メジャーエンブレムに死角はないのか

[桜花賞] ブログ村キーワード

断然人気になると思われるメジャーエンブレムはここまで5戦4勝2着1回。

G1阪神JFを勝ち、今年初戦のクイーンカップは逃げて道中は一度もハロン12秒台に落とすことなく直線では後続を5馬身突き放す強い勝ち方。

相手が弱かったという見方もなきにしもあらずだが、それにしても3歳2月の時点で1:32.5という時計は相当のもの。
翌日のテレビ山梨杯(1000万)が稍重で1:34.5、前週の東京新聞杯が1:34.1だからペースや馬場状態の違いはあるにせよ、素直に評価して良さそう。

新馬戦やアスター賞を見ると逃げにこだわる必要もなさそうだし、先行して自分で動いて押し切るレースで簡単に桜の女王になれそうな気がする。

死角を探すとしたら、、、2着に負けたアルテミスSの時のように大外枠に入って、どの馬も行かずにスローになって仕方がなくハナに行ってしまったようなときか。

登録馬を見ると特に逃げたいという馬もいなさそうなので、そういう可能性も十分にありそう。
メンバーレベルも上がる今回は目標にされるとゴール前で何かに差されるということはあるかもしれない。

チューリップ賞も勝ち時計は1:32.8と優秀なもので上位組を甘く見てはいけないと思うし、フィリーズレビュー組のアットザシーサイドなんかも相手関係を見て確実に権利を取りに行った感じはあるので、メジャーエンブレムが単勝1倍台に支持されるくらい人気が被るようなら馬券的には2~3着に負けた時を想定したほうが面白いとは思う。
 
 

 
 
人気薄の馬がイチかバチかの逃げに出て、ハイペースとなってメジャーエンブレムが坂で止まるという展開を想定したい意見もあり最初は私もそう思っていましたが、メジャーエンブレムにとってはそれはむしろレースをしやすくするんじゃないかと今は思っています。
 
3枠6番という好枠とスピードの違いでクイーンカップは逃げましたが、決して逃げにこだわるタイプではないというのはアスター賞を見れば明らか。
 
行ってくれる馬がいればルメールとしてはむしろ好都合でしょう。
クイーンカップを速いペースで逃げ、持続力で楽々押し切ったことを考えると、逃げ馬を目標にジワジワ脚を伸ばすほうがレースをしやすいのではないかと。
 
 
穴党としてはメジャーエンブレムが外枠になって、コースロスがありながら外から先頭に立ち最後に内から脚を伸ばしてくる馬に差される、というのが馬券的には嬉しいんですけどねえ(笑)
 
 
いずれにしても枠順と馬場状態をみてからになりますが。。。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA