夏競馬も最終週

先週の新潟2歳Sはウインオーディンからのワイドと書いていたはずで、そして相手3頭のうちの1頭がちゃんと3着に来てるのに私はどうして馬券をハズしてるのでしょうか。
オッズがつまらないとか思って馬連にしちゃってるんだよなあ。ほんと未熟者だわ。

今週は3重賞

今週は土曜日に1鞍、日曜日に2鞍の平地3重賞。平地重賞だけで3鞍って久しぶりじゃない?と思ってレーシングカレンダーを遡ってみたら、ダービーのあった5月最終週以来だった。そんなに久しぶりだったのか。
というか3重賞ってそんなに多くないのね。もっと多いイメージだった。

で、普通は日曜日の重賞のほうが注目なのだろうが、どちらかと言えば今週は土曜日の札幌2歳Sに注目してしまう。
近年の勝ち馬には皐月賞馬ジオグリフ、白毛のG1馬ソダシがいるし、古いところだとロジユニバースやジャングルポケットといったダービー馬もいる。

札幌2歳Sの1800mという距離は、ここで賞金を加算してゆったりとしたローテーションでクラシックを目指したい素質馬が集まりやすい条件ということだろうか
スクリーンヒーロー産駒のトラストがここを勝った時には、スクリーンヒーロー産駒初のクラシック勝ち馬が誕生するかと期待も膨らんだものだが(笑)

今年の登録馬には、ブラストワンピースの全弟ブラストウェーブ、サトノダイヤモンド初年度産駒にして世代最初に新馬勝ちダイヤモンドハンズ、先々週の北九州記念で単勝万馬券を演じたボンボヤージの全弟アスクメークシェア、これは新馬・小倉2歳S・京王杯2歳Sと3連勝を飾ったファンタジストの全弟でもある。

字面だけでもおもしろそうなメンバーがいるではないか。馬券的に面白いかどうかはさておき、これから重賞戦線で活躍してくれそうな馬がどの程度いるのか、それを想像しながら予想するだけでも楽しそうだ。

サマー2000シリーズの行方は

新潟記念はサマー2000シリーズ最終戦。七夕賞勝ちのエヒトと同2着のヒートオンビートがサマーチャンピオンを目指して参戦してくる。

エヒトは4着でヒートオンビートが2着以下なら、ヒートオンビートは勝ってエヒトが3着以下ならチャンピオンになる可能性が残されている。ハンデ戦だが斤量はともに57kg、七夕賞での3kg差が一気に同斤量になると考えるとヒートオンビートにわずかながら分があるような気もするが1着が最低条件、他にサンレイポケットやイクスプロージョンといった強敵もいて簡単ではない。

ヒートオンビート2着、エヒト5着とかになれば今年のサマー2000は該当馬なしとなってそれもちょっとつまらないだろう。白熱のゴール前が見られることを期待したい。

早熟馬のレースではない

そしてもう一つの小倉2歳S。

なんとなく早熟馬のためのレースというイメージを抱いていたが、過去のレースをよくよく見てみると実はそんなことはなかったw

このレースの勝ち馬でのちのG1馬になっているのは桜花賞馬・レーヌミノル、スプリンターズS勝ち・アストンマーチャン、阪神JF勝ち・タムロチェリーがおり、出走馬にはNHKマイルC勝ち・ラウダシオンや高松宮記念勝ち・モズスーパーフレアがいる。
また昨年の勝ち馬はこの秋のスプリンターズSで期待できそうなナムラクレア。
決して早熟馬たちの短距離戦というわけではなく、将来の短距離重賞路線の中心を担うような馬たちが出走しているのだ。迂闊だったw

今年の出走馬の中にはどんな次世代の短距離路線のエースがいるだろうか。そんな視点を意識しながらレースを楽しみたい。

第42回 新潟2歳S(2022) 予想

今年は小粒なメンバーと言われる新潟2歳S。出走頭数も11頭と少なくしかも半数以上の6頭が乗り替わり。今年はあまりクラシックには繋がらない2歳重賞となりそうだ。

前走逃げて勝ち上がってきたのがグラニット、バグラダス、シーウィザードの3頭。この中なら他の2頭が1800mからの参戦だけにダートとはいえ1150mを逃げてきたバグラダスがハナを取るだろうか。
2番枠に入ったロードディフィートあたりも逃げ候補だろうか。戦歴浅い2歳馬だけに展開予想も難しい。

直線の長い新潟外回り、上がり勝負とみてここはメンバー中最も早い上がりを使えそうな馬を探したいが・・・

連闘だがウインオーディンはどうだろう。
前走は上がり最速の33秒1、前々走のデビュー戦は5着に負けているが上がり32秒5で今回のメンバー中で最も早い末脚を使っている。
鞍上も継続騎乗の三浦皇成。先々週同じ馬主のウインカーネリアンで重賞勝ちを決めて先週も2勝を上乗せし、目下好調とみていいだろう。
不安点を挙げるとすれば重賞で三浦皇成が連続好走したところを見た記憶がないこと。
う~む。

相手にはやはり浜中が継続騎乗するシーウィザード。デビュー戦の前走は函館芝1800mを逃げて上がり2位の34秒9。さほど人気がなかったので楽に行けたのはあるだろうが時計の掛かる函館で35秒を切る上がりなら及第点か。

他にはモーリス産駒のアイスグリーンと嶋田純次が継続騎乗のグラニット。

小柄な馬体の馬は苦戦傾向なので、そこそこの馬体重がある馬に騎手が継続して乗っていることと応援血統(モーリス)を基準に4頭選んでみた。

ウインオーディンからのワイド3点くらいだろうか。馬連で決められたらいいが、そこまでの自信はないしwww

第17回 キーンランドC(2022) 予想

あっという間に週末、枠順も確定。

ジェネラーレウーノがホントに出走するとは正直思っていなかった。
中山の2000mと2200mの重賞勝ち馬が札幌の1200mの重賞に出走するなんて、グレード制以前の競馬か?と思ってしまう。
あ、でも、そういえば昔スプリントG1に様変わりした最初の高松宮杯に出走した三冠馬もいたっけ。それを考えるとそんなに面妖な話でもないか(違
しかし、7歳にして初めての1200mで一番重い57kgを背負わされるのも厳しいね。いくらスクリーンヒーロー産駒応援隊とはいえ、ここは手が出ない(笑)

マウンテンムスメ、オパールシャルム、ヴァトレニなどスプリント戦らしく逃げ先行馬が揃っている。それなりのペースで流れそうだ。
開催後半に入って馬場も荒れるせいか例年外枠のほうが成績が良い傾向にあるレースだが、先週の内前先行が有利な馬場が続いているのかどうか。

近6戦連続馬券圏内、札幌・函館でも1.3.0.0と安定感抜群のジュビリーヘッドを中心視しているが、先週同様の馬場なら最内枠のヴァトレニも捨てがたい。
こちらは札幌3.0.0.0、前走函館の青函Sでもきっちり勝って、洋芝では負け知らずの先行馬が最内を取ったのだから外差し馬場でなければこちらが軸でもいいだろう。

3番手以下の相手候補には3歳馬ウインマーベルを筆頭に、昨年の覇者レイハリア、上手く内で溜められそうな3番枠に入ったサヴォワールエメ、それと北海道巧者・丹内騎手鞍上のメイショウミモザへ流したい。

ジュビリーヘッドから入るか、ヴァトレニから入るか、それとも2頭軸流しの3連複でいくか、買い目は土曜日のレースを見てから決めたいと思う。

グリントオブライトの21

父ルーラーシップ、母父ステイゴールド
募集時の測尺は体高150.0cm、胸囲168.5cm、管囲19.0cm、体重377kgと当選した4頭の中では最も小柄な馬体。8月15日の更新では馬体重は384kgとなっていたが、もう少し大きくなってほしい。

今回出資する4頭の中では唯一の関西馬で栗東・牧浦充徳厩舎。なかなか関西圏の競馬場には行けないので、目の前で応援する機会はあるだろうか。
そういえば過去に出資した関西馬は1頭も現地観戦していない気がする(笑)

ポーラライツ帰厩

7月にゲート試験を終え、ノーザンファーム天栄へ放牧に出されていたポーラライツが8月24日帰厩した。

2歳馬の唯一の出資馬。期待せずにはいられない。

順調なら4回中山でのデビューを検討しているということだが、どのレースでおろすのか。
番組表を見ると牝馬限定戦を除く芝の新馬戦は9鞍。1200~2000mまであるがどの距離でおろすだろう?なんとなくだが1200mはないだろうなと思っているが、1600mか1800mか2000mかは全く想像がつかないw

ディープインパクトの肌に新種牡馬サトノクラウンという血統。サトノクラウン産駒は既に4頭が新馬勝ちしているがそれに続けるか。楽しみしかない。

プロミストリープの21

一般当選3頭のうちの1頭プロミストリープの21はオルフェーヴル産駒。
あのオルフェーヴルの産駒に出資すると思うとちょっとテンションが上がるw

募集時発表の測尺が体高149.0cm、胸囲170.5cm、管囲19.0cm、体重395kgとこれまた小柄。オルフェーヴル産駒の牝馬というと真っ先にラッキーライラックが思い浮かぶが、あそこまでの大型馬にとは思わないが、もう少し大きくなってくれるといいなあ。
ブリーダーズカップ・ディスタフを勝ったマルシュロレーヌみたいになってくれるといいのになどと妄想してしまうが、そこまで成長するには馬体はあと70kgぐらい増やさなくちゃだし、さすがにそれは難しいか。この1ヵ月ではほとんど馬体重は増えていないようだし・・・

母父ヘニーヒューズなのでイメージはダート短距離という感じだが、父オルフェーヴルなので距離は中距離くらいまでもつだろうか。いずれにしてもダートでの活躍を期待するイメージ。
牝馬でダートというといまだに根岸Sのブロードアピールの豪快な追い込みが真っ先に思い浮かぶオールドファンなのだが、今はない東京ダート1200mでのあの走りは忘れようにも忘れられない。
そんな走りを見せてくれないだろうかなどと思いつつ、意外に毛色が父と同じ栗毛なので父似の芝でバリバリやれるタイプだったらそれはそれで楽しいのだが(笑)

厩舎はどこになるのか

美浦の新規開業厩舎に預託されるということだが、どこの厩舎なのだろうか。
netkeibaの同馬の掲示板に「良いところに入ったっぽい」というコメントが書き込まれているのだが、どこにそんな情報が載っているのだろう。関係者なのだろうか。
ま、掲示板のコメントを気にしても仕方がないが、厩舎がどこになるかはやはり気になる。新規開業だからどの程度できる厩舎かは蓋を開けてみないとわからないが、どうか有能な厩舎でありますように。