ダノンジャスティス、ウインゼノビア、藤田菜七子


 
 
日曜新潟6Rの新馬戦(芝1400m)を勝ったダノンジャスティス、前評判も高かったが実際の走りを見てもそうとう奥が深そうだ。

外の15番枠。特にいいスタートではなかったが労することなく中団につけ、鞍上との折り合いもすんなりついてじっくりと隊列の外を回っていく。4角で軽く気合をつけられるとグーンと伸びてきて直線残り100mくらいであっさりと先行馬をとらえて先頭、ゴール前は流すようにして1馬身1/4差。
モノが違うというレースぶりで、ダノンプレミアムを連想させる。
これはかなりいいところまで行くのではないだろうか。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
同じく日曜、札幌のクローバー賞、2歳オープン。

勝ったのはスクリーンヒーロー産駒のウインゼノビア。ウインで一口32,500円、募集総額1300万円と決して高い馬ではないが新馬2着のあとに未勝利・OP特別を連勝してすでに獲得賞金は募集総額の185%、一口ファンなら自分が出資している何頭かのうちの1頭がこういう馬だったら嬉しいだろうな(笑)

レースはスタートを決めると競り合うこともなくすんなりとハナ、半馬身後ろ隣に2着したパブロフテソーロもつけていたが楽なペースで逃げると後続が仕掛けてからワンテンポおいて追い出すとあっさりと後続を3馬身離す楽勝。

展開が向いたこともあるが、テン良しナカ良し終い良しで鞍上の指示通りに動く素直さがレースの上手さにつながっているようだ。

このあとは札幌2歳Sに向かいそうだが、岡田総帥グループのスクリーンヒーロー産駒でクローバー賞から札幌2歳Sというとトラストがクローバー賞2着から札幌2歳S勝ちしたのを思い出す。

展開がもう少し厳しくなった時にどんなレースができるかというのはあるが、スクリーンヒーロー産駒だし頑張ってほしい。


 
 
【スポンサーリンク】



 
 
日曜日でもうひとつ話題になっているのは藤田菜七子が1日2勝を挙げたことだろうか。
JRAの女性騎手が1日2勝を挙げたのは初めてのことで、この日の2勝目で牧原由貴子と並ぶJRA女性騎手最多勝利タイの通算34勝となった。

牧原が34勝目を挙げたのがデビューから9年目だったから、それに比べるとかなりのスピード達成。

しかし、普通の若手騎手と考えれば特に抜けた成績とはいえない。「女性」という括りで注目される面は否めないが、デビュー時の騒動のような状況を考えれば今はずいぶんといい意味で注目度も下がっているし、ここからしっかり力をつけて乗れる騎手、勝てる騎手として成長してほしいものだ。

今のところは逃げるか追い込みという極端な運びで勝っていることが多い印象。好位につけて理想的なレース運びでの勝利というのはあまり記憶にないが、今後はそんな勝ち方ももっと多くできるようになってほしいし、そんな馬が集まるような騎手に彼女がなってくれればもっとJRAにも女性騎手が増えて、それが特別なことではなくなっていくのだろうと思う。

牧原、田村、細江の3人がデビューした時はそれはそれでなかなか注目されたが、残念ながら3人とも騎手としては大成できなかった。
というかJRAではまだ女性騎手は一人も成功はしていない。(細江純子は華麗なる転身といってもいい成功をしているがw

リーディングを争うとまではいかなくても、藤田菜七子が和田や田辺のように重賞でこいつはちょっと軽視できないんだよなと馬券ファンが考えるような騎手になってくれれば、競馬はもっとおもしろくなりそうな気がする。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!