ジャパンカップ(2017) 予想


 
さて、決めなくてはいけない。

本命を決めないことには馬券を組み立てることすらできない。
かと言ってキタサンブラックやレイデオロを本命にしてもオッズ的にはあまり妙味はなさそうだ。

府中の2400m、無理に穴狙いをするのは難しいコースではある。いっそキタサンブラックとレイデオロの馬連1点勝負にするか!とも思わなくもないが、競馬はそんなに簡単なものじゃないし、馬連5倍そこそこに1点勝負するのは賢明ではないだろう。

レイデオロからの馬連流し、3連複1頭軸流しも考えたがそれでは期待値が折り合わない。

ここは昨年3着の実績を評価してシュヴァルグラン本命にしてみよう。

鞍上でごちゃごちゃしてしまったが昨年大外枠という不利を跳ね返しての3着なら今年の1番枠は極めて有利だろう。
ロスなく内の先団で進めていけば直線で鮮やかに抜け出してくるシーンがあっても全く不思議はない。

対抗にソウルスターリング。調教絶好、オークスを制した実績を考えればキタサンブラックやレイデオロを前に見ながら好位で運んで直線で牝馬特有のキレを使えれば十分に馬券圏内はあり得る。

3番手にマカヒキ、天皇賞はあの極悪馬場を後方から進めてキタサンブラックに次ぐ上がりを繰り出して5着。
かなり復調してきたと思える。ダービーを制した府中の2400mならいきなりの復権があっても不思議ない。

4番手にシャケトラ、日経賞を制した能力はここでも引けは取らないはず。近3走はそれぞれに言い訳のたつ内容、良馬場で不利なく運べれば上位に食い込むだけの力はあるはず。

以下、押さえにキタサンブラック、レイデオロ、サウンズオブアース、外国馬を1頭入れておきたいのでギニョールまで。

サトノクラウンはもちろん怖いがあの天皇賞を力走して最も疲れが残るパターンはサトノクラウンだろう。あえて無印で。
 
 
 

 
 
 
 
JCウイークの最終レース京阪杯は本命セイウンコウセイで。
 
高松宮記念後の3走は函館SSとスプリンターズSが1分7秒台前後の決着、残念ながらこの時計では勝負にはならないしスワンSは1400m。今の京都の馬場なら1分8秒台の決着になるだろうし、それならここでも十分に勝負になるはず。56kgの斤量もプラスなはず。近走の成績からオッズも妙味があると思える。
 
相手はヒルノデイバロー、ソルヴェイグ、アルマワイオリ、ビップライブリー、メラグラーナ、ジューヌエコールの6頭で。
 
JC、京阪杯の両方が的中できたら気持ち良く今年の最終開催を迎えられるのだが果たしてどうか。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 
 

ジャパンカップ、枠順を見て悩む


 
風邪で体調を崩している間にジャパンカップの枠順が確定していた、というかもう週末じゃないか。
今週は全然仕事が進まなかったぞ。もう年末も近いというのに困ったものだ。。。

ま、そんなことは置いといて。

ジャパンカップ。

レイデオロが1枠2番、キタサンブラックが2枠4番。いい枠に入ったものだ。どっちでもいいけどスターホースにきっちりと勝ってもらいたい、JRAのそんな気持ちが透けて見えるような枠順じゃないか。

枠順にJRAの意思が反映されているなどとは本気で考えてはいないが、昨年キタサンブラックが1枠を引き続けたことや今回のジャパンカップの枠順を見ていると、声を大にしてそんなことを言いたい向きがあるのもわからないではない。
 

とにかく。

これでレイデオロもキタサンブラックも流石に無視するわけにはいかないどころか、やはり有力馬2頭と考えたほうが良さそうな枠になった。
 
 
 

 
 
 
 
サトノクラウンの6枠12番というのも緑の帽子が勝負服によく似合って良いではないか。
これはレイデオロ、キタサンブラック、サトノクラウンという穴党には身も蓋もない結果になりそうな気がするなあ・・・と枠順を見て感じた。
 
 
 
 
天皇賞・秋が終わったときは、こんなひどい不良馬場で頑張ってしまった上位入線馬にはきっと疲れが残るだろう、キタサンブラックもサトノクラウンも当然JCで人気するだろうけどそれほど信頼するのも危険かもしれないと思ったのだが。
 
その点を考慮すると、ここに向かう過程で神戸新聞杯を強いレースぶりで勝ってきたレイデオロが軸としては一番信頼が置けそうだと思っていたがどうなのだろうか。
 
古馬との初対戦で力関係がどうかというのが未知数ではあるが、ダービーで2着に退けたスワーヴリチャードがアルゼンチン共和国杯で楽々古馬を負かしていることを考えるとレイデオロも十分古馬に通用するだろう、ということは言えるかもしれない。
 
かもしれない、というのは、そうは言ってもアルゼンチン共和国杯とジャパンカップじゃ全然メンバーレベルが違うだろと言われれば、はい、全くその通りですねとしか答えようがないからw
 
確かにスワーヴリチャードがアルゼンチン共和国杯で古馬に通用したから、それに勝っているレイデオロもジャパンカップで通用する、というのはいささか無理がある気もする。
だがスワーヴリチャードは3歳馬の身で56kgという斤量を背負っての勝利。そう馬鹿にしたものでもあるまい。
 
 
そんな視点で恐々ではあるが本命はやはりレイデオロでいくと思う。
しかし相手にはかなり悩みそうだ。キタサンやサトノを上位に取るか、あくまで押さえと考えるか。
 
みんなすっかりノーマークにするのが当たり前になっている外国馬をどうするか。
 
穴党、あれこれ悩むジャパンカップだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!