あわやボウズな週末だった

先週は的中が堅い堅いセントウルステークスの馬連で散々な秋競馬のスタートを切ったふぉんてんです。馬券、やめたほうが良いだろうか?(笑)

セントウルステークスの福永騎手、外からスノードラゴンに競りかけられても頑としてハナを譲らない強気の騎乗でした。

らしくないなあと思いましたが(笑)

それだけビッグアーサーに自信があったということなんでしょうね。

本命に取ったネロ、よく差してきましたがなんとか3着馬を交わしての2着、ヒヤヒヤしました。

もし交わしてなかったら先週はボウズだったわけで・・・(^_^;)

京成杯は予想通りピークトラムが先手を取ったもののハナを取るまでにちょっと手間取ったのが響いたのか、ラストのキレ味勝負が向かなかったのか。

同じコースで行われた10レースの木更津特別も差し馬が上位の結果だったので、逃げ先行を本命にしたのは間違いだったかなあと思いましたがそのとおりでした。

前開催終了後にエアレーションやシャタリングなどの作業を行うようになって、開幕週でも差しが決まりやすい傾向はありましたが、それを知っていながら予想に活かせないのはどうもリズムが悪いなあとつくづく。

少し考え方を切り替えないといけませんね。

逆に開催が進むと逃げ先行が有利な馬場に変化してくる傾向もあるようなので、そのへんはしっかりと状態を確認していかないといけないなと思います。

反省の多い週末だった。。。
 
 

 
 
今週は3歳三冠のトライアル、朝日杯セントライト記念にローズステークス。
 
セントライト記念には皐月賞馬ディーマジェスティ、そしてローズステークスにはジュエラーとシンハライトが出走予定。
 
豪華なトライアル2本立て。
 
セントライト記念はダービーの内容を見ると人気でもディーマジェスティ中心で考えるしかないのかなと思いますが、他に京成杯勝ちプロフェット、スプリングS勝ちマウントロブソン、ラジオNIKKEI賞勝ちゼーヴィントが出走予定。
相手にはけっこう悩みそうでヒモ荒れに期待したいところです。
 
 
両レースともクラシック馬の目標はこの先でしょうから、仕上がり状態にも注意はしたいところ。
 
特にシンハライトは小柄な馬体なので本番を見据えての仕上げにならざるを得ないでしょうし、、、
 
 
まあ、楽しみに日曜日を待ちましょう(←馬券辞める気はまったくないw)
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA