ヴェロニカグレース、待望の2勝目\(^o^)/


 
 
ヴェロニカグレース2勝目!\(^o^)/

当初、先週の東京のマイル戦を予定していたものの調整に万全を期して、そして今週の福島なら鞍上に戸崎を手配できるという理由で1週遅らせて福島の芝1800mに臨んだヴェロニカグレース。

府中で走ってほしいなあとは思ったものの、確実に2勝目を挙げられるならそれも仕方がない、まさかここで負けるとか勘弁してくれよとドキドキしながら観戦していたが無事に2勝目を挙げられた。

この1勝は今後のローテーションを考えるうえで大きい。このまま秋華賞トライアルに向かえるという可能性も大きくなった。

それとも前2走で鞍上がもっと短い距離の方がいいと言っていたからマイル戦に照準を絞るのか、今のところはわからないが次の1勝を狙えるようにしっかりやってほしいものだ。

しかし、初めての出資馬、それも1頭しか出資していなかったのに3歳夏の時点で2勝目を挙げられるというのはかなりラッキーなことなんだろうと思う。

嬉しいなあ・・・
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
正直なところ開幕週の福島で14頭立てとはいえ大外枠はどうなんだろうと思っていたが、先団に取りつけて終始内から3頭目あたりを進んで直線すんなり抜け出し、後続の追い込みを封じるんだからなかなか強いレースぶりだったと思う。

古馬混合の500万でこういうレースができるのだから、1000万クラスでもそこそこいいレースはできそうだと思うし、3歳限定の重賞ならGⅠクラスでなければそこそこやれそうな気がしてしまうのは親バカみたいなもんなんだろうw

それでもこの時期に2勝目を挙げられたのは大きい。

このあとどういうローテーションでいくのかは今のところまったくわからないが、願わくば中央場所の大きいところに出走できるように成長してくれればいいなあと。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
今までのヴェロニカグレースのパターンだとこのあとはノーザンファーム天栄に放牧に出て、3~4週間疲れを取りつつ調整をして次走をどこにしようか考える、というパターンなのできっと今回もそういう形になりそうな気がする。

おそらく連戦して1000万を使うということはないんだろうな。
あわよくば紫苑Sを目標にして秋華賞出走を狙う、なんてことになるのだろうか。

距離短縮で良い結果が出たのだからマイル路線を狙うのも悪くないとは思うのだが。
中2週で福島最終週のいわき特別(芝1800m)なんてどうだろう?定量戦だし、引き続き52kgで出走できる。馬体も成長してきているしこの軽量を活かして連勝してくれないだろうか。

1600~1800あたりで実績を積んで来春に牝馬重賞で好走、というのを目標にするのも悪くないと思うのだが。

もちろん気性の成長があって2000mでも力まずに走れるようになれるのであれば秋華賞狙いというのもありだとは思うが。

春の段階では世代上位馬との力差は明らかだし、それが秋までどこまで差を縮められるか、なかなか簡単なことではないと思うので、今から来春のヴィクトリアマイルを目指すローテーションを組むのも悪くないと個人的には思っているが。

なんにしても2勝目、いろいろ夢を持てるのは本当に嬉しいことだ。
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

ラジオNIKKEI賞(2018) 予想


 
 
前走で逃げて勝っているのがメイショウテッコンとキボウノダイチの2頭。
またシセイヒテンも古馬混合の東京のマイル戦で逃げて2着、ケイティクレバーも近2走こそ違うが3走前までは逃げて結果を出してきた。
開幕週の小回り福島ということもありペースは緩みなく進みそうなメンバー構成、先行有利の馬場状態だったとしても差し馬に目が行ってしまう展開を想像してしまう。

ハナを切るのはおそらくメイショウテッコン。
前走、白百合Sは1000m通過が59.0、テンの3Fを12.7-10.7-11.2の34.6で入っている。シセイヒテンの前走はテンの3Fが36.7、キボウノダイチのそれが36.5だし、枠順の並びを考えてもメイショウテッコンがハナを切る可能性は高いと考える。
前走そのペースで逃げて京都外回りの1800mを3馬身差で押し切っているのだからここも強気に逃げてくるのではないだろうか。

いきおい緩いペースにもならないだろう。
それならば開幕週ということを考えても中団前目の内で脚を溜められる馬に有利な流れ、3番キューグレーダーに向いた展開になるんじゃないだろうか。

ここまで4戦2勝2着2回、前走は1400mを10番手からの差し切りだが1600mの前走は4~5番手から、1800mの前々走は3番手からの好走だ。
2Fの距離延長となる今回は先行馬群の直後につけられそう。枠も内目だし距離ロスなく能力を発揮できると見る。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
対抗にメイショウテッコン。ハナを取りきれば開幕週の良馬場ならそのまま押し切るケースも考えられる。

3番手には遅れてきた大物というムードもある2戦2勝のフィエールマン、以下シセイヒテン、マイハートビート、エイムアンドエンド、イェッツトまで。

馬券はキューグレーダーからの馬連流し、3連複1頭軸流しか。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
天気予報では土日の福島競馬場は曇り、曇り時々晴れという予報。

関東は早々に梅雨明け宣言が出たが、福島の天気もなんとか持ってほしいところ。
万が一雨が降って馬場状態が想定外のものになったりしたら、メイショウテッコンからキボウノダイチ、シセイヒテンあたりの行った行ったの馬券を考えることになるかもしれないがそんなことはなさそうだ。

福島、中京よりも梅雨がないはずの北海道・函館のほうが今週は天気が微妙。
この時期は北海道のほうが好天に恵まれる印象だったが、気候もじわじわと変わってきているんだなあと。
そういえば北海道に住む母が近ごろは北海道も夏前には梅雨のような天気が続くんだとボヤいていた。

競馬しながらそんなことに思いを馳せるとは・・・なんつってw
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

帝王賞は110円の儲け(T_T)


 
 
帝王賞、ケイティブレイブ本命で2頭軸3連単マルチを2本購入したら110円だけプラスだった。
ま、トリガミにならなかっただけマシかw

交流重賞は馬券的にはおもしろくないレースが多い印象だが絞ってガツン!と勝負できる人には儲けやすいレースなんだろうなあ、などとどうでもいい感想の帝王賞だった。

自分みたいな少額で高配当を狙いたいタイプはあまり手を出さない方がいいんだろうな、やっぱり。

しかし、リッカルドって中央にいた時よりも強くなったんじゃないかと思わせるな。GⅠ・JpnⅠで掲示板に乗るイメージはなかったなあ(馬券は買ってたけどw
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
サッカーW杯が盛り上がってますな。渋谷に集まって終電なくなっても騒いでる人たちは普段からサッカーにそんなに夢中になってるのだろうか。
W杯での喧騒を見てると、Jリーグももっと人気があってもいいのになあ、と味の素スタジアムが地元にある調布市民としては考えてしまう。

ま、でも、競馬でもダービーやジャパンカップには10万人も集まるけど、普段の競馬場にはそんなに人が集まることがないからそういうもんか。
お祭り騒ぎをしたいだけ、というファンもあってのサッカーだったり競馬だったりするんだろう。

でもいつも熱心に平場のレースも見たり、Jリーグの試合も見ているファンから見るとそういう大きなイベントの時だけ参加して大騒ぎをしている人を見ていると「なんだかなあ・・・」とも思うんじゃなかろうかと。
そしてそれが、そういうコアなファンを大きなイベントから遠ざける原因になっていたりはしないだろうか、と今年のダービーは無理して東京競馬場に行かなかった自分は考えてしまったりする。

正直、ちょっと逆に冷めてしまったんだな、今年の場合は特に。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
ま、そんなことはさておき。

今週のラジオNIKKEI賞は遅れてきた大物みたいな存在もあるし、能力は高そうだが春のクラシックにはイマイチ歯車がかみ合わず出走できなかったというタイプもいるし、なかなか面白そうだ。

夏の福島開幕週だから前に行く馬に有利と考えがちだが意外と逃げ先行タイプも多く、展開を考えるのもアレコレと悩めそうで予想しがいがありそう。

2戦2勝のフィエ―ルマンが人気になりそうだが、逃げ切り勝ちの経験がある馬がケイティクレバー、メイショウテッコン、シセイヒテン、キボウノダイチと4頭もいて、早めにスパートがかかる消耗戦になりそうなメンバーでもある。

こういうメンバーなら先行有利の馬場でも後方で死んだふりをして、直線一気で圏内に突っ込んでくる人気薄がいるんじゃないだろうか。

枠順と鞍上の性格をじっくりと吟味したいレースになりそうだ。
 

 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

さて夏競馬だ


 
 
宝塚記念はパフォーマプロミス本命で相手にノーブルマーズ、ストロングタイタン、サトノクラウン、サイモンラムセス、ワーザー、キセキの6頭を取っての馬連流し、3連複流し。ミッキーロケットはまったくノーマークだった。完敗。
サトノダイヤモンドとヴィブロスは積極的に嫌って万が一来られたら仕方がないと割り切っていて、その通り来なかったのは良かったが、軸馬があえて嫌った人気馬2頭よりも着順が下なのだからお話にならない(笑)

2,3着馬のワイドで71.6倍だったのかと思うと軸馬さえ間違えなければと考えないでもないが、勝ち馬については予想の段階でチラッとも検討しなかったから取りようのない馬券だったのだがw
きっと荒れるし、勝ち馬は宝塚記念らしくここがGⅠ初制覇という予想だけが当たってたというある意味想像通りの結末。

今年前半戦のGⅠ・12鞍で的中できたのは高松宮記念、桜花賞、安田記念の3鞍だけだった。後半戦はもう少し当てられるとイイが。。。。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
宝塚記念が終わって今週からは夏競馬本番。ローカル中心になると特別レースの名前で知らない地方の地名を覚えたりするのが楽しかったりする。
今週は中京で御在所特別とか香嵐渓特別なんてレースがあって、どんなところだろうかと調べてみるのも案外おもしろい。

御在所(ございしょ)特別は御在所岳から来ているようだ。
御在所岳は標高1,212mというからけっこう高い。高尾山のように気軽に登山、というわけにはいかなそうな気がするがロープウェイがあるから案外簡単に山頂に行けたりするのだろうか。

香嵐渓(こうらんけい)というのは愛知高原国定公園の一角にある渓谷。検索して出てくる画像を見ると紅葉がずいぶんと美しい。秋の観光シーズンに訪れるのも良さそうだなあ、しかし中京開催は秋には無いし、新緑の時期も綺麗なんだろうか・・・などとレース名で知った土地を観光するプランを考えるのも夏競馬を楽しむ要素の一つじゃなかろうか

JRAのサイトには特別レース名解説というページもあるので、ここを参考に難読地名を覚えるのも知識欲を刺激してくれて面白いものだ。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
そんな特別レース名に気を取られつつも(?)、日曜日には早くも7月となり重賞はラジオNIKKEI賞とサマースプリント第2戦のCBC賞のGⅢが2鞍。

ラジオNIKKEI賞は去年の記事にも書いたがかつては残念ダービーという俗称もあったレース。

500万以上の条件クラスは古馬との混合戦になっているこの時期に3歳馬限定の重賞レースがあるのにはいったいどういう意味があるのだろう。
ダービー、オークスが終わった後にある3歳限定重賞は秋のGⅠトライアルが始まるまではこのラジオNIKKEI賞とダートのレパードSだけだ。
七夕賞や函館記念、中京記念といった3歳以上混合重賞もたくさんあるのにあえての3歳限定。正直謎である。
菊花賞、秋華賞のトライアルならわかるが、夏のこの時期に組む意味は果たしてなんだろう。

別に番組構成を批判するような意図はないが、この点は少し不思議だなあと思っている次第。
2歳戦もすっかり始まり来年のダービーに向けてスタートが切られているのに、残念ダービーもないだろうという気がするのだが。

そうか!
ラジオNIKKEI賞が残念ダービーならレパードSは残念ジャパンダートダービーということか!

 
 
 

ところでCBC賞って以前は確かGⅡだったよなあ~と確認したところやっぱりそうだった。
1990年にGⅡに格上げされたが2006年にGⅢに格下げとなっていた。
施行時期も当初の12月から6月(1990年)→11月(1996年)→12月(2000年)→6月(2006年)→7月(2012年)とコロコロ変更されている。
来年あたりまた12月くらいに変更されるんじゃないだろうか。

重賞にはレース体系の整備と称して、けっこう施行時期や距離が変更されるレースがあって、目黒記念なんかは今でこそダービーデイの最終レースに定着しつつあるが、以前は2月だった。
鳴尾記念なんかは流浪の重賞の代表のようなレースで、テンポイントが勝ったころは3月の2400mだったし、タケノベルベットやナイスネイチャが勝ったころは12月の2500m。
それがいつの間にか2000mになったと思ったら時期は6月になってるし、あれ?と思ったら12月に1800mで開催されてるし、そうかと思うといつの間にか6月に2000mで行われている。

もう何が何だか(笑)

ま、高松宮記念なんて元々は夏の名物中距離GⅡだったしな。前進の高松宮杯を有馬記念3年連続3着のナイスネイチャが勝ってると聞いたら競馬初めて間もない人はナイスネイチャってオールラウンダーだったのかと思うんだろうな。
 

思考は散り散りに飛んでいくw

 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!

宝塚記念を世相で読み解く(ことができればいいのだが・・・


 
 
宝塚記念、グランプリだから世相馬券を考えてみる。

今年上半期の重大ニュースはなんだろうか。

・コインチェック仮想通過580億円流出
・平昌五輪開幕、女子カーリングが注目される
・大谷翔平選手、二刀流でメジャーデビュー
・日本サッカー、W杯2カ月前にハリルホジッチ監督解任
・TOKIO山口元メンバー強制わいせつ事件
・11年ぶり朝鮮南北首脳会談
・日大アメフト部悪質タックル問題
・NEWS小山、未成年女性との飲酒報道、NEWS手越も
・成人年齢を18歳とする改正民法が成立
・初の米朝首脳会談
・ロシアW杯開幕、日本初戦でコロンビアに勝利
・大阪北部地震

思いつくところをバラバラと挙げてみたが、やはり大きなニュースというと平昌五輪、米朝首脳会談、大阪北部地震といったところか。W杯で日本がコロンビアに勝ったというのも大ニュースではあるが。(日本はひとつも勝てないだろうと思ってたw

自分が取り上げるとしたらやはり米朝首脳会談。
この後、米朝関係、日朝関係がどのように進展していくかはまだ不明な点も多々あるが、初めて敵対していた米国と北朝鮮の首脳会談が実現したということは大きなニュースだろう。
非核化、拉致問題と日本にとっても大きな課題が解決に向かうターニングポイントになっているかもしれないからだ。
 
 
【スポンサーリンク】



 
 
というわけで、

米朝首脳会談を世相馬券のネタとして取り上げてみる。

シンガポール・セントーサ島のカペラホテルで、米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長が6月12日に史上初の米朝首脳会談を行った。

ここから連想される馬、陣営はあるだろうか。

馬名から取り上げたいのはパフォーマプロミス。馬名意味は「約束を果たす」。
米朝首脳会談において北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組むと宣言した。ぜひこの約束を果たしてほしいものだ。

血統から取り上げたいのはストロングタイタン。その父はRegal Ransom、直訳すると王の身代金となるがRansomには解放という意味もある。今回の会談が拉致被害者の解放に繋がれば、という連想は穿ち過ぎだろうか。
さらにストロングタイタンの戦歴を見ると1600万条件のマレーシアカップ勝ちがある。マレーシアと言えば首脳会談が行われたシンガポールとはジョホール海峡を挟んだ隣の国。なんとなく繋がりが深いではないか。

 
 
【スポンサーリンク】



 
 
会談会場となったカペラホテルからは何か思い浮かばないだろうか。

カペラというのはぎょしゃ座α星の名前でぎょしゃ座で最も明るい恒星。肉眼では一つの星に見えるが2つの恒星からなる連星が2組ある4重連星とある。

なるほど星の名前か・・・と思って登録馬を眺めたら、星に関係のある馬がちゃんといたw

ノーブルマーズ。
マーズといえば火星。カペラとは関係ないかもしれないが同じ星繋がりで3着くらいに潜り込んでこないだろうか。全然人気もなさそうだし、馬券圏内に入ってきたらかなりの高配当を提供してくれそうだ。
阪神芝2200mでは昨年の三田特別をトップハンデの57.5kgで勝っているし、その時の勝ちタイムは2:11.4。同年の宝塚記念の勝ちタイムと同タイムだ。ま、馬場状態は三田特別が良馬場、宝塚記念は稍重という違いはあるが(笑)

まったくチャンスがないというわけでもないような気がしてこないだろうか。(しないw
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!