3連系で万馬券を狙いたいシルクロードステークス

[シルクロードステークス] ブログ村キーワード

あまり当てた記憶のないシルクロードステークスです。そしてそれほど記憶に残っているレースもありません。なんでだろう?

ここ数年は1,2着は人気サイドで3着に2桁人気が来る、そんな印象だなあと思い調べてみると、

2015年 2番人気→3番人気→12番人気
2014年 2番人気→1番人気→13番人気
2013年 2番人気→4番人気→11番人気
2012年 1番人気→2番人気→16番人気
2011年 1番人気→14番人気→4番人気

と過去5年は 1,2番人気→2~4番人気→2桁人気 で買えば3連複フォーメーションで的中できたという結果。

これで2014年の配当は8870円にとどまったものの他の4年はすべて万馬券ですから、なんだかすごく簡単に3連複万馬券が取れそうな気がしてきます。
そうは言っても今年の登録頭数17頭立てだと買い目が40点にもなってしまうわけですがw

ただ過去10年まで遡っても3連複の一番低い配当が2006年の3760円で、他9回の内6回が万馬券で3回が90倍前後の配当ですから、基本3連系は荒れるという認識でいいのかもしれません。

今年の登録馬では人気になりそうなのはビッグアーサー、サトノルパン、ダンスディレクターあたりでしょうか。

短距離重賞だけに逃げ先行馬も揃っていますが、人気になりそうなのは差しタイプですし、今週からBコースへのコース替わりもあるので内枠に入った人気薄の先行馬は注意しておきたいところ。
3連系馬券が荒れるのはこういった点にあるのかもしれません。

・・・と思ったところで過去5年の馬券になった2桁人気馬の位置取りをみるとほぼ中団・後方からの差し、でした(笑)

コース替わりなのでみんな内枠の先行馬はなかなか止まらないという意識が強くなり、強い先行馬についていって力尽きた中団から前の馬たちが止まってきたところで、力はあるのに脚質で人気を落としていた差し馬が突っ込んでくる、という構図でしょうか。

サトノルパンやビッグアーサーは好位のすぐ後ろから差してくることが多いので、今回も仕掛けが早くなって先行馬には意外に厳しい展開になって差し馬が3着くらいに台頭してくる、というのはありそうな気もします。

それがどの馬か、というのがさっぱりわからないわけですが。

とりあえずシルクロードステークスの馬券を買うなら3連複だな、もし展開と馬券対象になる馬が絞れるようなら3連単もありだなと。コトシ、2ホンメノマンバケン トレルカナ

 
 
昨日、ツイッターで月刊「優駿」本日発売!というのを見掛けて、付録の2015年全G1を収録したDVDというのに惹かれて帰りに本屋さんに寄ったのですが。
(モーリスとゴールドアクターのレースを取っておきたかったから)
 
これね↓

 
 
 
優駿って週刊ギャロップや競馬ブックと同じ価格なのに今頃気づいたw
 
月刊誌だからというのもあるけど、この内容で価格が同じならギャロップなんかよりは断然優駿のほうが読み応えあってイイなあと。
 
もちろん週末のレース情報や先週の重賞の結果速報となると週刊誌には敵わないのは当然だし、購読者のターゲットも違うんだろうけど、ギャロップやブックに載っている情報って今はネットでも知ることができるものが多いし、連載されているコラムにはそれほど興味を引くものもないのですっかり買わなくなってしまいました。
 
以前から優駿はたまにしか買わない雑誌なんだけど、久しぶりに買ってみてこれイイなあ、ギャロップと同じ値段かあ、お得感あるなあと思った次第。
 
 
昔は月曜日、仕事帰りにギャロップを買って帰りの電車の中で読むのが楽しみだったんですけどねえ。
 
ギャロップと競馬ブックと競馬報知の3誌を買っていたこともあったのになあ。読まないページ大量にあったけどw
 
時代は移り変わるなあ~と。
 
 
競馬報知=週刊ファンファーレが廃刊になってずいぶん経つけど、ギャロップや競馬ブックは大丈夫なのかな?
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA