チャンピオンズCの枠順も決まり


 
昨年の米最優秀スプリンター・ドレフォンが社台スタリオンステーションで種牡馬入りとか。

ネットでは意外な導入、という反応が目に付くがそうなのか。
ま、確かにダート短距離に高い実績のある輸入種牡馬ってちょっと社台のイメージからは遠い気はする。

ドレフォンの父ジオポンティってちょっと前に走ってた気がするけど時間の流れってホントに早い。。。

 
 
 
 

 
 
 
 
今週の出走馬も確定し、チャンピオンズCの枠順も確定した。
 
サウンドトゥルーが7枠14番、テイエムジンソクが7枠13番と7枠に上位人気2頭が同居。
 
中京の1800mになってからの3回、馬券になっているのは1~6枠、特に2枠は3回とも連対中で、上位人気に支持されながら7枠に入ったコパノリッキーやホッコータルマエ、ゴールドドリームといったところが圏外に飛んでいるところを見ると、内枠のほうが有利なのかとも思える。
 
果たしてサウンドトゥルー、テイエムジンソクはどうなんだろうか。
 
テイエムジンソクは充実期を迎えているところなので押さえるとして、サウンドトゥルーは7歳だし無印でいいかという気になってきた。
 
 
最内に入ったコパノリッキーもますます買いにくい枠になった気がする。
思い切ってハナを主張して単騎逃げに持ち込めればいいところもあるかもしれないが、チャンピオンズCは3回走って12着、7着、13着と強調材料に乏しい。しかもそれぞれ1番人気、1番人気、3番人気での着順だけになおさらだ。
 
 
そしてもう1頭の上位人気になると思われるアウォーディは6枠11番。微妙だ。
 
 
ここは真ん中から内の5枠9番ゴールドドリーム、4枠7番ロンドンタウン、1枠2番ケイティブレイブ、2枠3番ミツバあたりから軸馬を選ぼうか、などとボンヤリ考えている。
 
 
 
今週はスクリーンヒーロー産駒は土日で8頭の出走。
 
中でも土曜日の葉牡丹賞に出走するジェネラーレウーノに期待している。
 
デビュー戦は函館芝1800m、鞍上ルメールで1番人気に支持されたが後方3番手から追い込むも0.3行差3着。
その後3カ月休養して東京の2000mで未勝利戦を逃げて直線突き放す競馬。
 
この時期の2歳戦らしくゆったりとしたペースが向いたことはあるが、逃げて上がり最速での押し切りは未勝利では力が上だった証。
デビュー戦での後方からの競馬も折り合いに問題はなかったし、逃げても自分のペースをきっちりと守れる。持っているポテンシャルは500万クラスでも十分に通用するんじゃないだろうか。
 
すんなり2勝目を挙げてクラシック路線を賑わす存在になってほしいものだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!