スクヒロ、今年の種付け料

レックススタッドの2019年度の種牡馬ラインアップと種付け料が発表されていた。

スクリーンヒーローは昨年と同じ600万円。2017年度の700万円には及ばないもののモーリス、ゴールドアクター以後GⅠ馬は誕生していないが意外に高止まりしている。
ジェネラーレウーノが京成杯とセントライト記念の重賞2勝を挙げたことが大きいか。

昨年の種牡馬リーディングは21位と目立つものではないが朝日杯FSではクリノガウディーが2着に好走、秘めたポテンシャルに自信を持っての値付けといったところだろうか。

昨年の種付け頭数は110頭と2015年度のピーク時190頭に比べるとずいぶんと少なくなったがまだ100頭を超える種付け頭数は立派なもの。来年には種付け料が100万円から300万円へと上がったときの世代がデビューを迎えるし、当然肌馬のレベルも上がってきているはず。

今はまだ産駒の重賞勝ち馬は肌馬の父がキョウワアリシバ、カーネギー、ディアブロ、ロックオブジブラルタルなどかなりマイナーな種牡馬。

それがキングカメハメハやシンボリクリスエスといったメジャー種牡馬に変わって、どんな産駒が登場してくるのか。とても楽しみだ。

【スポンサーリンク】


社台スタリオンステーションに繋養されているモーリスの種付け料は2019年度も引き続き400万円に設定されている。

初年度の2017年度の種付け頭数は265頭、昨年は245頭。オーストラリアでもシャトル種牡馬としてがんばっているので、さすがに種付け頭数は多い。

2020年には初年度産駒がデビューするが果たしてどんな産駒が登場するか。こちらも非常に楽しみだ。

そしてもう1頭、昨年引退して今年から優駿スタリオンステーションで種牡馬となるゴールドアクター。

初年度の種付け料は50万円。スクリーンヒーローの初年度より20万円高いw

すっかり種付け料が高くなってしまったスクリーンヒーローや最初からいい値段のモーリスをつけられない中小の牧場にとって救世主となるだろうか。

ゴールドアクターの産駒はおそらく血統的にそれほど注目は集めないだろう。だがスクリーンヒーローの血を継いでいるからこそ、そうしたある意味地味な血統からスターホースが登場するんじゃないかという期待も持っている。

なにしろグラスワンダー、ゴールドアクターという2頭の有馬記念馬の血を引くのだ。スクリーンヒーローは有馬記念を勝つことはできなかったが、ゴールドアクター産駒から有馬記念を勝つ馬が登場したりしたら、、、ロマンだよなあ・・・

【スポンサーリンク】


自分は血統に詳しくはない。

ただダイナアクトレスという1頭の牝馬を現役時代から応援していたことが今に繋がっている。もう30年も前の話だ。

ダイナアクトレスの最初の産駒ステージチャンプを応援し、菊花賞や天皇賞春の2着に喜びと残念さとを味わい、2番仔プライムステージが新馬-重賞-重賞と3連勝を決めた時には桜花賞を夢見て、そしてダイナアクトレスの4番仔トレアンサンブルが出したマルカラスカルが中山大障害を勝った時に狂喜乱舞し、そしてついには3番仔ランニングヒロインから生まれたスクリーンヒーローがジャパンカップを制したときには、ダイナアクトレスの血を繋ぐ馬たちを応援し続けたことの幸福を心の底から堪能できた。

そして種牡馬としてはさほど期待もされなかったスクリーンヒーローから国内外のGⅠを6勝したモーリスや有馬記念など重賞4勝を挙げるゴールドアクターが誕生した。

しかもその母父はカーネギーにキョウワアリシバ。お世辞にもメジャーとは言えない血統だ。

その2頭の産駒もやがてターフに姿を見せてくれるだろう。

その時までにはまだ少し時間があるが、それまでにスクリーンヒーロー産駒はどんな喜びをもたらしてくれるだろうか。

そしてダイナアクトレス牝系の馬たちからもまた活躍馬が登場するかもしれない。

そんなことを2019年も楽しみにしながら競馬を楽しみたい。第1週の5、6日は全部で5レースを購入して的中ゼロだったけど・・・


中央競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村

よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!