札幌記念(2018) 回顧


 
 
先週は18日(土)にPW東京競馬場 ゲストルームでみんなでケイバ!ビール飲み放題付きグループ観戦というのに誘われ、昼間っから飲み続けていたので日曜日はまったく競馬をする気にならず。久しぶりにひどい二日酔いだったw
NST賞のプロトコルの応援馬券だけポチって(無念の10着)、札幌記念も北九州記念もボンヤリとレースを眺めていたんだが、予想は完敗だった。

札幌記念は地力が問われる消耗戦になり、なかなか迫力のあるいいレースだったと思う。
マカヒキがこんなに復活しているのにも驚いたし、勝ったサングレーザーが2000mでもこんなに強いレースをできるなんて想像もできなかったし、3着モズカッチャンも牡馬を相手にここまでやれるとは。

そして4着のサウンズオブアース。ほんと史上最強の2勝馬の地位を揺るぎなきものにしつつあるな。
今年の有馬記念あたりでまた2着とかに突っ込んできそうな気がする。。。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
あらためてレースを見なおしてみると、勝ったサングレーザーは内枠を活かして終始中団の内を追走、しっかりと脚を溜めていた。3~4角でも外には出さず、一か八かの馬群をついて直線を割ってきた福永のファインプレー。前が詰まって脚を余していたらネットで盛大に叩かれるパターンだった。

2着マカヒキは人気を背負っていたこともあったか、後方2番手追走から向こう正面で外に出し3~4角大外を回して長く脚を使った。サングレーザーとはコース取りの差で2着に甘んじた格好で一番強い競馬をしていた。ダービー馬の面目躍如といったところ。

3着モズカッチャンは最後方から4角手前でも馬群の後ろにつけて脚を溜めつつじっくりと抜けられるコースを探すような競馬。追われたのは正味残り250mくらいから。ミルコが極力コースロスをなくすよう進路を選んだ結果だが、それでハナ・アタマ差の3着まで持ってくるんだから地力の高さは証明された。秋のGⅠが楽しみな1頭だろう。

自分が本命としたミッキースワローは道中は中団の後ろ、3~4角はロスを抑えたコース取りで進出を狙うも直線入り口で前が壁になってしまい、最後は流す形で13着。上位には届かないと分かった時点ですっぱり諦めるのは横山典らしいレースだった。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
印象に残るのは5着のスティッフェリオ。
3角から早めに先行馬群に取り付いていったが、手応えとしてはその時点であまり余力は感じられなかった。しかしそこからがしぶとかった。
4角~直線入り口では右のネオリアリズム、左のゴーフォザサミットに挟まれながらもひるむことなく先頭に躍り出ようとしていたし、最後はさすがに脚が止まったがそれでも諦めずにサクラアンプルールに競り勝ち掲示板を確保。たいした勝負根性だ。こういうタイプは応援したくなる。
洋芝の函館札幌は好走が多いし、来年の函館記念あたりで穴をあけてくれないだろうか。

夏の北海道開催も今週のキーンランドCと来週の札幌2歳Sの2週を残すのみ。

あっという間に夏競馬が終わってしまう。秋はGⅠも始まるしもちろん楽しみではあるのだが、昔のように函館・札幌ともせめて8週間の開催に戻ってくれないだろうか。

そうすれば巴賞から函館記念へ中1週とか、クローバー賞から札幌2歳Sへ中1週とかステップレースから重賞へのローテーションが窮屈な形も改善されると思うのだが・・・。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!