今年のダービーはハイペースになるか

ダービーは明日枠順が確定。金曜日発売もあるんだっけ?
 

今のところ◎スワーヴリチャード、◯アルアイン、▲レイデオロ、△サトノアーサー、アドミラブル、ダイワキャグニーと思っているが、この10年くらいは徹底して内枠優勢という結果なので何とかスワーヴリチャードには1~2枠あたりに入ってもらいたいものだ。

特に今年は混戦だし、人気上位から10頭くらいにはチャンスがありそうなメンバーなので、枠順とその並びは結果に大きな影響がありそう。
また、各ジョッキーもそれによって取る戦略が大きく違ってきそうだ。
 

クリンチャーの藤岡佑とトラストの丹内が熾烈な逃げ争いでもしなければ、メンバー的にはスローの流れになりそうな雰囲気はある。

ただこの両馬はともに溜めて末脚勝負に持ち込んでも勝ち目はない。

それは陣営もわかっているだろうし、特にクリンチャー藤岡佑は厳しい流れになった皐月賞を4角早め先頭で0.3差4着に粘った経験から、積極的に運んで底力勝負に持ち込む可能性はありそうだ。

またそれができないようであれば、彼はどんなにいい馬に巡り合っても当分GIを勝つことなどできない騎手ということだ。
 
 
 

 
 
 
 
なのでダービーはそれほどスローにはならないのではないか。
アホほど使われているトラストの陣営とて、押さえて良さが出ることがないことはもうさすがにわかっただろう。
まして黙っていれば瞬発力勝負になりやすい府中で、先手を取れる脚質を持っているのに自らまったく勝ち目のない展開に持ち込む愚は犯さないだろう(と信じたいものだ ← 疑ってる
 
激流とまでは行かないかもしれないが、それなりに速いペースになるか後半の仕掛けが早まって最後は消耗戦の様相になるのではないかと思っているし、そういう底力比べのダービーになることを期待している。
 
 
もっとも、今年はそのダービーをリアルタイムで観ることはできない。残念過ぎる。。。
 
なので自宅に帰ってからビデオでじっくりと堪能するつもりだ。
先に結果がわかってしまってはツマラナイので日曜日の午後3時からはネットにもアクセスしないでおこうと思っている。
 
移動中に結果が目に入ってきたりしないよう願うばかりだ。
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!
 

競馬場などへの未成年者の入場制限について

民進党が競馬場などへの未成年者の入場を制限する法案の原案をまとめたというニュースに呆れ果てている。

ギャンブル依存症の防止のため、とかいう理由らしいが原案をまとめた作業チームとやらは競馬場になど足を踏み入れたこともないのだろうな。

自分は娘が小さな頃にはよく東京競馬場に連れて行った。

緑もたくさんあるし、数分の乗馬体験もさせられるし、子供が楽しめる遊具も豊富にあるし、縁日的なジャンクフードを楽しんだりもできるし、しかも入場料は大人200円で子供は無料!

馬券さえやらなければこんなに安く一日子供と楽しめる場所はない(馬券やるんだけどw)

競馬博物館には競馬の歴史などが学べる資料が展示されているし、飲食の施設もファストフードから意外にちゃんとしたレストランまである。

しかも自分が競馬を楽しみつつ、娘を遊ばせている間に、嫁さんにもつかの間ではあるが育児から解放される時間を持ってもらえた。

一石二鳥どころか一石三鳥、四鳥とも言えるようなありがたい施設だった。

当時、同じような年代で同じように毎週子供を連れて来ていたお父さんと顔馴染みになり、交替でそれぞれ子供を見てもらいながら馬券を買いに行ったりする友人となり、今はもう子供と一緒に競馬場に行くことはないけれど、その人とは今でも一緒に競馬場に行く仲だ。

戦隊モノなど子供の好きなキャラクターショーも無料で見られるし、時にはレース終了後にアーティストのミニライブが行われることもある。

自分は競馬場以外のギャンブル施設には行ったことはないが、競艇場や競輪場もCMや電車内の広告を見る限り、同じように家族連れも気軽に来場できるようなレジャー施設にしようと懸命に知恵を絞って、お金も使っていることが窺い知れる。

そういった面に民進党は果たして目を向けているのだろうか。

東北の震災以来、旧民主党=民進党の危機管理能力の無さはつくづく思い知らされているし、今さらあの党に何の期待もしていないが、こんなつまらない法案を出そうとしていることに開いた口が塞がらない。
 
 
 

 
 
 
 
もっとも本当に法案を提出したところで成立するわけもないだろう。
 
それよりもギャンブル依存症防止について、そんなことしか思いつかない低能さには今すぐ党を解散したほうが良いだろうと思うし、今回の原案を作った議員の皆さんは転職を検討されたほうがご自身のためではないかと思う。
 
何より、そんな人達の給与が私達の税金から支払われているのかと思うと非常に腹立たしい。
 
我々が競馬を通じて一体どのくらい多額の国庫納付金を提供していると思ってるんだ。
 
そんなことよりも馬券の二重課税を今すぐにでも解消しろ!
 
 
 
 

中央競馬 ブログランキングへ
 
にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村
 
よろしければ応援クリックを[最強]競馬ブログランキングへお願いします!