第65回ラジオNIKKEI賞(2016) 予想

[ラジオNIKKEI賞] ブログ村キーワード

この時期、条件戦は3歳馬と降級馬で馬券を組み立てれば良いと思ってるのに人気に惑わされて人気薄の降級馬を取り逃がしている感が強い ふぉんてん です m(__)m

さっき中京8レースで降級2頭のワンツーで思いっきり残念な外し方をしました(ToT)

さてラジオNIKKEI賞。

昔は残念ダービーなんて言われていたレースですが、今は明らかにクラシック路線を狙う馬とはちょっと違うタイプにこそチャンスがあるレースですね。

小回り福島の芝1800m。

内枠の先行馬が圧倒的に有利。大外に入ってこのレースを勝つにはよほど抜けた力がないと厳しいと思います。

今年のメンバーでは一番に力は上と思われるブラックスピネルが大外の16番。

面白い枠順になりました。

本命は2枠4番ジョルジュサンク。

安定して先行できる脚質にこの枠順は絶好でしょう。
白百合Sでは人気のブラックスピネルには負けたものの着差は0.3。
この枠順の差があれば十分に逆転可能と考えます。

逃げるのはロードヴァンドールが単騎逃げで内からキングハート、ジョルジュサンク、ミライヘノツバサといったあたりが先行、ブラックスピネルも先行脚質ですがこの枠順では中団に構えざるを得ないと思います。

それほどペースが早くなることもなく早くても平均程度の流れ。

好位からしぶとく脚を伸ばすタイプに向くレースになると考えます。

ジョルジュサンクの相手には1枠1番ゼーヴィント、3枠5番のストーミーシーを本線に3枠6番ダイワドレッサー、6枠12番ロードヴァンドール、4枠7番ミライヘノツバサ、7枠13番ピックミータッチ、8枠16番ブラックスピネル。

馬連7点で楽しもうと思います。
 
 

 
 
 
CBC賞はエイシンブルズアイがもっと抜けた人気になるのではないかと思ったらそれほどでもないですね。
 
これなら素直にエイシンブルズアイからでもいいんじゃないかとと思うのですが、短距離戦にしては逃げ馬不在のメンバー。
 
前に行く馬に有利な展開になると考えます。
 
本命は4枠5番ベルカント
 
5枠の2頭ラインスピリット、ラヴァーズポイントを本線に2枠2番エイシンブルズアイ、7枠11番レッドファルクス、3枠3番スノードラゴン、7枠10番シンデレラボーイまで。
 
馬連6点、3連複15点で。
 
 
5枠の2頭は人気薄なので馬券になると嬉しいなあという買い方です。
 
 
当たれ!
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA