安田記念(2018) 回顧


 
笑った。

平成最初の安田記念が連闘で臨んだバンブーメモリーが勝ったから、平成最後の安田記念も同じようなローテで臨む連闘馬モズアスコットが勝ったら因縁めいて面白いなと書いた前記事

本当にモズアスコットが勝ってしまった。ルメールの気楽な騎乗で魅せた流石のコース取りもあったとは思うが、もちろん力がないとできない結果。
やはりフランケル産駒は侮れないなと改めて思う結末。やはり競馬はおもしろい。

当日は現地観戦だったので予想はあれこれ迷いつつパドックで決めた。
一番気配がいいなと思ったのはスワーヴリチャード。さすがのGⅠ馬だな、と。

しかし、一番人気だし、それでいて初のマイル戦がGⅠ、マイルでこそという競合も顔を揃えているここでスワーヴリチャードを本命にすることは穴党としてはあり得ない。

二番目によく見えたのが馬番4番ながら一番最後にパドックに入ってきたアエロリット。
こちらも6頭いるGⅠ馬の1頭だが人気は5番人気、牝馬と言うこともあるのかNHKマイルCの覇者ながら評価はそれほどでもない。伏兵の1頭という感じだった。

軸にするならこれかな、と思った。

パドックを見るまではサトノアレス軸の馬券かなあ・・・とボンヤリ考えていたが、内枠がちょっと気に入らない。
リアルスティールの気配も良さそうに見えたが、こちらは逆に枠がもう少し内だったらという印象だし、さんざん悩みつつ自分のインスピレーションを信じてアエロリットからの馬券にしてみようと考えた。

 
 
【スポンサーリンク】



 
安田記念だからドスローはないだろうが、それほど早いペースになるとも思っていなかったので前目の位置を取れるのはいいだろうし、内目の4番枠というのも脚質には合っている。
外からウインガニオンあたりがハナを主張しても、番手で折り合えるタイプだし展開的にも向くだろうと考えた。

あとは牡馬を相手にどこまでやれるか、NHKマイルCを勝っているし力を出し切れる展開になれば馬券圏内は外さないんじゃないか。
そう考えられるだけの雰囲気をパドックからは感じた。

あとはどういう馬券にするか。

最初はそうは言ってもそれほど自信があるわけでもないので3連複1頭軸を考えたが、相手が絞り切れない。

フォーメーションを組むにしても2列目に置きたいのが5頭以上もいる。3列目となれば10頭以下に絞れないw
これで上位人気馬が2頭来た日には目も当てられない壮絶なガミになりそうだ。

ならば・・・と馬連総流しにした。何とか2着に粘ってくれれば相手がスワーヴリチャードでもガミはない。

直線、ず~っと「戸崎、残せ!戸崎、残せ!」と叫んでいた。

 
 
【スポンサーリンク】



 
レースはやはり外からウインガニオンが積極的にハナを取りにいって、思ったよりも早いペースで流れたように思う。

公式のレースラップは、12.2 – 10.8 – 11.2 – 11.3 – 11.3 – 11.4 – 11.4 – 11.7。
マイルGⅠらしいよどみのない流れ。

直線で外からサトノアレスが飛んできたのを見たときには「うわ!やっぱりそっちか!」と思ったが、ロスなく運んだアエロリットも止まりそうで止まらずに伸びている。

一瞬はスワーヴリチャードに差されるかとも思ったが、モズアスコットに並ばれてからさらにもう一伸びして2着を確保。
ずっとアエロリットを見ていたので、ゴール直後は勝ち馬が何かはよくわかっていなかった。スワーヴリチャードじゃないことだけはわかったので、馬連もそれなりにつくだろうと思っていたが、モズアスコットだとわかったときには「ホントに勝ったのかよw」と少しニヤニヤしてしまった。

面白いレースだったと思う。

掲示板に名を連ねたサトノアレスもサングレーザーもやはりマイルでは力があるなあと思うし、その中にあって2着を確保したアエロリットには感謝しかない。
この一戦ですっかりファンになってしまった。

現時点ではダイワスカーレットととまではいかないだろうが、先行して牡馬のトップレベルのマイラーと伍して戦えるだけの能力。いつか大きなところを再び取ってくれるんじゃないだろうか。
これからも応援したい1頭になった。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!