アカウントが乗っ取られた


 
 
昨日の帰宅途中、友人から「mixiで俺にメッセージくれた?」というLINEを貰った。

は?もう何年もmixiなんてログインしてないけど、と思ってログインしてみたら見事に乗っ取られてスパムをまき散らしてた。申し訳ないm(__)m

しかし、もうほんの一握りの人しか使っていないであろうmixiで、長らくログインされてないアカウントを乗っ取り、スパムをまき散らしていったい何の利益があるのだろうかとググってみたら、どうも5月くらいから乗っ取りが流行しているらしい。
メッセージのリンクを踏んでしまうとそのアカウントも乗っ取られてスパムメッセージをまき散らしたりしてしまうとのこと。
5月11日にはmixi運営からも注意喚起の通知が出されているから大丈夫だと思うけど、今でも使っているマイミクには迷惑かけちゃったな。ホントに申し訳ない。

ずっと使ってないのでアカウントはすぐに退会、削除した。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ちょうど乗っ取られてたのがまさにこれから関東オークスの予想を決めて馬券を買おうかどうしようかというタイミングだったので、結局馬券は買わずにレースだけテレビで見ることに。

その前までクレイジーアクセルを3連複1頭軸にララブリムヴェール、プリンセスノンコ、ゴールドパテック、ミスマンマミーア、エグジビッツの5頭を相手に買おうか、3連単はどうしようか、それとも馬連だけで地方馬を応援しようかなどと考えていた。
勝ったハービンマオは抜けだったので結果買わずに済んだのは良かったが、なんとも微妙な気分の関東オークスだった。

そして、あの展開ならゴールドパテックに勝ってほしかったし、もっと言えばクレイジーアクセルに逃げ切ってほしかったなあ、と。負けて強しとは思わせてくれたが。

地方競馬はたまに交流重賞を見るくらいだが、これからはもっと他のレースもたくさん見ておきたいなあと思わせる先週の東京ダービーと昨日の関東オークスではあった。

地方、中央を問わず競馬はやっぱりおもしろい。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
JRAのほうは今週から函館開催が始まり、開幕の重賞が函館スプリントステークス。
登録メンバーを見ると今年は3歳馬もいないし、なんだかこの路線の常連メンバーばかりだなあという印象。

で、常連メンバーなのに力関係があまりはっきりしてなくてなんとも難解でもある。

一応、前走高松宮記念3着のナックビーナスが1番人気になるのかなあという感じだが、函館の馬場は果たしてどうなのだろうか。
時計の掛かる馬場が向いている印象だが、昨年は1:06.8という高速決着。北海道シリーズは洋芝コースということもあり、時計の掛かる決着というイメージが強いが去年あたりからずいぶん時計も早くなっている。今年も同じような馬場になったとしたら果たしてそれに対応できるだろうか。

近5年は1番人気馬が馬券圏内はおろか掲示板に乗ったのも昨年のセイウンコウセイ4着のみというレースだし、軸馬を決めるのも難しいレースになりそうだ。

しかし、北海道シリーズくらいは時計の掛かる力のいる馬場でのレースでもいい、というかそちらの方が中央開催とはまた違った能力を要求されるレースになって面白いと思うだがなあ・・・

エリモハリアーのような函館記念は任せろ!みたいな巧者が現れるのも競馬の面白さだし、そういう要素をあまり失くさないようにしてほしいなと思う。
何でもかんでもスローの瞬発力勝負というレースばかりじゃつまらないぞ、と思ったりするのだ。

 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

今年の夏は旅打ちついでに地方競馬にも行ってみたい


 
 
春のGⅠシリーズも残すところ宝塚記念のみ。

ところが今年はワーザーの参戦が注目されてしまう程度のメンバー、と言ってしまうと少々語弊があるかもしれないが、昨年の阪神大賞典以降勝ち星を挙げられていないどころか連対すらしていないサトノダイヤモンドが押し出されて1番人気になりそうなメンツである。正直あまりワクワク感はない。

このメンツならゴールドアクターが出走してもそこそこいい勝負になったんじゃなかろうか、などと思ってしまう。(今、どうしてるんだろうなあ・・・
 
 

ま、そんな感じなので今は宝塚記念よりも夏競馬のほうが楽しみだったりする。

今のところ旅打ちに出る予定はないが、4~5月に休日出勤した代休も溜まっているしなんならJRAだけじゃなくて地方競馬場まで回る旅に出るのも良いではないか、などと考えてしまっている。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
そんなことを考えながら地方競馬情報サイト「KEIBA.GO.JP」を覗いてみたw
 

現在、全国には地方競馬場は15か所。

そのうち自分が行ったことのある競馬場は南関の4場だけだ。
昔、今は廃止されてしまった高崎競馬場や三条競馬場には行ったことがあるが、普段はあまり地方競馬をやることもないし平日開催が多いということもありなかなか訪れる機会もない。

せっかくだから土日に代休を絡めて夏のローカル開催のついでに近くの地方競馬場にも行ってみようかなどと考えだしたら、考えただけで楽しくなってくるw

まずどこで休みを取ろうか。今月中に消化しようと思っていた代休は取れそうもなくなったので7月に取ることになったのも好都合だ。
7月は福島、中京、函館開催があるが地方競馬場にも行くことを考えるなら名古屋競馬場も近い中京開催が候補になる。

となると7月6日の名古屋と7,8日の中京あたりか、もしくはそのあとの20日の名古屋と21,22日の中京。この組み合わせならなかなか行くことのないJRAの中京と、これまた今まで行ってみようと思ったこともない名古屋競馬場に行くことができそうだ。

それとも福島で8日の七夕賞を観て、翌9日の盛岡競馬場に脚を伸ばすというのもありか。
こちらは福島から盛岡に新幹線を使うことになるが、それはそれで旅打ちというムードがより高まって楽しそうだぞ。

う~ん、旅費と馬券代、どうやって捻出しようか。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
できれば旅打ちの旅費くらいは馬券で稼ぎたいものだが、それほどの馬券力があるわけでもなくw

とりあえず関東オークスで稼げないだろうかなどと思いながら出走表を見てみると、交流重賞だが意外に人気は割れている。
一応JRAのララプリムヴェールやプリンセスノンコが上位人気だが、大井のクレイジーアクセルが前日オッズでは2番人気、川崎のゴールドパテックも5番人気とそれなりに支持されている。
単勝の前日オッズを見る限りはけっこう混戦模様だ。

ならばここはここはクレイジーアクセルの逃げ切りに期待してみようか。
1着固定の3連単ならば相手が上位人気馬でも好配当になりそうだし。御神訓騎手に旅打ちの旅費を捻出してもらえないだろうか、、、などと根拠もなく妄想してみたりするのであった。

とりあえず馬券を買うかどうかはともかく、仕事が終わったら川崎競馬場に立ち寄ってみようw
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

S指定席にて


 
 
先週の日曜日は東京競馬場のS指定席に入った。超久しぶり。

昔からGⅠになるとそれぞれの予想をメールで(近年はLINEで)交換し合う友人がいるのだが、その友人が指定席で競馬をしたいというので本当に久しぶりにJRAカードで指定席を予約した。

予約スタート時間にちょっと出遅れてしまってA~C指定席は予約ができず、不本意ながらS指定席を取った。

S指定席はガラス張りに囲われているので空調が効いていて暑い時や寒い時は快適だと思うのだが、その分A指定などに比べると臨場感に劣るし、おまけにゴールから本当に遠い。パドックからも遠いし、しかも料金は一番高い3000円。個人的にはあまり積極的に利用したいと思う指定席ではないのだが。
やっぱりベストはA指定のゴールに近いところだよな・・・と思う。
 

今回は友人がS指定席でも構わない、とにかく競馬場に行きたいし指定席がいいというので妥協したが、次に指定席を取るときは予約開始時間に出遅れずにA指定席を取るようにしたい、うん。

しかし、ネット予約の開始時間が水曜日の12:30って、ちょっとうっかりしていると時間が過ぎてるんだよなあ・・・たいてい仕事中だし。予約を取りたいときはアラームでもセットしておくのが賢明かもしれない。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ま、それはともかく久しぶりに指定席を確保しているので朝から開門に並ぶなどということもなくゆったりと競馬場に向かった。

待ち合わせは京王線府中競馬正門前駅の改札を出たところにあるアハルテケ像を目印に。
いつの間にかこの場所も禁煙になっていた。ありがたい。

待ち合わせ時間の15分ほど前に着いてしまい、ぼんやり金色の馬を眺めていたが友人はその前に到着していたらしく離れた場所で喫煙していた模様。
どこで煙草を吸っていたのかはしらないが、ヤニ臭い香りとともに次の電車が到着する前に私の前に現れたw

一緒に競馬場に来たのは何年ぶりだろう。
彼が言うにはエイジアンウインズが勝ったヴィクトリアマイルの時は確か一緒に競馬場にいたはずだ、と言っていたが記憶にない。
そのレースはテレビで見ていたような気がするのだが・・・

もし彼の言うとおりだとしても10年ぶりくらいということになる。ま、確かにあまり一緒に競馬場に来た記憶のない仲間ではあるが、たまにそんな連れと馬券をやるというのも、まあ悪くはない。
競馬仲間というのは、競馬が始まればそれぞれ動きはバラバラになるのが普通だし、特に気を使う必要もない間柄、レース前に自分の席に戻ってそれぞれどんな馬券を買ったかを確認して、それぞれが自由に応援するというのは楽ちんだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
そんな気楽な競馬観戦が良かったのか先週は珍しく馬券は好成績。
とは言っても全部で11レースも馬券を買って的中したのは3レースだけだったが。

しかし東京10R・多摩川Sで、展開に利ありと狙った6番ショウナンアンセムから相手を3頭に絞っての1着固定、2着固定の3連単流し計12点で的中できたのは気分が良かった。
もっともこの日の東京はそれまで6枠だけが一度も連絡みしてなかったのでそろそろ来るんじゃないか?という出目の後押しもあって買えた馬券だったのだがw
 
展開が思った通りにハマって好配当を取ることなどなかなかないが、たまにこういうのがあるから競馬は楽しいのだ。
 
 

とにもかくにも3連単が1本当たってくれたおかげで一日の収支はプラスで逃げ切ることができたし、久しぶりにいつもと違う友人と競馬場に行ったのは楽しかった。

たまには違うメンバーで競馬場に行くというのが楽しいなあと思う、今日この頃。

この東京開催もあと2週。残りの2週は誰と競馬場に行こうか・・・
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

2018年5月の収支


 
5月の収支、4月に続いて低迷飛行で推移していた。

購入レース数は27レース、的中は5レース。重賞は8レース購入で的中1とさっぱり。
もうこの収支を振り返る記事を書く意味はいったいあるのか?と思ってしまうw

収支もマイナス18,550円。購入金額47,200円で回収金額は28,650円、回収率60.7%は控除率を考えても大幅に負けているレベル。う~ん、馬券やめる?

もう笑うしかないという感じだが、それでも楽しいと思ってるんだから競馬は凄い。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
それでも5月最終週の26日、東京メインの欅ステークスで3連複11,180円を的中できたのは少し立ち直りの兆しじゃないかとプラス思考(笑)

この時は軸を絞らず馬券対象を4頭に押さえての馬連3連複のボックス。
勝ち馬は7番人気ドリームキラリ、3着に11番人気のサトノファンタシーが入ってくれた。
2着が断然人気のサンライズノヴァ(単勝1.8倍)だったので馬連は1,860円にとどまったがハマったときには久しぶりにしてやったり!という感じだった。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
この波に乗って6月は回復軌道に乗せたいところだ。

第1週も回収率はイマイチだがポチポチと当たっているので来月にはもう少しましな馬券成績を記事にできるんじゃないかと期待している。

これが期待だけで終わらないように頑張らねば。
 

2歳新馬戦が始まって、来年のダービー馬を探しながらの競馬が再びスタートしているが、今度はどんな感動のストーリーが準備されているのだろうか。

福永がとうとうダービージョッキーになったし、来年は蛯名にダービーを勝ってほしいなあと個人的には思っているのだが。。。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

東京ダービー観戦記 2018


 
仕事終わり、東京ダービーを観るため大井競馬場に行った。
大井競馬場はいつ以来だろうか、3~4年ぶりかもしれない。

最近よく動画を見ている佐藤ワタル氏の影響を受けて騎手・的場文男を応援したくなったのがキッカケで東京ダービーを生で観たくなったのだ。
考えてみれば東京ダービーを現地観戦するのは今回が初めて。今年は日本ダービーを観に行かなかったし、これが今年の自分のダービー本番だなと。

的場文男は御年61歳、昨年まで36回東京ダービーに騎乗し、2着は9回あるが勝ったことは一度もない。ファンが応援したくなる心理はよくわかる。

自分は特に的場文男ファンではないが、この年まで現役を続けていてかつ今年も既に57勝を挙げている。
尊敬するに値する素晴らしいジョッキーだ。
そんな偉大なジョッキーが東京ダービーを勝っていない、ファンならずとも応援したくなるというものだろう。

今年、37回目の挑戦で悲願のダービー制覇を果たすかもしれない、その現場を目の前で見ることができるとしたら、これを僥倖と言わず何と呼べばいいのか。
そんな期待を持って大井競馬場へ足を運んだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
18時半過ぎに到着すると場内にはチラホラと的場文男の勝負服を模したTシャツを着ている人が目に入る。
熱狂的な文男ファンだろうか。

あいにくの雨のせいか思ったほどの混雑はしていない。
それでも到着して最初のレース、第9レースが始まると「文男~!」という野太い声の声援が幾つも飛んでくる。

みんな尊敬の念を持って応援しているのだろうなあ。

そのレースで的場文男は5番人気アクティフを2着に持ってきて、さすがの騎乗を見せる。
今日は2R,6Rで勝ち星を挙げているし、相変わらず好調のようだ。地方競馬最多勝利更新まであと10勝。
これはもしかしたら本当に悲願のダービー制覇を今日は成し遂げるかもしれない、そう思いながら東京ダービーの予想をしつつ、唐揚げやポテトをツマミにビールを飲んだ。

こんな気分のいいアフター5、幸せなことだ。(自分的にはアフター6というのが正しいがw
 
 
続く10Rでも的場文男は3番人気カメヤマシャチュウで2着。こんな61歳、他のどこを探したっていないだろう。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
本当にここで東京ダービーを勝ったら感動だろうなあ・・・

そんなことを思いながら購入した馬券はコレ

 

的場・クリスタルシルバーに勝ってほしいなと思いながらも、パドックを見て羽田盃3着のハセノパイロや同2着でこの日が誕生日らしいリコーワルサーにも勝ちそうな雰囲気を感じながらの馬単フォーメーション。

地方競馬を買うことはあまりないし、まったく自信もないのでひっそりと東京ダービーの観戦料1500円を投じた(ずいぶん安いな、おい
 
 
レースは1番ナムラバンザイが好スタートを決めて先手をとる。

的場・クリスタルシルバーも好発を決めてす~っと内の3番手に。
この日は雨で先行馬がなかなか止まらない馬場なので、これは相当いいポジションだろうと思った。
2角で少し掛かるようなしぐさを見せたがバックストレッチではすんなり折り合っていた。

4角から直線の入り口でクリスタルシルバーはすんなりと前が開き先頭に並ぶ。これホントにいけるんじゃないか?
しかし外からハセノパイロもいい脚で並んでくる。更にその外からモジアナフレイバーも追い込んでくる。

ハセノパイロに並ばれてクリスタルシルバーの脚は一瞬止まったように見えた。ところが大外のモジアナフレイバーにもかわされて3着かなと思ってからが実にしぶとい。
再びハセノパイロに食らいついて差し返そうかという伸び。思わず「的場、差し返せ!」と声が出た。

しかし、ハセノパイロがそのまま押し切りクリスタルシルバーはクビ差の2着。

第64回東京ダービー *nankankeiba.comの動画へのリンク

的場文男、10回目のダービー2着だ。東京ダービーはこんなにも遠いのかとファンは落胆したことだろう。
だが6番人気、それも坂井英光騎手からの乗り替わり、テン乗りで参戦したダービーでこの騎乗は流石だ。

自分の馬券が当たったのは嬉しいが、ここまで来たら的場に勝ってほしかったという残念な思い。そしてベテランらしい好騎乗を目の当たりにした感動。
なんとも不思議な気分で初めての東京ダービーの現地観戦を終えた。
 

帰路、的場は勝てなかったけど、でもこれでまた来年楽しみがあるなと、そう思いながらモノレールへと向かった。

これからはちょっと大井競馬場へ足を運ぶことが多くなるかもしれない。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!