内には中団からの差し馬も絡んできやすいコースと考えたほうが良さそう。
 
 
 
というところを踏まえて出走予定馬を見てみると、、、
 
人気サイドではキョウエイギアなんかは先行してそのまま押し切れる力もありそうだけど、1Fの距離延長がどうかだけどミツバなんかは向きそうだなと思ったりします。
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA