ゴールドアクター引退、種牡馬入り


 
 
ゴールドアクターの引退、種牡馬入りが発表になった。
新冠の優駿スタリオンステーションで種牡馬として繋養される。種付け料は50万円。

種牡馬としてはそれほど人気にはならないだろうと思うが、スクリーンヒーローの種付け料が当初からは想像もできない金額になってしまったので、その後継種牡馬として日高の中小牧場の救世主のような種牡馬になってくれるといいのだが。
 
 
 

振り返れば・・・
菊花賞3着の後、8か月を超える長い休養。

今、考えるとここでしっかりと休養したのがその後の活躍に繋がった。
菊花賞を勝ったトーホウジャッカルはその後1勝もできず引退したし、2着のサウンズオブアースもジャパンカップや有馬記念の2着はあるが現在まで勝ち切ることができず2勝馬にとどまっている。

休養明けの自己条件1000万クラスから5連勝で有馬記念制覇を成し遂げた時は歓喜したものだ。それももう3年前になる。

この時はいつものように東京競馬場でレースを見ていたが単勝オッズう17倍という人気薄、ずっといいポジションで運んで直線先頭に躍り出た時には目一杯「隼人!隼人!そのまま!そのまま!」と叫んでいた。
馬券を取ったことももちろんあるが、スクリーンヒーロー産駒はモーリスだけじゃないということを証明できて本当に嬉しかった。

その時の馬券↓


 

連勝でアルゼンチン共和国杯は制したが果たして本当の一線級を相手にどこまでやれるか半信半疑だった。だがここで買わないときっと後悔するだろうなという気はした。

勝ったら勝ったでちょっと落ち着くとどうしてもっとドーンと買わなかったのかと後悔したわけだがw

その後はGⅠを勝つことはできなかったが続く日経賞では1番人気のサウンズオブアースを抑えて勝ってくれたし、かなり評価の下がった宝塚記念で2着してくれるなどよく頑張ってくれたし、馬券も取らせてもらった(やられたことも数多あるがw

種付け料50万円では良血の繁殖牝馬が集まるとは思えないが、父スクリーンヒーローのように意外な牝系から活躍馬を出して、非社台の中小牧場にとってありがたい種牡馬になってくれると嬉しい。

これからがまた大変な仕事だとは思うが、どうか幸せに第2の馬生を送れるように祈るばかりだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
これでスクリーンヒーローから種牡馬入りするのはモーリスに次いで2頭目。
その父グラスワンダーの系統にはアーネストリーもいる。

グラスワンダー

|–スクリーンヒーロー
||–モーリス
||–ゴールドアクター

|–アーネストリー

グラスワンダーの現役時の強さを思うと種牡馬入りしてからの成績は案外で、その系統が伸びることはないのかとも思ったが、じわじわと勢力を広げていくかもしれない。

今年はスクリーンヒーロー産駒から久しぶりに重賞を複数勝っているジェネラーレウーノも登場した。
モーリス、ゴールドアクターに続く3頭目の重賞2勝以上馬。来週の菊花賞でもそこそこ人気になりそうだし、勝ちを意識できる楽しみな1頭。

気は早いがジェネラーレウーノが種牡馬入りできるようなことにでもなれば、グラスワンダーの血がスクリーンヒーローを通じて広がっていく可能性も出てくる。
 

これから間違いなく伸びていくであろうサンデーから連なるディープインパクト系やキングカメハメハ、ロードカナロアと連なる血統に対抗しうる第3の勢力として、グラスワンダー、スクリーンヒーローの血を繋ぐものとしてモーリスやゴールドアクターのこれからの活躍に期待している。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ゴールドアクターの今年に入ってからの3戦は本当に見ていてちょっと辛い感じもあったので、今年の有馬記念を待たずに引退を決めたオーナー、調教師の決断はファンとして本当にありがたいと思う。

まだ未完成だったとはいえあのキタサンブラックを下して有馬記念を勝ったゴールドアクターだ。

種牡馬としての競争も厳しいとは思うが、素晴らしい産駒を出してくれることを楽しみに待ちたい。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

京都大賞典(2018) 予想


 
 
毎日王冠も凱旋門賞も的中してしまった。いったいどうしたんだ。
しかし、それほど儲かってないところが哀しいがw

3日間開催最終日のメインは京都大賞典。

これは堅そうな気がする。馬券を買うならかなり絞らないと的中しても上手く回収が取れない、そんな雰囲気が濃厚だ。

本命は8番シュヴァルグラン。そして2番サトノダイヤモンドもさすがに無視できない。過去の実績を考えればこの2頭であっさり決まる可能性もある。
しかし、2頭の馬連で朝の段階でオッズは2.6倍ほど。さすがにこれでは1点買いでも手が出ない。

そして1点買いできるほどサトノダイヤモンドが信用できるかというとそれも難しい。いつも弱気なコメントの多い池江調教師だが、師が言っているように一度調子を崩したのを立て直すのは大変だというのは実際にその通りだろう。
宝塚記念の負け方を思うとこんなに人気が被っている状況では手を出しづらい。しかし無視もできない、そんな厄介な存在になっている。

対抗にはモレイラ鞍上の5番アルバートを指名するがこれとて2400mでは距離が足りないと思うタイプ、自信をもって推せるというほどではない。

3番手に11番ウインテンダネス、連勝中の勢いを評価するが強敵相手に57kgの斤量でどこまでやれるか。

そして4番手にサトノダイヤモンド。そんな評価をしている。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
押さえに9番スマートレイアー、7番プラチナムバレット、4番レッドジェノヴァを取りたいが3連系馬券の3着くらいまでのイメージ。

これとて人気薄が来たところでシュヴァル、サトノの2頭が絡めばあまり配当は期待できない。

結局、京都大賞典は馬券的には手が出ない、そんな結論になってしまう。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
これなら東京メインのグリーンチャンネルカップのほうが面白そうだ。本命は断然人気のサンライズノヴァで仕方がないと思っているが、相手は人気薄で固めたい。

11番ハットラブ、13番リョーノテソーロ、6番アードラー、15番ナムラミラクル。

サンライズノヴァからの馬連流しではあまり期待値が高くはならないので、3連系馬券でまとめたい。
断然人気から人気薄2頭への馬券でそこそこ回収は取れそう。

京都をケンして、東京を少しだけ投票して眺めたい、そんな一日だ。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

毎日王冠(2018) 予想


 
 
意外にもサウジアラビアRCが的中してしまった。
3連単6点買いで一番オッズの高い120.6倍での決着。100円しか買ってなかったがラッキーだった。こんなことなら本気で買っておくんだったなどとも思うが、実際にはうまくいかないことの方が圧倒的に多いのだから、これはこれでいいのだと自分を納得させるw
それにしてもドゴール、人気がなさ過ぎてありがたかった。たまにこういうこともあるから競馬は楽しい。

日曜日は毎日王冠。

モレイラのアエロリットが人気だが、アエロリットは1番人気では勝ったことがないのが気になる。
これといった先行馬もいないメンバーで唯一先行馬タイプでありかつNHKマイル勝ち、安田記念2着の実績、人気も仕方がないところだが今回はもしかしたら逃げの形になってしまうメンバー、目標にされてしまう可能性もあるし、スローの瞬発力勝負になったときには掲示板もない可能性もなくはない。

実績や時計面では断然という感じもするが人気でもあり、本命にするのは少々憚られる。

ならばどの馬に本命を打つべきか。
展開的にはこのメンツならアエロリットが逃げる形になるかもしれない。枠順を考えるとキセキが逃げる可能性もなくはない。
しかしこれまでの各馬の位置取り、鞍上の性格などを考えるとアエロリットのレースを引っ張る可能性は高いように思える。
スローは見え見えなので好位のポジション争いは厳しくなりそうだが、前をつつくような形にはならいだろう。

ならばやはり内目の好位を取りやすそうな枠の馬が有利になるだろうと思う。

本命は5番ステルヴィオに打ちたい。
鞍上ルメール、リーディングジョッキーとしてモレイラに対する対抗心は内心メラメラと燃えているのではないか。
この開催でのリーディングは渡さないと強く思っているに違いない。

逃げ馬不在で馬郡一団でお互いに牽制しあうような流れ、ならば中山でも東京でも阪神でも堅実に上位の上がりを使える能力はこのメンバーなら一枚上手と考える。
前走のダービーは8着に終わっているが上がりは33.9としっかり使っている。3歳馬なので55kgという斤量も有利だ。
それなりに人気になっているがアエロリットが3着以下になってくれたらそれなりに配当もつきそうだ。
この馬からの流し馬券で臨みたい。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
相手筆頭は7番ダイワキャグニー。
全5勝は東京競馬場で挙げたもの。前走のエプソムC14着は重馬場が堪えたものだろう。良馬場なら巻き返せる。

3番手に2番ケイアイノーテック。
やはり末脚堅実、馬郡一団で直線勝負なら頭までありそうな存在。

以下、やはり9番アエロリットは外せないし、あとは穴っぽいところで1番キセキ、6番サンマルティン、12番カツジまで。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
馬券はステルヴィオからの馬連3連複流しか。

・・・と言いつつ、自信は全然ないので最低金額で最悪トリガミ覚悟という馬券w

2日も続けて重賞を当てられるわけがないと思っている。

というか毎日王冠に限らず、日曜日にはあまりこれを買おう!というレースが見つけられずにいるのだが (^^;)

京都9Rのりんどう賞で少し遊ぼうかと思ってるくらいで。
印は◎6番ローゼンクリーガー、〇1番エスト、▲4番ルチアーナミノルで馬連ワイド◎-〇▲、3連複3連単◎→〇→▲でハマってくれないだろうか。。。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

サウジアラビアRC(2018) 予想


 
 
サウジアラビアRCは8頭立てと寂しい頭数になった。

毎年こんな少頭数なんだったっけ?と確認したら昨年は18頭のフルゲートだったが、その前年は9頭、前々年は12頭だった。
重賞になる以前のいちょうSのときもフルゲートになったことはあまりなかったようで、この時期の2歳重賞をやたらと増やすのもどうなのかと思わせる頭数だった。
それでもどうしても重賞を増やしたいJRAなのね。ま、確かに重賞だとついつい馬券買ってしまうけど。
つまりはそれまでは頭数や出走メンバーを見て見送っていたレースも重賞というだけで馬券を買ってしまっているわけだから、JRAがむやみと重賞を新設したがるのもわかる。

でも、そろそろそれにも慣れてきたからこれからは重賞だから馬券を買うということも個人的には少なくなりそうだ。どうせ当たらないしね(笑)
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
しかし、まあサウジアラビアRC。馬券は買わない可能性が高そうだが予想だけはしてみようと思った。

が。

これ4番グランアレグリアが頭で仕方がないんじゃないか。
時計的にも前走内容、断然でしょう。
2歳6月の時点で府中のマイルを1:33.6で楽勝、2馬身差で負かしたダノンファンタジーは3か月後の次走で2馬身差圧勝。ダノンファンタジーにしてみれば初戦は相手が悪かったとしか言いようのないレースだった。

競馬は時計がすべてではないが、いやむしろ時計が重要なことなどあまりないと思っているが、グランアレグリアが勝ったレースは外枠からじんわりと先行集団に取り付いて3コーナーでは3番手、そのまま外で逃げ馬を見ながら直線入り口では馬なりで先頭、上がり最速の33.5で後続を振り切っている。展開がハマったとか流れが向いたとかロスなく行けたとかそんなことではない。

相手が弱かったかというと2着に負かしたダノンファンタジーが次走で強い勝ち方をしているのだからそういうわけでもないだろう。

ここは人気でも逆らえない。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ならば相手はどれかという話。

モレイラ鞍上の3番ドラウプニルが2番人気になるだろうか。

しかしそれよりも狙いたいのは5番ドゴール。鞍上津村であまり人気にはならなさそうだがこれもデビュー戦は強かった。

スタートで出負けしたがなんとか二の脚がついて序盤は先行集団の後ろ。そのまま内をロスなく回った利はあっただろうが、残り1Fで先頭に立つと外に寄れながら2馬身半差の快勝。
時計の出る新潟とはいえ重馬場だったことを考えると1400mの勝ち時計1:22.8もまずまず評価していいだろう。
血統や鞍上で人気がないなら対抗に狙ってみたい存在だ。

3番手にジャスタウェイ産駒の1番シャドウエンペラー。
デビュー戦は好発を決めて先行馬の直後を折り合い良く追走。直線でGOサインが出ると一生懸命に走っていた。一瞬の切れ味という感じではないが鞍上の指示に素直に従っていたし、じりじりと伸び続ける走りは直線の長い東京でも持ち味を活かせそうだ。

4番手には2番アマーティ。
デビュー戦は13番枠からのスタートながら3~4角ではいつの間にか内の馬群で折り合いピタリ。直線で外に出されると新潟の長い直線を真っ直ぐに伸びてきた。
勝ち時計は目立つものではないが上がり33.3は優秀。鞍上とケンカをすることもなく素直に走ってくるし、馬群も気にした素振りはない。操縦のしやすそうなタイプでここもそつなく上位に来そうな雰囲気がある。

買うならグランアレグリアを1着固定にして挙げた3頭を2,3着に置く3連単。
モレイラのドラウプニルに間を割られたら仕方がないという馬券か。

3連単6点でどの程度のオッズがつくか。
オッズ次第では少し買ってみてもいいかなと、そんな姿勢でレースを待つ。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

2018年9月の収支


 
 
もう出走馬確定かよ、と思う木曜日。
代替開催は仕事中だったのでまったく見ていないものの、競馬をやっているというだけでなんとなく通常の平日とは気持ちが違うもので、今週は月曜日の次にすぐ木曜日が来ているような感覚がある。

おまけについさっき気づいたのだが今週末は3日間開催らしいしw 中央競馬にかかわる仕事にしている人のためにもJRAは3日間開催はやめた方がいいと思うけどなあ。

ま、それはともかく。
気がついたら9月も終わり、今年度も下半期(あ、仕事の決算年度での話ね)
上半期に終わらせておきたいと思ったことがけっこう残っているのは毎度のことだが、だんだんとそれらの仕事についてもプレッシャーがきつくなってくる時期でもある。

今年は落ち着いて競馬を楽しむことができるのだろうかと一抹の不安を抱えつつ9月の振り返りだ。
 

9月はあまりレースを買わなかった。

購入レースが22、的中が5。最終的な回収率は97.1%。
セントライト記念のジェネラーレウーノくん一発で救われた9月だった。せっかくそこでしっかり取り返せたんだからオールカマーもスプリンターズSも控えめにしておけば、月間プラスで終われたのになあ・・・

まあ、10月は菊花賞でまたジェネラーレウーノくんに頑張ってもらって、そこでしっかりと稼がせてもらえれば、などと妄想だけを膨らませているのだった。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
スプリンターズSは勝ったファインニードルからの馬連流し6点を買ったのだが、2着のラブカンプーを持っていなかった。

週中にはラブカンプー面白そうだなと思っていたはずなのにどうして買ってなかったのだろう?
前走のセントウルSと同じ1,2着で馬連41倍は美味しすぎる馬券だった。

先行馬の逃げ粘りを期待するならワンスインナムーンよりもラブカンプーのほうが前走内容を見てもよっぽどありそうだったのに。。。

ワンスインナムーンの枠順が良すぎたせいか。オッズもそんなオッズだったし、自分もオッズに引っ張られて選択を誤ったなあと、これは大きく反省すべき馬券だった。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
今週は土曜日にサウジアラビアRC、日曜日に毎日王冠、月曜日に京都大賞典と3つの重賞。

毎日王冠というと個人的には今でもサンレイレーザーが2着した2014年が印象深いが、今年はあんな穴馬はいないだろうか。

安田記念2着、モレイラ鞍上でアエロリットと同コースのエプソムC勝ちのサトノアーサーが人気になりそうだが、それほど信頼が置けるという感じもしないから少頭数になるけど意外に荒れるんじゃないかとちょっと期待してしまうが。

京都大賞典はこのメンツならシュヴァルグランで仕方がないだろうという気がするが、2番手候補のサトノダイヤモンドがどの程度復活してきているのか。
サトノダイヤモンドがこけたら相手によってはこちらも意外な好配当、というのはありそうな気がする。
人気はなさそうだがレッドジェノヴァなんかは如何にも夏の上がり馬って感じで買ってみたい1頭だがどうだろうか。

そういえば日曜日の深夜には凱旋門賞もあるんだったか。

さすがにクリンチャーは厳しいだろう。いくら雨が降ったところで日本の重馬場、不良馬場とは違うだろう。雨が降ればワンチャン、なんて記事も見かけるが今までエルコンドルパサーでもディープインパクトでもオルフェーヴルでも勝てなかったのだ。
フォア賞を6頭立て6着では出走できるだけでありがたい、そんな存在だと思う。

とか言って勝ったりしたら、こんなこと言ってると叩かれるんだろうな(ないw
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!