天皇賞・秋(2017) 回顧


 
キタサンブラックの出遅れを見たとき、みんなどう思っただろうか。

不動の本命と信じ、単勝にガツンと入れたり連軸にしていた人は絶望的な気持ちになったかもしれない。

逆に穴党の人たちはしめしめと内心ニヤリとしたかもしれない。
自分はこれはもしかしたら宝塚記念のように圏外に飛ぶかもと期待を膨らませていた。
 

自分の馬券はネオリアリズムから。序盤は内側の先団後ろにつけていい位置でレースを運んでいるように見えた。
しかし4角でじりじりと位置取りを悪くして直線入り口では早々に圏外に。体調が悪かったんだろうか。これほど着順を悪くするとは思いもよらなかった。

しかし、直線に入ったところで自分の馬券ははずれることがわかったので冷静にレースを見届けようと思い先頭争いに目をやると、いつの間にかキタサンブラックが先頭に立つ勢い。

え?もうそこまで上がってたの?うそ?内からそんな伸びるの?と少々混乱したが残り400mでは早々に先頭に。
そこからスーッと外の馬場の良いところに出して、追ってくるサトノクラウンが追っても追っても追いつけない体勢に持っていくところはさすが武豊。

どうせならキタサン、勝ち切ってしまえと心の中で応援してしまった。どうせ馬券ハズレだしw

大雨の東京競馬場、観戦するのも大変だったと思うけど、現地でこのレースを観ることができた人は良い体験ができたと思う。

自分は自宅でのテレビ観戦だったが、それでも少し涙腺が緩んだ。それくらい感動したレースだった。
いや~、キタサンブラック、本当に強い。そして武豊の憎いほど冷静な手綱さばき。
強い馬に名手が乗るとこんなに凄いレースを見せてくれるんだと。

このあとのJCも有馬記念もどうせなら勝って引退してほしいと思うくらい。馬券で本命は打たないと思うけどねw
 

ただ先週の菊花賞もそうだったが、とにかくタフなレースだったので疲れがどれくらい残るのか。
昨日の天皇賞に出走した馬は次走に向けてはどれくらいしっかりと疲れを残さずに調整をできるかが課題になるレースだったと思う。

ともかくキタサンブラックと武豊には心から賛辞を贈りたい。
 
 
 

 
 
 
それともう一つ、今年の天皇賞(秋)を見てやるなあと思ったのはグレーターロンドン。
 
心の本命馬だったのでwグレーターロンドンの動きにもずっと注目はしていた。この極悪馬場でどこまで追い込んでこれるだろうか・・・と。
 
そうしたら皆が避けてる内をスルスルと上がっていくじゃないか。
 
4角先頭のグレーターロンドンなんていったい誰が想像していただろうか。
 
結果は9着に終わったが同じ脚質のサトノアラジンが完全に馬場に末脚を殺されて18着惨敗となったことを見ても、田辺裕信のチャレンジは良かったと思う。
 
もしかして?とワクワクさせる騎乗、力は足りないかもしれないけど何とかしてやろうという気迫ある騎乗、好きだなあ。
 
この日は最終レースで通算700勝を達成した田辺裕信。まだ700勝なのかという印象すらある。
これからも要チェックの騎手だなあと改めて感じた。
 
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!