第60回有馬記念の枠順を見て

[有馬記念] ブログ村キーワード

有馬記念の枠順が決まりましたね。

クリスマスイブの夜、いわゆるクリぼっちを楽しみながら枠順を確認しています。

ゴールドアクター、4枠7番に入りました。
真ん中より内目の枠で先行馬のアクターにはなかなか良い枠ではないかと。

ヒットザターゲットが1枠2番。
内に入ると人気薄でも好走するタイプなのでこの枠はとても良いのではないかと思います。ジャパンカップ大敗、7歳馬という高齢、人気になる要素はありませんから面白い存在かと。

逃げると予想されるリアファルは6枠12番。その内、6枠11番に先行タイプのキタサンブラック。

どちらかというと後方に控えるタイプの多いメンバー構成ですが、キタサンブラックの出方によっては序盤にそこそこ流れる展開になるかもしれません。楽しみ(^^)

追いきりの動きがとても良く見えたルージュバックは7枠13番。
有馬記念のコースは外枠は不利と思われていますがルージュバックはもともと後方から行きますからそれほど大きな不利になるとは思えません。
外枠が嫌われて人気を落とすようなら狙い目としてはなかなか良いのではないかと思います。

ラブリーデイ。自分のイメージではこの馬が一番人気じゃないかと思うのですがどうでしょう?
絶好の2枠4番。

有馬記念では天皇賞、ジャパンカップで力を出し切ってお釣りのない馬は人気になりがちだけど凡走することも多いということを考えると、ラブリーデイは人気を背負ってくれて馬券圏外になるタイプの筆頭じゃないかと思ってたのですが、この枠は大きな助けになりそう。
嫌いたいのですが切り難い枠になってしまいました。悩ましい(笑)

注目のゴールドシップは8枠15番。

これまで有馬記念には3回出走して7枠13番、7枠14番、7枠14番でそれぞれ1着、3着、3着。外枠がそれほど大きな不利になるとは思えません。引退レースを飾れるでしょうか。
当然馬券からは外しにくい1頭です。

4連勝中のアルバートは3枠6番。
ロスなくレースを進められれば一気のG1奪取もありそうな枠に入りました。
モーリスと同じ堀厩舎。
ラブリーデイの戴冠を阻止すれば同厩舎のモーリスが年度代表馬の可能性も高まりますから陣営も力が入ってるんじゃないでしょうか。

ワンアンドオンリーも4枠8番と真ん中の好枠。ダービー馬ですが昨年の有馬記念こそ13着に負けていますが中山では弥生賞2着、皐月賞4着の実績。
直線に急坂のある阪神でも神戸新聞杯勝ちがありますし、けっして中山コースが向いていないわけではないと思います。復活があっても不思議ではないと思います。

拾いたい馬は多数(笑)悩ましい有馬記念ですが、ゴールドアクターを軸に据えてどんな馬券を買おうかなあと今からとても楽しみです。
 
 

 
 
最近、Amazonのプライムビデオにハマっています。
 
試し期間に解約するのを忘れて意に反してAmazonのプライム会員になってしまったのでせっかくだからプライムビデオを見倒してやれと(笑)
 
fireTV stickというのを買うと家のテレビで見られるのでなかなか良いです。
↓これ

 
まんまとAmazonの策略にハマってる気もしますが、これだけいろいろなのが見られるのなら年会費3900円はかなりお得な気がしてきました。他にもいろいろプライム会員のサービスもあるわけだし。。。
 
罠だな、うん、罠だwww
 
 
ちなみに今、気に入って見てるのがワカコ酒というアニメ。
1話、2分の短いアニメですが、、、面白いです。お酒好きな方、是非に(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA