キーンランドカップ(2016) 予想

[キーンランドカップ] ブログ村キーワード

キーンランドカップはなかなかいいメンバーになりましたね。馬券的にはたっぷり悩ませてくれます。
能力的にもいいレベルで駒が揃った感じがします。

どの馬から入りましょうか、悩みます。

人気はシュウジ、ブランボヌール、レッツゴードンキ、ソルヴェイグと続きますが他の馬もそれほど能力差があるとは思えないんですよね。

スプリント重賞としてはそれほど流れが速くなりそうもなく、各馬お互いの出方を見ながらといった雰囲気を感じます。

ならば先行してそのまま押し切れそうなタイプを中心に大穴を狙ってみたいと思います。

◎セカンドテーブル
○オメガヴェンデッタ
▲アクティブミノル
×エポワス
△ソルヴェイグ、ナックビーナス、ホッコーサラスター

セカンドテーブルからの馬連、ワイド流しで遊んでみようかと。
 
 

 
 
WASJは武豊とミルコが40ポイントで並んでトップ。
 
チーム対抗ではJRA選抜146ポイントに対してWAS選抜が78ポイント。
 
武豊もミルコも今日の騎乗にAグループの馬の騎乗があるのでかなり有力で今年はJRA選抜がかなり優勢ですね。
 
 
それにしてもこのシリーズのレースになると各騎手とも積極的な動きを見せてくれるので、展開が読みにくく予想は難しいのですが面白いレースが行われて本当に楽しいですね。
 
毎週こんなレースが見られればいいのになあ、と昨日のレースを見ていてつくづく思いました。
 
競馬は馬の能力に大きく左右されるとはいえ、騎手の力量によっても大きく変わるものだということを再確認しています。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA