アーモンドアイ~秋華賞(2018) 回顧


 
 
遅ればせながら、、、
アーモンドアイ、強かった。

いや、強いのはわかってたけど、4コーナー手前あたりではおいおいその位置で大丈夫か?やっぱり競馬に絶対はないのか?と思った人、全国に100万人はいたんじゃないだろうか。(いない

ルメールもタートピかなんかのインタビューで「トリッキーなコース、だからいい位置を取りたい」って言ってたからもう少し前で競馬するのかと思ってたが。

それでも楽々と勝つんだからやっぱり同期の牝馬には負けるはずがないという自信があったんだろうな。

自分の馬券もやはりアーモンドアイが負けるはずはないと信じた1着固定の3連単フォーメーション。
だが2列目に置いたのがサラキア、ラッキーライラック、プリモシーンの3頭。
2着に残したミッキーチャームは3列目にしか置いてなかった。2列目にプリモシーンかミッキーチャームかで迷っていたのだが、はずれの方を選んでしまった。無念。

それでもサラキアが一瞬いいところまで突っ込んできて、人気薄のラテュロスも内からいい脚で伸びてきたときには「これは!」とドキドキしたので楽しかった。

負け惜しみになってしまうかもしれないが、アーモンドアイがとんでもない末脚で鮮やかに三冠達成したのは見られたし、とてもいい秋華賞を見せてもらったと思う。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
レースは1000m通過が59.6。
結果逃げたミッキーチャームが2着しているし、単勝156倍のラテュロスが3コーナー5番手でそのまま5着に残しているように比較的前で運ぶ馬に有利な流れだったと思う。
勝ったアーモンドアイと3着カンタービレが差してきているので差し追い込みの競馬のようにも見えるが、決してそうではなかった。

それだけにアーモンドアイの傑出した能力が光る一戦だったともいえるだろう。

次走はジャパンカップを予定しているが、順調にレースを迎えてくれることを祈るばかりだ。
3歳牝馬は53kgで出走できる。たとえ相手がサトノダイヤモンドやシュヴァルグラン、スワーヴリチャード、レイデオロでも引けは取らないんじゃないだろうか。

アーモンドアイの母、フサイチパンドラも3歳時ジャパンカップに挑戦しているがその時は5着。
この時のフサイチパンドラはローズS、秋華賞、エリザベス女王杯と連戦して中1週でのジャパンカップ参戦、さすがにお釣りがなかったと思われるがそれでも掲示板を確保、ハナ差で負かしたメイショウサムソンは言わずと知れた2冠馬だ。

アーモンドアイはこの秋、秋華賞を一戦したのみ。その秋華賞も陣営曰く8分のデキ、まさしく秋華賞をひと叩きしてジャパンカップを目標にローテーションを組んでいるかのようだ。

これは期待するなというほうが無理だろう。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
過去3歳牝馬でジャパンカップを勝ったのはジェンティルドンナただ1頭。

ジェンティルドンナはやはり3歳牝馬3冠を制してのジャパンカップ挑戦だった。

アーモンドアイはそれと同じ足跡をたどろうとしている。もしアーモンドアイがジャパンカップをも勝つほどであれば、ジェンティルドンナと同じように来年以降もGⅠ勝利を重ねていくことになるだろう。敵は故障だけじゃないだろうか。

そうなれば当然、凱旋門賞挑戦という話にもなるだろう。

もちろん鞍上はフランス出身のルメールだ。ルメールが日本馬で凱旋門賞を初制覇、なんてことになったらフランスも日本もそうとう盛り上がるんじゃないだろうか。
スポーツ紙の見出しは当然、「ルメール、故郷に凱旋帰国!」となるだろう。

そんなことまで想像させてしまう秋華賞のアーモンドアイだった。
本当に楽しみな馬が登場したものだと思う。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!