第33回フェブラリーS 回顧

[フェブラリーS(GI)] ブログ村キーワード

遅まきながらフェブラリーSの回顧

自分の馬券はアスカノロマンが3着になんとか差してきてくれたおかげで3連複的中。

しかし、、、馬単と3連単も買っていたので結果トリガミとなりました。う~む。
一番安い組み合わせだったからまあ仕方がないのですが、この組み合わせで決まったらトリガミになると気がついてないところ詰めが甘いですね。反省点。

時計の出る重馬場になってラップは

12.2 – 10.8 – 11.1 – 12.0 – 12.3 – 11.9 – 11.6 – 12.1

テンの3Fが34.1、1000m通過58.4で最終的に1:34.0のレコードタイム。

まるで芝の古馬1000万クラスの時計。
ただ馬場差を考えるとそれほどレベルの高い時計だったというわけでもないような気はします。

午前中の第3R未勝利戦(不良)で1:35.7という時計が出ていますし、その時よりも更に時計の出やすい状態になっていた点を考慮するとレコードですがG1ならこのくらいでも不思議はないかな、と。
(むしろその未勝利戦を勝ったレッドゲルニカが凄いなという印象)

逃げたのは予想に反してコーリンベリー。

モンドクラッセが逃げるんじゃないかと思っていたのですが行き脚がつかず。

コーリンベリーは距離に不安があるだろうから抑えて中団から行くんじゃないかと思っていたのですが、真逆の作戦でやってきました。ホント展開読みって難しいw

もう行けるとこまで行ってどこまで粘れるか、という戦法だったのでしょうか。

ただすんなりハナを取って他馬も特に絡んでいく雰囲気もなかったのでスローになるんじゃないか、とちょっと心配しましたがそんなことはなかったですね。

勝ったモーニンは外枠がどうなんだろう、距離ロスが最後に響くんじゃないか、なんて考えていましたがスムーズに先行馬群に取り付いて3コーナー過ぎでは2列目の中。

4コーナーから直線にかけて絶好の手応えで先頭3頭を捕まえに行くとあっさりと抜け出して快勝。

昨年秋の準OP・秋嶺ステークスで追いすがるプロトコルを楽々突き放していたのでこれはモノが違うなあと感じていましたが、更に上を行っていた感じです。

根岸Sからのステップということで評価は少し割り引いていたのですがやはり強い馬にはステップなんかは関係ないのかな。

ノンコノユメはチャンピオンズカップに続いての2着。

終いはホントに確実に追い込んでくるしたいしたものだなあと思いますが、やはりあの位置取りでは馬場状態を考えると仕方がない結果。

追い込み一辺倒の馬をあの人気にするのはちょっと可哀想だったかなと。

期待したアスカノロマンは思ったよりも後ろの位置取り。

あまりラストで切れるというイメージはなかったのですがノンコノユメについで上がりは2番目の脚で食い込んでくれました。ハラハラしたなあ。

もう少し前にいたら2着はあったかな、でもあの位置にいたからあの末脚を使えたのかな、と思ったり。

でも私の馬券的には2着でも3着でも結果は同じだったのですが(笑)

見応えのあるレースで面白かったと思います。現地で見たかったな。。。

 
 
今週土曜日の中山メイン総武ステークスにはフェブラリーSを除外になったプロトコルの登録があります。
 
これまで中山にはあまりいい成績はありませんが、使われていたのは1200m。
 
今回は初の1800mということで新しい面を見せてくれるでしょうか。
 
スタミナの求められる府中の1600mで好走していますし、前走の根岸Sから2F距離が伸びて追走も楽になるでしょうから好走してくれるんじゃないかと楽しみにしているのですが。
 
父のスクリーンヒーローも2勝目までは中山のダート1800mであげていましたしね。
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA