ラジオNIKKEI賞(2018) 予想


 
 
前走で逃げて勝っているのがメイショウテッコンとキボウノダイチの2頭。
またシセイヒテンも古馬混合の東京のマイル戦で逃げて2着、ケイティクレバーも近2走こそ違うが3走前までは逃げて結果を出してきた。
開幕週の小回り福島ということもありペースは緩みなく進みそうなメンバー構成、先行有利の馬場状態だったとしても差し馬に目が行ってしまう展開を想像してしまう。

ハナを切るのはおそらくメイショウテッコン。
前走、白百合Sは1000m通過が59.0、テンの3Fを12.7-10.7-11.2の34.6で入っている。シセイヒテンの前走はテンの3Fが36.7、キボウノダイチのそれが36.5だし、枠順の並びを考えてもメイショウテッコンがハナを切る可能性は高いと考える。
前走そのペースで逃げて京都外回りの1800mを3馬身差で押し切っているのだからここも強気に逃げてくるのではないだろうか。

いきおい緩いペースにもならないだろう。
それならば開幕週ということを考えても中団前目の内で脚を溜められる馬に有利な流れ、3番キューグレーダーに向いた展開になるんじゃないだろうか。

ここまで4戦2勝2着2回、前走は1400mを10番手からの差し切りだが1600mの前走は4~5番手から、1800mの前々走は3番手からの好走だ。
2Fの距離延長となる今回は先行馬群の直後につけられそう。枠も内目だし距離ロスなく能力を発揮できると見る。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
対抗にメイショウテッコン。ハナを取りきれば開幕週の良馬場ならそのまま押し切るケースも考えられる。

3番手には遅れてきた大物というムードもある2戦2勝のフィエールマン、以下シセイヒテン、マイハートビート、エイムアンドエンド、イェッツトまで。

馬券はキューグレーダーからの馬連流し、3連複1頭軸流しか。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
天気予報では土日の福島競馬場は曇り、曇り時々晴れという予報。

関東は早々に梅雨明け宣言が出たが、福島の天気もなんとか持ってほしいところ。
万が一雨が降って馬場状態が想定外のものになったりしたら、メイショウテッコンからキボウノダイチ、シセイヒテンあたりの行った行ったの馬券を考えることになるかもしれないがそんなことはなさそうだ。

福島、中京よりも梅雨がないはずの北海道・函館のほうが今週は天気が微妙。
この時期は北海道のほうが好天に恵まれる印象だったが、気候もじわじわと変わってきているんだなあと。
そういえば北海道に住む母が近ごろは北海道も夏前には梅雨のような天気が続くんだとボヤいていた。

競馬しながらそんなことに思いを馳せるとは・・・なんつってw
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!